FC2ブログ

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・208

 ライスさんも、ラムちゃんとペンタゴンの愉快な仲間たちと同類だったんだ。ボブ・ウッドワードさんの本を読んだ時は信じられなかったのですが・・・(唖然)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       「CIA元長官発言、イラク開戦理由ではない」と米国務長官

         2007.04.30 Web posted at: 15:45 JST- CNN

ワシントン(CNN) ライス米国務長官は29日、CNNの番組「レイト・エディション」に対し、米政権が中央情報局(CIA)のテネット元長官の発言をイラク開戦の理由に利用していないと発言した。


米同時多発テロから5年を迎えた昨年9月、チェイニー米副大統領はNBCの番組「ミート・ザ・プレス」で、イラク開戦前にテネット元長官とブッシュ米大統領が交わした会話について語った。副大統領によると、テネット元長官はイラクの大量破壊兵器保有疑惑についてブッシュ米大統領から質問を受け、「スラム・ダンク」(確実)だと答えたという。


当時CIA副長官だったCNN顧問のジョン・マクロリン氏はテネット元長官の発言について、情報収集をさらに進めることができれば、イラクの大量破壊兵器保有疑惑が確実に解明されるとの意味だった、と説明している。


テネット元長官は新刊の自著「At the Center of the Storm」の中で、スラム・ダンク発言が文脈を無視し、あたかもイラク開戦を説得したかのように引用されたと主張。元長官は29日放送のCBSの番組「60ミニッツ」で、開戦決定を促した人物のように名指しされたことへの不満を表明し、「(当事者は)立ち上がって真実を語るべきだ。実際に何が起きたか国民に話してほしい」と呼びかけた。


ライス国務長官は、テネット元長官が謝罪を受けるに値するかとの質問への回答を避け、「わたしはスラム・ダンク発言が開戦理由になったとして、テネット氏に責任を負わせる考えは全くない」と明言した。


ライス長官はまた、テネット元長官の著書で、自身が能力のない指導者のような印象を与えているとの一部書評を受けて、「これは非常に難しい状況。成功したことも、失敗したこともあった」と述べ、今後回想録を著す機会があった場合は自身の視点から当時を振り返る意向を明らかにした。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ベトナムの時もそうですが、ベスト・アンド・ブライテスト という言葉に「どうしようもない・頭でっかちの・バカ」というルビを振りたくなるこの頃・・・・(爆笑)
スポンサーサイト



中国軍の「開戦意欲」は100%鉄板モード・・・

 「SHOW DOWN」&「野蛮の世紀」での予測を100%裏付けるような事を中国軍幹部が発言したそうですね。(よりによって「加藤『媚中』広一」相手にですか。面子丸つぶれですね・・・)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      中国の軍事費増、台湾解放のため 李常務委員(04/28 12:11)

 【北京27日佐々木学】中国共産党の李長春・政治局常務委員は二十七日、北京で、訪中した自民党の山崎拓前副総裁、加藤紘一元幹事長らと会談し、中国の軍事費急増の理由について「台湾解放のための装備近代化だ。平和解決が目標だが、武力行使を放棄したわけではない」と述べた。

 これまで中国は軍事費急増について、経済成長に伴う兵士の待遇改善などを根拠としていたが、中国要人が、台湾の武力統一を理由に挙げるのは極めて異例。一方で李氏は「中国の国防政策は防御的であり、覇権を唱えることはない」と従来の主張も繰り返した。(北海道新聞より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 私が危惧しているのは、胡錦濤政権の穏健路線フルチショフ路線のような「声だけ強硬&柔軟路線」)に飽き足らなくなった軍部強硬派が、「帝国アメリカ消失」のようにクーデター&台湾解放に踏み切る事なんですよね。この作品の陳主席(胡錦濤がモデル)も同様の路線(共産党の「脱・独裁政党」すら考えていたほど)を取った所、あっけなく殺害(クーデター軍により)されてしまいましたからね。

 ここ二代の政府&党指導部は党官僚・技術畑出身がほとんどで、軍出身者は影が薄いからね。この懸念が現実化しなければいいのですが・・・

ステルスは「米国以外で製造不能」にはあらず・・・・

 空自FXがF-22に内定した件に関しまして、大石英司さんが記事を書かれていましたのでご紹介いたします。安倍首相訪米でもこの問題は討議されたでしょうが、少なくとも「MDでの技術協力」をカードに「イギリス並みの待遇(トライデント・トマホークを売却認可)」ぐらい要求して欲しい・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

         ※ F22飛行580回超 司令官「特筆の記録」
     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070428-00000000-ryu-oki

 空自側はAWACSも繰り出したんですよね。それ出してどうするよ?……、という気もするけれど。逆に米空軍側は、ジョイント・スターズ系の何かコマンド機を出したんですよね。ラプター相手だったら、これからはレーダー波じゃなくて赤外線探知でしょう。そういう発想の切替が必要かも知れないですね。

 昨日のスカパー・パックイン(ロケーション・フリーで見たずら!(~_~
。グアムでは受信出来ないらしい)では、元帥が、「アメリカは絶対に売らない」と仰ってましたね。空軍はコストを下げるために売りたがっているけれど、議会が許さない。冷戦時代は勝たなければならなかったからイーグルも売ってくれたけれど、もう一人勝ちの状況下ではその必要もない。沖縄展開は、日本に対する示威行動で、F35を巡る英国とのぎくしゃくした問題の話などを出して、日本には絶対に売ってくれない、と。

 でも米議会ってそういう所なんですよね。数々の対日決議案を巡ってもそうだけど、恐ろしく無理筋でナンセンスな決議を次々と繰り出す。

 売ってくれないなら売ってくれないでさ、もうイーグルだのスパホだのきっぱり諦めて、独自開発ですよ。あるいはフランスと組んで、ポスト・ラファールとかいきゃいいじゃん、ユーロ・タイフーンでも。どうせ使う相手は中国で、しかも極めて可能性は低いんだし。ここは政治的判断で、「売ってくれないとかスペック・ダウンとか言うんなら、われわれは今後そういう方向に行きますけど良いですね? もう日本の防衛技術をコントロールする術は無くなるけれど、アメリカはそれで良いんですね?」と迫れば良い。自民党の国防部会辺りで誰かぶち上げれば、アメリカも少しはヒヤリとしますよ。

 言っちゃ何だけど、いくらステルスと言ったって、何か宇宙人の超絶技術で開発されたわけじゃない。現有の物理の原理で作られたものは、金と時間さえ投じれば、いつかは他人だって作れるんですよ。それが今か10年後かの話。ロシアだって中国だっていずれは追い付く。空自さんもそろそろ、アメリカ信仰から抜け出ても良いんじゃないですか。(大石英司の代替空港より抜粋)

なんじゃこりゃーーーーーーーーーーーーー194

 「宵越しの金は持たない&ラテン的『ケンチャナヨ』気質」で知られる韓国人ですが、朝鮮日報によりますと、日系サラ金業者が韓国で大もうけしているそうですね。

 でも「破産者・自殺者増加」なんてことになれば、いつぞやの武富士支店のような事態が「公権力公認で多発」なんてこともあり?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

              国で日系消費者金融が大躍進

 人気タレントのキム・ハヌルが「無利子」と叫ぶロシアンキャッシュ、タレントのタク・ジェフンが「(融資は)早い方がいい」と誘惑するリードコープ。豆のようなキャラクターが登場し「三和、三和」と歌う三和マネー。これらの共通点は? それはまさに、年率最高66%の高金利で融資する貸付業者(ヤミ金を合法化した高利貸)という点、そして日系の業者という点だ。


 昨年、これら日系業者が大躍進したことが分かった。潤沢な資金をバックに韓国市場で2000億ウォン(約255億円)を超える純益を上げたのだ。これは、そこそこの市中銀行の利益に等しい。


◆銀行より稼ぐ 


 貸付業者が金融監督院に提出した昨年の監査報告書を分析した結果、日系業者15社中、報告書を提出した8社の昨年の短期純益の合計は1808億ウォン(約 230億5900万円)に達した。報告書を提出していない業者を合わせると総額2000億ウォンを超えるものと推定される。これはSC第一銀行の昨年の当期純利益、1546億ウォン(約197億1700万円)を超える規模だ。


 韓国国内の貸付市場を二分するアプロ・グループ傘下の系列会社7 社と三和マネーはそれぞれ1000億ウォン(約127億5400万円)近い利益を上げた。アプロ・グループは「ロシアンキャッシュ」ブランドを使用するアプロ消費者金融の342億ウォン(約43億6200万円)をはじめ、総額992億ウォン(約126億6300万円)以上の利益を上げている。三和マネーも 852億ウォン(約108億7600万円)の利益を上げたと公示した。


 収益率でも、日系消費者金融が韓国国内の金融会社を圧倒していることが分かった。金融機関の資本回転率を示す総資産純利益率(ROA:短期純利益を総資産で割った値)はアプロ金融グループ37.8%、三和マネー 29.3%だった。これは国民銀行(1.3%)やウリ銀行(1.1%)の20倍を超えている。日系消費者金融は韓国市場の41%、貸付業者の上位10社中、8社を占めた。

日系企業が躍進する理由  


 日系消費者金融が躍進する最大の理由は資金調達力にある。すなわち、日本で安い金利で多くの資金を借りられるためだ。韓国信用情報によると、日系消費者金融の平均調達金利は年9‐11%である一方、韓国国内の貸付業者の調達金利は年率20%を超えることが分かった。日系業者は0.5%という低金利の日本から資金を調達し、銀行を通じて資産流動化証券を発行するなど、大型金融機関も顔負けの手法を用いる。


 また、専門家は日系業者の信用評価努力と債権回収能力が韓国国内の貸付機関を圧倒していることも理由に挙げている。日本が1983年に大企業関連規制を施行した後、業者が20年余りの間に日本で磨き上げたノウハウを発揮しているというのだ。


 実際、貸付業者上位50社余りは通常、利用者の情報を共有し、延滞率を抑えている。金融監督院チョ・ソンモク庶民金融支援チーム長は「韓国国内の貸付業者の延滞率が15‐20%に達する一方、日系業者の延滞率は10%未満」と話した。


 返済能力のない者を見分ける能力だけでなく、借金を返済させる能力にも「卓越」している。昨年日系L社から300万ウォン(約38万3000円)を借りたキム某さん(33)は、「延滞した翌日から1日7回、同じ時間に取り立ての電話をかけてくるので、4日目に妹に金を借りて金を返すしかなかった」と話した。


 日系消費者金融が勢力を伸ばしているのは、韓国が日本に比べて規制が緩いためとの指摘もある。自治体に登録さえすれば何の規制も受けずに営業することができ、支店を自由に出すことができるからだ。一方、日本に700社余りある消費者金融は、金融監督庁傘下の地方財務局の監督を受けている。


 日本で消費者金融の利息制限を最高20%に制限する法律が通過したことから、今後日系マネーが韓国市場に大挙して押し寄せる可能性も排除できない。金融研究員イ・ゴンボム研究委員は「外部監査が義務づけられている大手貸付業者は、金融監督院などの監督を受ける必要がある」と話した。


■キーワード=貸付業者

 

 かつてのヤミ金(私債業)を合法化した高利貸。銀行、貯蓄銀行のような金融会社が利用できない信用度の低い顧客が主に利用する。年利66%以上の金利を定められないように貸付業法施行令で制限されている。「金融機関」として分類されないことから、各地方自治体に登録すれば営業することができ、監督も受けない。現在全国で1万7500余りの業者が登録している。(朝鮮日報より抜粋)

まあ、かの問題を除けば「次第点」という所かな・・・

 安倍首相の初訪米ですが、基本的には「成功」ではなかったでしょうか・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 <日米首脳会談>環境・北朝鮮で連携 かけがえない同盟確認 4月28日1時37分配信 毎日新聞

 【ワシントン佐藤千矢子】安倍晋三首相は27日午前(日本時間同日深夜)、ワシントン郊外の米大統領山荘キャンプデービッドで、ブッシュ大統領と首脳会談を行った。両首脳は日米関係について「かけがえのない同盟」関係にあることを確認、北朝鮮の核放棄に向けた連携強化で一致した。首相は大統領に拉致問題解決への協力を改めて求め、大統領は日本の立場に支持を確約。また、首相は集団的自衛権の憲法解釈のあり方について検討に着手したことを表明した。両首脳は会談後、環境問題での連携強化をうたった共同声明を発表した。

 首相就任後初の訪米となった安倍首相とブッシュ大統領との会談は約1時間半行われた。首相は会談で、自らが掲げる「戦後レジームからの脱却」を説明するとともに、日米両国が自由と民主主義など「共通の価値観」に基づき、国際社会の諸課題にともに取り組む決意を表明した。
 両首脳は日米同盟について「世界とアジアのための日米同盟」と位置づけ、日米同盟に立脚して北朝鮮の核問題などに対処することで一致。ブッシュ大統領は会談後の記者会見で「(両国の)緊密な連携が国民の利益だ」と述べた。

 北朝鮮問題で両首脳は、核問題を巡る6カ国協議の合意文書に基づいた核廃棄の義務を果たすよう求める方針で一致。進展がなければ圧力を強化させる方針を確認。大統領は会見で「北朝鮮が合意を履行しなければさらに制裁を行う能力がある」と述べた。首相は拉致問題の解決に向けた米国の協力を改めて要請。ブッシュ大統領は「変わらぬ支持の表明を確約した」と述べた。首相はまた、米国が北朝鮮に対するテロ支援国家指定を解除する際には拉致問題を考慮するよう求めたが、大統領は明言を避けた。
 また、首相はイラクにおける航空自衛隊の空輸支援活動を継続する考えを表明するとともに、集団的自衛権の憲法解釈見直しを検討する有識者会議の設置についても説明した。

 いわゆる従軍慰安問題で首相は「非常に困難な状況の中で辛酸をなめられた、苦しい思いをされたことに人間として、首相として同情している。申し訳ない思いでいっぱいだ」と説明。ブッシュ大統領は「率直な説明を評価する」と応えた。一方、大統領は「日本人は米国産牛肉を食べた方がいいと確信している、と首相に伝えた」と述べ、米国産牛肉の輸入拡大を促した。

 環境問題に関する共同声明は「大気中の温室効果ガスの濃度を、気候に危険な人為的干渉を及ぼさない水準に安定化させるため、前進する手法をさらに検討する」とした。さらに経済分野での合意文書には、知的財産権の保護・促進、核不拡散を強化しつつ原子力の平和的利用を促進する共同行動計画などが盛り込まれた。

 <日米首脳会談のポイント>
一、両首脳は「揺るぎない日米同盟」の強化を確認
一、首相はイラクの安定・復興への米国の努力を支持
一、北朝鮮の核問題に進展がなければ圧力を強めることで一致。大統領は拉致問題の解決支持を表明
一、首相は「戦後レジームからの脱却が政権の使命」として憲法解釈見直しの着手を説明
一、首相は従軍慰安婦問題で真意を説明。大統領は評価
一、気候変動問題での連携強化に向け共同声明を発表


           米大統領、改めて早紀江さんとの面会に触れる

 【ワシントン=阿比留瑠比】日米首脳会談後の共同記者会見で、ブッシュ大統領は昨年4月に拉致被害者、横田めぐみさんの母、早紀江さん(70)と面会したことに改めて触れ、「本当に心が張り裂ける思いだった」と語った。

 早紀江さんは面会の際、北朝鮮側が提供してきた拉致された直後とみられるめぐみさんの写真を持参していた。大統領は会見で、今でも執務室にこの写真を置いてあることを明らかにした。

 大統領は「時間がたっても娘に対する愛情は薄れず、彼女の悲しみは本当のものだった」と振り返り、「ホワイトハウスの訪問によって、この問題に人間的な側面を与えた」と早紀江さんを励ました。

 大統領は面会で「指導者が拉致を奨励するのは心がない」と批判。昨年年11月にも記者会見で、早紀江さんとの面会を「大統領として最も意義深い瞬間のひとつ」と語っていた。(産経より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 従軍慰安婦問題での発言に関しては、ご不満の方々が多いでしょうが、「野蛮の世紀」のテルベシュ女史ではありませんが、「人道問題に関しては『目を逸らす』事は許されない(中国に対しても「対日歴史問題」をあげつらうぐらいなら「自国の侵略&暴政」を直視&反省すべしと記述)」事ですし、田中光二さんではありませんが「歴史家の領分に委ねる問題」として幕引きを図るのが「大人の対応」でしょう。

そんな「後ろ向きの話題」は兎も角、安倍首相は公約を誠実に実行しているようですね。日米豪印民主連合自由と繁栄の弧構想といった「戦後日本が初めて打ち出した国家戦略」は中々のものですし、憲法改正に関する「支持」を取り付けたのは大いなる内政的得点でしょう。

 拉致問題に関してですが、せっかく横田夫妻という「金看板」を大統領が宣伝してくれているのですから、国内だけでなく海外でもキャンペーン(広告代理店あたりを使って『レスキュー・ファミリー』とでも銘打った宣伝工作をぶちかます)ぐらいやればいいのに・・・・・

なんじゃこりゃーーーーーーーーーーーーー193

 朝鮮日報にて「政府の大小と国際格付けの関連性」に関する記事が載っていたのでご紹介いたします。

 ただエンロン事件以来、格付け企業の信頼性はかなり低下してますからね。日韓共に「必要以上に欧米の『モノサシ』を有難がる」風潮には感心いたしません・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           【コラム】「大きな政府」と国家信用格付け


 国家の信用格付けとは、国家が他国に対して負った債務を返済する能力を示す専門用語だ。しかし韓国ではアジア通貨危機の経験を通じて、一般人にも馴染みの深い言葉となった。当時韓国が国家の信用格付けで投資不適格と判断され、外貨が一挙に流出したことが、通貨危機に見舞われる原因となったからだ。


 一方経済大国・日本も、韓国と同じくらい信用格付けの低さに悩まされてきた国の1つだ。2000年ごろから国際的な信用格付け機関の日本に対する格付け評価が非常に厳しいものとなったのは、日本の財政赤字が増加し、金融機関の経営状態が悪化したことが原因だった。


 特に2002年は日本にとって悪夢のような年だった。米国の格付け会社であるムーディーズが日本の国家信用格付けをアフリカ南部のボツワナ共和国より下げたことで、プライドの高い日本人たちは大きなショックを受けた。また、あるヨーロッパの投資銀行が「韓国と日本の国家信用格付けは2003年ごろには同程度になる」との見通しを発表したことも、大きな衝撃を持って受けとめられた。日本の信用格付けが上昇するまでには、それから5年の歳月を要した。


 今月23日、3大信用格付け機関の1つ、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は日本の国家信用格付けを「AA-」から「AA」に1ランク格上げすると発表した。日本の信用格付けが上方修正されたのは、1975年以来まさに32年ぶりのことだ。この発表が出された直後から、まるで申し合わせていたかのように日本経済の明るいニュースが立て続けに聞こえるようになってきた。トヨタは米ゼネラル・モーターズ(GM)を追い抜き今年第1四半期の自動車売り上げで世界1位を達成した。また日本の来年度の新卒採用は、民間企業の求人倍率が16年ぶりに2倍以上になる見込みだという。これは就職希望者1人当たりに対し企業の求人件数が2件以上に達することを意味する。


 S&Pが日本の国家信用格付けを引き上げたのは、これまで日本政府が推進してきた財政改革や金融改革の成果が評価されたからだ。特に日本政府が節制に努めたおかげで、国内総生産(GDP)に占める財政赤字の比率が2002年の8.2%から年度末までには5.0%にまで低下するとの見通しが出ていることも大きく影響した。

日本でこうした明るいニュースが報道された次の日、韓国ではまったく正反対の政府発表があった。韓国政府が来年の財政支出額を今年より7-8%多く策定したというのだ。これは2002年以降の6年間でもっとも高い増加率だ。これにより財政のプライマリーバランスが著しく偏ることを懸念する声が高まったが、政府はむしろ「小さな政府から、責任ある政府へ役割転換をはかった」との自己評価を示した。「責任ある政府」を目指してきたというが、この5年間に国家債務が2倍以上に膨れ上がったという事実については一言も触れられなかった。


 ある民間経済研究所の役員は「国家の信用格付けを行う際、財政状況は非常に大きな評価基準の1つとなる」とするとともに、「公務員の数が増え、国家債務が拡大すれば、信用格付けに響くことは言うまでもない」と語った。


 韓国の信用格付けは1999年にパキスタンと同じ「B+」に低下したものの、その後昨年4月までの間に6回にわたって上方修正された。しかし未だ中国やチリと同じ「A」ランクにとどまっており、アジア通貨危機以前と比べてもまだ2ランク低い状況だ。さらに韓国の国家信用格付けには北朝鮮の核問題が常に変数としてつきまとっている。


 何よりも韓国政府が肝に銘じるべきことは、世界中のどの格付け機関も、「大きな政府」を好みはしないということだ。日本の格付けが上昇したのも、日本政府が規制を緩和し、政府の介入を抑えて、「小さな政府」を目指す姿が好感視されたからだ。韓国政府が世界の潮流に逆行して「大きな政府」に固執するならば、韓米自由貿易協定(FTA)交渉の妥結による国家信用格付けの上方修正もはかない「真夏の夜の夢」で終わってしまうことだろう。(朝鮮日報より抜粋)

ロシアも「歴史バトル」の爆風を受けつつある?・2

 エストニアvsロシア歴史バトルが新たな段階に突入した模様ですね・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        エストニアで旧ソ連兵の銅像撤去、暴動も ロシア反発
 
        2007.04.27 Web posted at: 20:02 JST- CNN/REUTERS

エストニア・タリン――バルト海のエストニア政府は27日未明、第二次世界大戦を戦った旧ソ連兵士の銅像を首都タリンの公園から撤去した。エストニア国民には銅像は50年間続いたソ連占領の象徴としての思いが強いが、ロシア政府は撤去に強く反発、同国議会はプーチン大統領にエストニアとの断交を求める決議を可決した。


ロシアのラブロフ外相は撤去に抗議する重大な措置を取ると警告した。エストニア政府は撤去について、公共秩序を維持するための手段としている。銅像前は、ロシア支持、批判の住民らによるにらみ合いの場所ともなっていた。


タリンでは撤去前、ロシア系住民らによる警官との衝突、略奪騒ぎなどの暴動が発生、1人が刺されて死亡した。混乱は26日から始まり、ロシア系住民約1000人が集まり、撤去に抗議。警官13人を含む57人が衝突で負傷、300人が逮捕された。


略奪で窓ガラスが割れ、火災も発生、車両が横転されるなどした。混乱は27日朝には一応収まっている。


銅像は高さ約2メートルで、1947年に完成。ロシアは、撤去について大戦に従軍した兵士たちへの屈辱的な行為と非難している。取り除かれた銅像は警察が管理。エストニア政府は墓地に移す方針。


エストニアは1991年、ソ連から独立。総人口は約130万人で、うちロシア系は約30万人とされる。エストニアは北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)に加盟、欧米寄りの路線に傾斜している。今回の暴動は独立後、最悪規模となっている。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 バルト三国が「ロシアによりナチスの魔手より解放」されたのは歴史的事実でしょうが、彼らにしてみれば「最低(ナチス)が最低(ソ連)に替わっただけ」ですからね。これこそ「歴史的悲劇」?

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・207

 意外な結果ですね・・・・・(思案)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        空自緊急発進、昨年は239回 ロシア機飛来が急増

 自衛隊の統合幕僚監部は27日、平成18年度に日本領空に接近した国籍不明機に対し、航空自衛隊の戦闘機が239回緊急発進(スクランブル)したと発表した。スクランブルの国別対象機ではロシア機が196回と17年度(116回)に比べて急増した一方で、中国機は22回と17年度(107回)から激減した。

 統幕によると、ロシア機の増加の背景には燃料事情の向上と日本海方面の長時間飛行で複数の空自方面隊から発進したことが背景にあると分析。中国機の減少については、17年度に頻繁に実施した東シナ海方面での空自の電波、電子情報などの収集、空自のスクランブル態勢の確認など一連の情報収集が一段落した結果とみている。(産経より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 スパイエアラインの暗躍が空自を丸裸ですって、なんてこったい・・・・・・・!(驚愕)

なんじゃこりゃーーーーーーーーーーーーー192

 以前、朝鮮日報にて、文禄・慶長の役に関する自虐派学者の精神的自慰ショーの記事をご紹介いたしましたが、今回はトンでも記事ではなく「歴史的和解」を予感させるような記事でございます。

 ほとんど「千年戦争」の域に達していた英仏独でさえ「ワーテルロー・ノルマンディーを共同で追悼」する時代ですからね、こういった「歴史的和解」こそ日・特ア間に必要では?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      【萬物相】歴史的和解 壬辰倭乱 | 豊臣秀吉 | 李舜臣

 壬辰倭乱(文禄・慶長の役)を起こした豊臣秀吉は、1598年8月に病没した。7年間に及ぶ戦争に疲弊した倭軍は撤退することを決めた。朝鮮侵略の主導者だった小西行長は全羅道の光陽湾に設けられた曳橋城(別名・倭城)に駐屯していた。その小西軍1万5000人が帰還するための水路は、李舜臣(イ・スンシン)将軍の水軍がふさいでいた。


 行長は明の将軍たちを買収し、無血撤退の約束を取り付けた。しかし李舜臣はその要求を拒否した。11月17日に露梁の海岸で倭軍の軍船500隻のうち450隻が沈められた。李舜臣は逃げる日本兵を追っているうち、流れ弾に当たって戦死した。命からがら逃げ出した行長は帰国後、関ヶ原の戦で徳川家康の敵方についたため、1600年に処刑された。


 来月12日、慶尚北道安東で西(ソエ)・柳成龍(ユ・ソンニョン/1542-1607、西は号)の没後400周年行事に李舜臣と小西行長の子孫が参加する。行事を主催する安東市と西追慕事業準備委員会の招待によるものだ。明の援兵を率いた李如松の子孫も同席するという。李如松と行長は1593年1月の平壌城の戦闘で両軍を率いた指揮官だった。一同は400年ぶりに祖先の因縁を解消するため、和解の握手を行う予定だという。


 2004年に米国の初代財務長官を務めたアレクサンダー・ハミルトンと第3代副大統領のアーロン・バーの子孫たちが、ニュージャージー州ハドソン川の河原に集まった。彼らは200年前、互いの先祖が繰り広げた決闘を再現し、和解を約束した。


 当時政界で対立を深めていたハミルトンとバーは、1804年にハミルトンがニューヨーク州知事選に出馬したバーについて公に「信用に値しない人物」と評したことで、一触即発の状況となった。選挙に敗れたバーはハミルトンに決闘を申し込み、ハミルトンはバーに撃たれた傷が原因で死亡した。


 子孫や後継者による「歴史的和解」で、かつての悲劇がなかったことになるわけではない。しかしそうした歴史的な出来事が現在や未来の摩擦につながることを防ぐことはできる。ドイツのビリー・ブラント首相(当時)は1970年にポーランドのワルシャワでユダヤ人の慰霊碑の前にひざまずいて謝罪した。その様子を見た世界中の人はホロコーストについて謝罪するドイツ人の真心に打たれた。ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世がイスラム教徒、東方正教会、英国聖公会などとの和解を推進したのも、同じ文脈だ。


 壬辰倭乱の際に命を賭けて戦った、韓中日3カ国の将軍たちの子孫が会うことが、3国の間に存在する歴史上のしこりを解消する助けになればよいと思う。(朝鮮日報より抜粋)

『PMC・Al-Qaeda CO.LTD』よろずテロ&暴動請け負います、料金は委細面談

 私は以前から、アルカイダは『テロ請負業者』ではないのかとの疑念を持っているのですが、架空戦記で定評の高い高貫布士さんがその疑念にこたえるような架空戦記を出しましたので、ご紹介いたします。


 私個人は「9・11陰謀説に否定的(『陰謀論の罠』にて、大石英司さんも指摘していた疑問を詳細に分析していた)」ですが、かのテロを経済の点から考えますと「テロにより利益を得た存在」は多々ございますし(金融・危機管理関連)、少なくとも「アルカイダの仕業」というだけで背後を詮索されないこと自体、ある種の疑念(企業・ファンドがアルカイダを『総会屋&企業舎弟』として活用?)を覚えるのですが、うがちすぎでしょうか?

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・206

 絶対に、アブクレイブ事件のリークの背景には、こういった「陸軍への恨みつらみ」が重なったものでは・・・(思案)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       陸軍兵力の拡大方針で空軍能力に弊害と、イラク駐留米軍

        2007.04.25 Web posted at: 18:24 JST- CNN/AP

ワシントン――米空軍のマイケル・モーズリー参謀総長(大将)は24日、イラク軍事作戦での陸軍兵力の拡大方針のしわ寄せで空軍兵士が専門外の任務に動員されるなどの弊害が出ていると述べた。結果的に空軍の展開能力が低下するなどの悪影響も生まれているとしている。


記者会見で述べた。イラクで空軍兵士が拘束施設を警備したり、運転手をこなす例もあると指摘。「ある女性の空軍兵士は雑用勤務でタイピストの真似をしている」ことが発見され、彼女を空軍の任務に戻したという。


また、イラク戦費の拡大をめぐるブッシュ大統領と米議会の対立で、軍予算が影響を受け、会合費など他の項目の支出が削られているとの現状も紹介。その煽りで、新型戦闘機の調達費用や旧式軍用機の維持・修理費などに充てる財源が先細りしていると主張した。


旧式機の維持・修理費は過去10年間で約180%増えたと指摘しながら、これら軍用機の運用に支障が出ていることを示唆した。


イラクなどで本来の分野とは異なる任務に就かされている空軍兵士は現在、2万人以上に達すると指摘。軍が戦時下にある中でこれらの現状はいたしかたない部分があるものの、空軍兵士が専門職務とは異質の任務を強いられることは支持出来ないとも述べた。 (CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 他の軍のパシリ、それも色々遺恨(分離独立の際、色々あったらしい)のある陸軍が相手ですからね。そりゃ意趣返ししたくなるのは当然・・・(苦笑)

自衛隊は「諜報的ハダカ踊り」が得意・12

 中国妻イージススパイ事件ですが、もっとも「漏れてはいけない所」から漏れていたようですね・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

              イージス情報、1尉元教官から拡散

 海上自衛隊第1護衛隊群(神奈川県横須賀市)の2等海曹(33)がイージス艦の中枢情報などを持ち出していた事件で、流出した情報は海自第1術科学校(広島・江田島)元教官の1尉(48)が、学生ら30人以上に内容をコピーさせたことで拡散し、最終的に2曹に渡っていたことが24日、神奈川県警と海自警務隊の調べで分かった。流出情報には「特別防衛秘密」に該当するものが含まれ、海自の秘匿性への認識の甘さと、ずさんな情報管理が改めて浮き彫りになった。


教材…30人以上から複製

 調べでは、流出したイージス艦中枢情報は、海自艦艇のコンピューターシステムの保守・管理を担当する「プログラム業務隊」(既に解散)に所属していた3佐(43)が作成。幹部教育用の資料としてパソコンのファイルに保存していた。

 このファイルのコピーが繰り返され、横須賀地方隊の護衛艦「しらゆき」に勤務する3曹(30)に渡り、2曹は3曹からファイルごとコピーしていた。2人は護衛艦「はつゆき」での勤務で接点があった。

 その後の調べで、第1術科学校の教官だった1尉がプログラム業務隊の3佐が作成したファイルと同一のファイルを所持していることが判明。1尉は捜査当局の聴取に「指導した学生に教材の一種として複製させた」と供述しており、学生ら30人以上が同じファイルをコピーしていたことが新たに分かった。

 3曹は術科学校とは無関係で、学生らに流れたファイルを何らかの形で入手したとみられる。

 1尉はファイルの入手元について「覚えていない」としているが、術科学校の同僚教官だった別の3佐(43)も同じファイルを所持しており、この3佐が着任するまでは1尉がファイルを入手していなかったことなどから、捜査当局はまず、作成者の3佐から術科学校の元教官の3佐へファイルがコピーされたとみて調べている。

 第1術科学校は主に艦艇に乗り組む幹部に砲術、水雷、掃海、航海、通信などの専門知識や技能を習得させる幹部養成機関。イージス艦についての教育も行われていた。

 一方、防衛省は24日、第1回目の「情報流出対策会議」を開催、再発防止策を徹底させる「特別行動チーム」の編成などを決めた。(産経より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 江田島の第一術課学校といえば、鬼のFTG(ここの准尉クラスは、尉官・左官クラスを平気でシメるらしい)の本拠地じゃないですか。いくら技能・技術が優れていても防諜意識の低い人は軍人失格ですよ・・・・(苦笑)

 追伸・ hiromichit1013様によりますと、第一術科学校とFTGは別組織とのことでございました。大変失礼致しました・・・

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・205

 ティルマン軍曹リンチ一等兵の「英雄捏造疑惑」に関しまして、リンチ上等兵が「自分は『作られた』英雄」であると、議会で証言したようですね。勇気ある発言に敬意を示したい・・・・(思案)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       NFL元選手の誤射と女性兵士の英雄談、情報操作が明るみに

          2007.04.25Web posted at: 13:16 JST- CNN

ワシントン──アフガニスタン戦線で2004年に死亡した米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)の元選手の死因が、味方の誤射による犠牲者だったことが判明した問題で、元選手を最後に目撃した米兵は24日、米下院監視・政府改革委員会の公聴会で、上官から元選手の遺族などに対するかん口令を敷かれていたことを証言した。


誤射で死亡したのはNFLカージナルスのDFとして活躍し、陸軍の精鋭とされるレンジャー部隊へ入隊したパット・ティルマン氏。巨額の契約更改を退け、志願兵となっていた。 死亡当時は、敵対勢力との戦闘で死亡したと報告されていた。


公聴会に出廷したブライアン・オニール技術兵は、「(ティルマン氏と)同じ小隊にいたので、何が起きたか遺族に率直に語りたかった。遺族が全てを知る必要性を認識していた」と述べ、特に同じくアフガニスタンに従軍したティルマン氏の弟ケビン・ティルマン氏に真実を告げたかったと証言した。オニール氏によると、上官のジェフ・ベイリー中佐(当時)は同氏に対し、ティルマン氏の誤射についてケビン氏に語った場合は「面倒なことになる」と警告されたという。


ケビン氏本人も証言を行い、メディアの関心がイラクのアブグレイブ刑務所における収容者への虐待疑惑に集中するなか、米軍がティルマン氏の死を「機会」と見て都合良く利用した、と主張した。米軍は情報わい曲が明らかになった後も、交戦規則に従って行動していた小隊の同士がティルマン氏を死亡させたとする「全くの作り話」に固執していたとされる。ケビン氏は、米軍に不利な事件が相次ぐ中、ティルマン氏の誤射は新たな不祥事になるとして隠ぺいされ、別の話がねつ造されたうえ証拠隠滅も行われたと指摘した。


公聴会ではこのほか、イラクで03年に敵側の捕虜となり、米軍に救出されたとしてメディアの注目を浴びた元兵士ジェシカ・リンチさんも証言し、イラク兵と戦った女性版「ランボー」だとする報道内容が真実ではないと述べた。


リンチさんによると、リンチさんは03年3月23日、他の米兵11人とともにイラク南部ナシリアを車で通過中、武装勢力の待ち伏せ攻撃を受けた。11人は死亡し、リンチさんはサダム・フセイン総合病院に収容され意識を回復。骨折したリンチさんは動けず、助けを求めることもできなかった。病院の看護師らはリンチさんを安心させようと努め、一時はリンチさんを米軍側に引き渡そうとした。米軍がリンチさんを病室に迎えに来たのは4月1日だった。米国に帰国後、リンチさんは自身が英雄扱いされていることを知り、ひどく困惑したという。


リンチさんは「米国人は英雄のあるべき姿を判断する能力を持っており、うそを吹き込まれる必要はない。わたしは帰国して真実を語ることができて幸運だったが、大勢の兵士はパット・ティルマン氏のようにそうする機会がなかった。戦争の真実は必ずしも簡単ではなく、真実はいつもうそより英雄にふさわしい」と語った。 (CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「自分が従軍しても無いくせに『高みから見下す』がごとき反戦運動」する輩は好きになれませんが、こういった「行ったからこそ『無名の師』に反対」する人には、主義主張を超えて同感ですね・・・(感嘆)

中国海軍の「ビックマウス」

 中国海軍大佐(シンクタンクアナリスト)が、トンだビックマウス(大口)を叩いた模様ですね・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       中国海軍大佐「国力示す空母が必要」 テレビ番組で

 中国海軍軍事学術研究所の李傑研究員(大佐)は24日放映の中国中央テレビのインタビュー番組で、中国の空母保有について「一国の総合的実力を示すもので保有は必要」との考えを示した。

 中国軍当局者が具体的な軍装備について必要性などを指摘するのは異例。インタビューは空母保有に関する中国軍の立場を説明しており、保有に向け国民の理解を深める意図があるとみられる。

 李大佐は「空母建造の必要があるかどうかは中国が決めること」と強調。空母は「巨大な威嚇力があり、戦わずして相手を屈服させられる」と効用を指摘した。(産経より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 空母保有の効用に関しては「さすがモチ屋」と感心致しますが(日本も空母保有推進すべき)、実際に中国海軍が空母運用が可能かといえば、天空の富嶽・2巻の結末(日本艦隊によって菊水作戦状態)や、大石英司さんの分析(天空の富嶽・1巻のキティーホークの運命)が相当ではないでしょうか・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      ※ 中国海軍大佐「国力示す空母が必要」 テレビ番組で

>空母は「巨大な威嚇力があり、戦わずして相手を屈服させられる」と効用を指摘した

 あんた、本音言っちゃ駄目よ。ぶっちゃけ、中国が20年後空母を持ったからと言って、うちの通常動力潜水艦の魚雷で速効撃沈されちゃうわけですが。幸いにもわれわれが空母を持っても、中国にその逆は出来ないから。(大石英司の代替空港より抜粋)

なんじゃこりゃーーーーーーーーーーーーー191

 朝鮮日報にて、ものすごく共感した記事が載っていたのでご紹介いたします。『自国のために命を奉げた将兵達&自国の栄光に最大限の敬意を示す』のは「古今東西、宗教・思想を問わず当たり前の行為」ではないでしょうか?

 まあ、自軍MIAを見殺しにするどこぞのスリーパー大統領には理解しがたい行為でしょうが・・・(激怒)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       【コラム】自衛隊員の葬送式に出席した安倍首相を見て

 昨年8月15日、東京は朝から大粒の雨に見舞われていた。しかもこの日は平日の火曜日。普通なら多くの人出は期待できない条件がそろっていた。しかし靖国神社には朝から多くの人が集まっていた。ざっと2000人くらいにはなっただろうか。群衆の半分以上は若者だった。


 そこへえんび服を着た小泉首相(当時)が参拝に訪れた。若者たちは一斉に手を上に伸ばした。まるで大きな波のうねりを見ているかのようだった。それぞれの手に握りしめられた数百台のデジタルカメラがフラッシュの光を放った。各報道機関も対応に追われていた。韓国や中国では「歴史を無視する行為」との声が上がり、日本では「アジア外交に暗雲をもたらした」との声が上がった。


 しかし小泉首相は確実に大成功を収めた。小泉首相のショーマンシップは、学校で愛国心を学ばなかった若い世代を靖国神社に引き寄せることに成功した。通常、日本の若者たちが靖国神社をにぎわすのは、神社のある九段下がピンク色に彩られる桜の季節に限られている。この日は例外中の例外だった。


 靖国神社でこの一部始終を見ていた記者は、「うらやましい」という奇妙な感覚に襲われた。靖国参拝を「暴挙」だと非難するのとは、また別の脈絡での話だ。それは、「韓国では、大統領が1000人もの若者を国立顕忠院(国立墓地に相当する)に集めることなどできそうもない」という考えが浮かんだからだ。


 日本の靖国神社と韓国の国立顕忠院を同じような存在だと見るには無理があるが、あえて「若者の愛国心を呼び覚ます」という点だけに注目するなら、そういう話もできる。小泉首相は方向こそずれていたものの、国家的な目標を実現させる上で、持ち前のショーマンシップを遺憾なく発揮した。そして昨年末、愛国心教育を掲げた新しい教育基本法が成立した。


 小泉首相の後継者である安倍首相は一昨日、陸上自衛隊輸送ヘリコプターの墜落事故で殉職した自衛官4人の葬送式に出席した。式は航空自衛隊那覇基地で行われ、厳粛な雰囲気で進められた。「当然出席すべきものを出席しただけの話」と判断して見過ごしそうになったが、「自衛隊の葬送式に首相が参列したのは初めて」という部分が引っかかった。そして「果たして韓国の大統領が、韓国軍の葬送式に参席したことがあるだろうか」という疑問が浮かんだ。


 安倍首相が沖縄まで出かけて哀悼の意を表明した4人の自衛隊員は、救急患者の搬送のために飛行中に墜落事故に見舞われた。交戦中に死亡したわけではない。一方、2004年に北朝鮮の挑発によって起きた西海交戦の際、韓国の大統領は殉死した海兵たちの葬送式には出席せず、日本へサッカーワールドカップ競技の観戦に出掛けた。


 先日、韓国ではアフガニスタンで殉死したユン・ジャンホ兵長の葬送式が行われたが、この時も大統領が出席したとの話はなかった。空軍参謀総長が喪の明ける前にゴルフを行ったとして、退陣する騒動が起きたのもこの時のことだ。


 日本の歴史歪曲(わいきょく)は決して見過ごせない問題だが、「目を背けたくなるような負の歴史を子どもたちに教えるわけにはいかない」という彼らの意識には考えさせられる部分もある。韓国では正反対の現象が見られるからだ。韓国政府はむしろ、すでに明らかになっている過去の歴史をほじくり返すために、数百億ウォンもの血税を投入するという愚行を繰り返している。もしその金を日本軍の慰安婦問題を研究するのに当てていたなら、今ごろ日本側が言い逃れできないほど真相が明らかになっていたことだろう。


 過去の歴史を覆い隠そうとする日本の態度は、確かに非良心的だ。だとしたら、韓国はあまりに良心的でありすぎるために、四六時中自身の過去をさらけ出しては自虐に浸っているとでも言うのだろうか。


 韓国は「日本が右傾化している」と批判する。ここで言う「右傾化」とは、思想的、政治的、軍事的に見て、愛国と覇権を追求する動きを指している。しかしそれを言うなら、中国は日本の比ではないほど右傾化を突き進んでいる。世事に疎かった朝鮮時代の書生のように、日本が侵略の野望を抱いているとかいないとかいった話にかまけているようでは、またかつてのような失敗を繰り返さないとは言えない。


 国立顕忠院に若者たちを引き寄せ、殉死した兵士たちの葬送式で涙を流し、歴史の栄光の部分に目を向ける、そんな頼もしい大統領の姿を見てみたい。若者たちに愛国とは何かを教えてくれる、健全なリーダーシップを持った大統領が登場することを期待する。(朝鮮日報より抜粋)

親米・多極化外交のススメ・9

 親米・多極化外交に関しまして、かねがね「新・日英同盟(英・豪・加・印との提携)の復活が必須条件」であるとの持論を結構書きましたが、その先鞭をつけるべく日米豪軍事協力に続きまして、豪州とのEPA協定がスタートいたしました。(祝)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

              日豪EPA、第1回交渉始まる

 日本とオーストラリアの経済連携協定(EPA)締結に向けた第1回交渉が23日、キャンベラの豪外務貿易省で始まった。日本側は河野雅治外務審議官を代表に農林水産省、経済産業省、財務省から約20人が参加。ピーター・グレイ外務貿易省副次官を代表とする豪側交渉団と24日まで交渉する。

 日豪EPAは2006年12月に安倍晋三首相とハワード豪首相が電話会談で交渉開始に合意したが、農業分野の取り扱いを巡って日本国内の意見がまとまらず交渉入りが遅れていた。今回の交渉では「今後の進め方など交渉の大枠が対象で、個別具体的な内容は取り上げられない」(豪外務貿易省)見通し。(日経より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ここで間髪をおかずに、加・印・台・ASEAN(締結済みのタイ・シンガポール以外&包括的一括協定)ともEPAを積極推進すべきでしょう。日本は世界の日本であってアジアの日本にあらずなのですから、安倍&麻生構想(自由と繁栄の弧)を推進して「アジア以外との連携(軍事的協力&文化&人類学的アプローチに基づく援助戦略を主軸)も模索」すべきでは?

第二の「六カ国協議」もどっちらけ・・・、そして笑うのはトルコ?

 ムッラーの核問題ですが、Xデーへのカウントダウンが始まりそうな気配に、EUが西方版六カ国協議を再開したい模様ですが、果たしてどうなる事やら・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           イランとEUの核交渉、25日再開へ

       2007.04.23 Web posted at: 18:18 JST- REUTERS

テヘラン(ロイター) イランのファルス通信は23日、同国の核開発問題をめぐる欧州連合(EU)との交渉が25日、トルコで再開されるとの見通しを伝えた。両者の接触は、国連安全保障理事会が先月、ウラン濃縮停止を求める2度目の制裁決議を採択して以来初めてになる。

同通信が匿名の当局者の話として報じたところによると、イランのラリジャニ最高安全保障委員会事務局長とEUのソラナ共通外交・安全保障上級代表が会談する予定。トルコのエルドアン首相が両氏と連絡を取り、調整を続けていたという。

ソラナ代表はEU外相会議出席のため訪れているルクセンブルクで、記者団に交渉再開の予定を確認し、「前向きの協議を期待する」と述べた。

イランの核開発をめぐっては、核兵器製造につながるとしてウラン濃縮の停止を求める欧米諸国に対し、同国政府が「民生目的の開発を続ける権利がある」と主張。昨年9月にEUとの交渉が決裂し、同12月には、国連安保理が1度目の制裁決議を採択した。イランはウラン濃縮停止を拒否する立場を貫く一方で、交渉の再開には意欲を示していた。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 へえ、この「六カ国協議」はトルコが貸し座敷を提供なのですね。東方の貸し座敷&ホスト国よりは信頼に値するチョイスですね。トルコにしてもムッラーの核をうまく処理できれば「独自外交で中東・欧州に存在感近隣での核戦争阻止」という一石二鳥の効果が期待できますからね。

 最悪の場合でも「トルコ核武装の口実」になりえますから、トルコも一踏ん張り所でしょう・・・

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・204

 日本の「耐震偽装問題」も真っ青ですね。日本政府が亡命を認めないのも「自身の悪行」を見透かされる様だから・・・・・・(苦笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        中国の「おから工事」の実態=第12回九評セミナー開く


 【大紀元日本4月23日】中国の真相を探り、中国の未来を語る第12回「九評セミナー」(主催・大紀元時報、共催・新唐人テレビ、博大書店)が4月22日、東京・駒込で開かれた。広東省建築部門の元高級幹部で建築専門家の夏一凡氏を講師に迎え、建築工事事故のさまざまな事例から見た「中国の知られざる建築事情」をテーマに講演が行われた。設計・施工面から入札・検査部門まで中国の建築事情を知り尽くした夏氏ならではの説得力ある資料と体験に、セミナー参加者らは中国共産党(中共)政権下における腐敗の構造を再認識するとともに、同氏の真摯な語り口からにじみ出る祖国を思う純粋な正義感に心撃たれる場面もあった。

 

夏氏は、高級技師・一級技師・監理技師の資格を持ち、広東省前汕頭保税区シニアエンジニア、建築調査設計院・構造設計技師、副院長兼シニアエンジニアなど、数々の重職を歴任し、工事建設の入札審議の専門家であり、中国の建築事情を詳しく知る立場にあった。

 セミナーは新唐人テレビの建設工事事故ニュースが映像で紹介された後、夏氏が、北京五輪のために建設された北京懸索橋がわずか3カ月で倒壊した事故、温州の中国銀行ビルが建設中にもかかわらず品質に問題があったため解体爆破され約80億円の建設費用が無駄になった例など実際の写真を使いながら紹介し、建築物の倒壊事故が2000年から急増し、年々増加している実態を明らかにした。

 こうした建築品質の基準を満たしていない工事を中国では「おから工事」と呼ぶ。工事の建築品質がまるで豆腐のおからのようだと形容した造語で、1990年代初めに、当時の朱鎔基首相がずさんな建築プロジェクトを批判する際に初めて使われたと言う。

 日本では、建築偽装事件が社会不安をもたらしているが、中国では「建築偽装」という言葉が存在しないと言う。なぜなら、不正が横行し、偽装がほぼ当たり前になっているのが現状だからだ。夏氏は、こうした事故が増加し続ける原因を、①共産党体制下での官僚腐敗②政府(特に公安)部門の特権③マスメディア統制により社会の監視が欠如④道徳水準の低下をあげた。

 設計から施工、監理・入札に至るまですべてに官僚腐敗による不正が横行、防災を監督する公安が防火意識が薄いため多くの犠牲者を出した大火災、事故を隠ぺいするために地域ぐるみで情報統制を図るなどの行政側の腐敗による災禍について詳述した。

 また、品質基準を満たしていない建材を製造する業者が、中国で使用される建材の約4分の1を占める事実、また、学生イベントが行われていた会場での火災で、出席していた共産党幹部を先に避難させたため3百人近い学生が死亡した事件など、利益を優先して人間としてのあるべき姿を失った事例などをあげた。

 さらに、建設分野以外の中国の問題として、①蔓延する腐敗問題②中共政権の利益優先が社会にもたらしたひずみ③貧富の格差④社会のすみに追いやられた農民の問題などをあげた。特に、夏氏の出身である湖南省のエイズ村で、感染した農民らが自暴自棄になり出荷する豚肉やスイカなどの食品産物に自分たちの血を混ぜている実態を息を詰まらせながら語った。

 最後に、夏氏は、中国の現状は、中共一党独裁政権の下で市場経済を展開しており多くの矛盾を抱えており、政治改革なくして将来の発展はないとしながらも、単なる法律の改正や改革では、この現状を改善することはできず、抜本的に制度を見直し、その上で道徳の再建こそが中国の生きる道であると主張した。

 同氏は、建築部門の技術責任者の立場と、人間としての良識から、諸問題を本にまとめようとしていた矢先に、中国政府から迫害の対象とされ、妻子を残し、国外に脱出、現在、日本政府に難民申請中であることを明らかにした。

 講演終了後の質疑応答では、中国の現状について活発に質疑が交わされ、夏氏の明快な回答に参加者らは長時間のセミナーにもかかわらず充足感を得たようだ。(大紀元より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 昨今、日本企業が上海で国家公認の地上げを喰らっている様ですが、こんな「大地震でストライク状態」となるようなら、これってある意味天恵・・・(爆笑)

なんじゃこりゃーーーーーーーーーーーーー190

 空自FX内定に関しまして、早速朝鮮日報に反応が出てまいりました。でもまだ「F-15FX&F-22で内定」のはずですが、早速「100機購入内定」は早すぎるのでは?(爆笑)

 それにしても、中韓が「対日戦モードで思考(実戦を想定というよりは戦略的バランス重視?)」しているにも拘らず、相変わらず日本マスゴミは・・・(激怒)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       日本、F22戦闘機100機導入を推進=ワシントン・タイムズ

 米メディアが「日本が米国の最新型戦闘機F22の100機導入を推進している」と報じたのを受け、韓国軍当局は真相の把握に乗り出し、中国も神経質になるなど、波紋が広がっている。


 米ワシントン・タイムズ紙は20日、「日本は最大100機のF22戦闘機購入を希望しており、ブッシュ大統領と安倍晋三首相が来週行う日米首脳会談で話し合われるだろう」と報じた。同紙は「米国の一部の保守主義者は“有事の際、北朝鮮によるミサイル基地先制攻撃などの脅威や、台湾に対する中国の脅威に対処するため、F22を日本に販売する必要がある”として日本の購入を支持している」と伝えた。


 F22 は、レーダーでとらえるのが非常に困難なステルス性能と優れた機動性、情報収集・偵察能力を持つ、世界で最も優秀な戦闘機だ。作戦半径は2000キロ以上で、日本全土や韓半島(朝鮮半島)はもちろん、中国本土も攻撃範囲に収めている。よって、韓国や中国としては神経質にならざるを得ない。昨夏アラスカで行われた、F22対現在の米主力戦闘機F15・F16・F18の空中戦デモンストレーションでは144−0でF22が完勝、これまでの空軍力バランスを覆す恐るべき戦闘機と呼ばれている。




 韓国軍当局は、日本がF22を100機導入すれば、韓中日の空軍力に深刻な不均衡を招き、これまでの韓国空軍の戦略増強計画にもかなりの修正を強いられるとみている。中国も官民共同の通信社「中国新聞網」が22日に香港の日刊紙「文匯報」の報道を引用し、「日本がもしF22を100機導入したら、台湾海峡でこの20年間保たれてきた軍事的バランスが崩壊するだろう」と伝えた。


 しかし一方では、日本がF22を導入するにはかなりの時間がかかるだろうとの声も出ている。米国も実戦配備開始から約2年という最新型戦闘機の輸出を渋っており、現にF22の海外販売を禁じる法律が1998年に制定されている状態だからだ。


 中国共産党機関紙「人民日報」の電子版「人民網」も同日、「日本のF22導入は二つの点で困難にぶつかるだろう」との見通しを掲載した。第1点は、F22 の価格は1機2億ドル(約237億円)以上と高価なこと、第2点は米国の現行法が同戦闘機の輸出を禁止しており、輸出には法改正が必要なことだ。


 韓国の軍事専門家は「現実的に見て、日本は2015年以降にF22の本格的な導入が可能とみられる。20年までに韓国空軍の戦力を増強する計画は、日本がF22を多数保有する状況を想定しておらず、早急に対策を立て直す必要がある」と指摘している。(朝鮮日報より抜粋)

なんじゃこりゃーーーーーーーーーーーーー189

 サンドイッチコリアなどといっている割には「仮想敵国言語(?)教育の制度不備」を指摘する記事が朝鮮日報に載っておりました。

 まあ、どこぞの「戦時にも拘らず『敵国言語を学ぶ事を禁止・規制』した」どこぞのおバカ国家よりはマシか・・・(苦笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          韓国初の日本語、中国語国家公認資格が登場

 韓国政府認定の中国語と日本語の資格が韓国で初めて登場する。


 国家技術資格施行機関の大韓産業商工会議所は、外国語大学が昨年1999年に開発して民間で施行されてきた「FLEX(Foreign Language EXamination)」の中国語と日本語試験が、教育人的資源部により国内で初めて公認資格に認定された22日、伝えた。



 FLEXは英語、中国語、日本語、スペイン語、フランス語、ロシア語など7部門があり、このうち中国語と日本語が国家公認資格を獲得した。現在、英語に関連した政府資格はTEPS(英語部門)などがあるが、中国語と日本語部門はなかった。


 FLEXは既に政府機関や企業から海外派遣選抜試験、職員の語学能力評価資料、採用、人事資料に活用されているものの、国家公認資格に認定されたことにより大学入試特別選考資料、公務員試験加算点、大学単位認定など資格の用途が多様化する。


 関係者は「現在、中国政府が開発したHSK試験(中国語)と日本政府が施行しているJLPT試験(日本語)に受験者が集中しているが、今回の公認資格認定を契機にこれら需要の相当部分を吸収できるものと予想する」と話した。


 第1回国家公認資格試験は6月10日に実施され、申し込みは5月7日から18日まで検定試験事業団まで。(朝鮮日報より抜粋)

くたばれ「無党派」!

 統一地方選後半戦ですが、参院選では「一勝一敗」でしたね。まあ「野党地盤を切り崩し」したのから良しとしましょう・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        【主張】参院補選 党首討論で争点明確化を

 3カ月後に控える参院選の前哨戦と位置づけられた参院沖縄、福島両補欠選挙は、自民、民主が推す新人がそれぞれ当選した。

 両選挙区とも野党系の議席だった。自民党は1議席を奪還したことになり、7月の参院選で与党が過半数を維持するためには、64議席確保すればよい計算だ。

 沖縄補選で与党候補が勝ったことは、普天間飛行場移設を含む在日米軍再編に取り組んでいる政府・与党の姿勢が支持されたといえよう。福島補選では、衆院議員3期を務め知名度のある民主候補が、地力を発揮した。

 補選全体を通じては、野党が地域間格差を強調して政府・与党の政策運営を批判し、与党がこれに反論する構図となっていた。ただ、掘り下げた議論には至っておらず、与野党間の争点はまだ明確になっていない。

 通常国会はまだ会期が2カ月あり、教育再生関連3法案を中心とした重要法案が多く残っている。各党は精力的な質疑を通じて、政策課題に対する基本的立場を示してほしい。

 とくに与党側には、閣僚らの事務所経費問題を契機とした政治資金規正法の改正問題について、早急に結論を出すことが求められる。

 安倍晋三首相と公明党の太田昭宏代表の党首会談で、改正案の今国会提出を確認したものの、5万円以上の経費の領収書を添付する点について、調整が難航している。

 自民党が作業の煩雑さやプライバシーなどを理由に慎重姿勢を崩していないためだが、改正案の内容について首相のリーダーシップで決着することも必要だろう。

 民主党は、小沢一郎代表が参院選準備のための地方行脚に力を入れている。そのこと自体は否定されるものでないが、結果的に党執行部の判断が遅れ、政策面での対応にしばしば混乱がみられる。国民投票法案について、与党との協調路線を放棄して反対に回ったのも、その一例だろう。

 党首討論も民主党が開催に消極的なため、開かれていない。本来なら、渋る与党に野党が開催を迫るところだが、話があべこべだ。

 有権者に参院選での判断材料を与えるという意味でも、安倍首相と小沢代表による徹底討論が不可欠である。(産経より抜粋)


【2007統一選】8市で現職敗れる 政党対決は浸透せず

 統一地方選後半戦として22日に投開票された77市長選と9区長選は、自民、民主両党がそれぞれ推薦・支持を明確にして対決した7市区で、自民党側が5勝、民主党側が2勝という結果になった。ただ、夏の参院選の前哨戦と位置づけられたにもかかわらず、対決数は4年前の前回と同じで、政党対決はあまり浸透しなかった。また、北海道函館、茨城県取手など8市では現職が敗れた。(高橋昌之)

 ■自・民対決

 自民、民主両党の推薦・支持候補が激突したのは、北海道滝川、千葉県習志野、大阪府八尾、沖縄県宜野湾の4市長選と、東京都の世田谷、板橋、練馬の3区長選。このうち、滝川、習志野両市と東京の3区で自民党系候補が民主党系候補を破った。

 しかし、米軍普天間飛行場の移設問題が争点となった宜野湾市では、民主、共産、社民推薦の現職が「県内移設反対」を訴え、「国と県、名護市の協議の推移を見守る」と主張した自民、公明両党推薦の新人を下して再選。このほか、八尾市でも民主党系新人が現職の3選を阻止した。

 このほか、現職市長が不出馬を表明し、新人3氏の争いとなった東京都国立市長選では、現職の後継として出馬した共産、社民両党推薦候補が、自民、公明両党推薦候補を破った。

 推薦・支持を正式に決めなかったものの、実質的な与野党対決となった4市では、与党系候補が3勝、野党系候補が1勝となった。

 ■与野党相乗り

 市長選での与野党相乗り候補は、脱政党の流れなどもあり、実質的な支援を含めても前回よりさらに減って21人(無投票当選を除く)、区長選では3人だった。ほとんどが現職ということもあって、神奈川県茅ケ崎市や兵庫県明石市などで早々と当選を決めた。ただ、大阪府藤井寺市では自民、民主、公明が推した現職が敗れた。

 前回は13人が落選した現職候補。今回は政治倫理をめぐり、北海道函館市で、自民、公明両党の支援を受けた現職が、政党の支援を受けなかった元市助役の新人に敗れて落選。さらに茨城県常総、取手両市や群馬県桐生市など計8市で現職が敗れた。

 一方、多選批判が強まる中、群馬県高崎市では現職が自民、公明、社民の推薦を得て6選。東京都中央区でも現職が6選を果たした。(産経より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 でも、地方選挙にて毎回腹が立つのは『無所属という名の「大政翼賛会」が多すぎる』ことですね。イギリスでも統一地方選の時期でして、BBCのニュースにて「かなりの地域で『労働党王朝』が崩壊の兆し」とやっていたのですが、向こうの場合は市議・町議のレベルで「政党色を鮮明」にしているのには感心致しました。

 党派争いの泥仕合は大嫌いですが、良い意味での「党派対立・政策バトル」は大いにやって欲しい!

米仏大統領選狂想曲・4

 フランス大統領選ですが、自分の予想と違いまして「サルコジVSロワイヤル」へとすんなり向かったようですね・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

         仏大統領選、サルコジ・ロワイヤル両氏で決選投票へ

      2007.04.22 Web posted at: 16:30 JST- CNN/AP/REUTERS

パリ──フランス大統領選の第1回投票が、22日午前8時から午後8時まで行われ、サルコジ国民連合運動(UMP)総裁と社会党のロワイヤル元環境相による決選投票が、来月6日に実施されることになった。


選挙には12人が立候補しており、主な候補はサルコジ氏とロワイヤル氏、バイル仏民主連合(UDF)議長、極右・国民戦線(FN)のルペン党首の4人。内務省が発表した途中開票結果によると、得票率首位はサルコジ氏の30.46%で、ロワイヤル氏が24.41%、バイル氏が18.28%、ルペン氏が11.46%。


過半数の票を獲得した候補者が誰もいなかったため、規定に従い上位2人のサルコジ氏とロワイヤル氏が決選投票に臨む。ロワイヤル氏が当選した場合、フランス史上初の女性大統領が誕生する。IPSOSがこの日発表した世論調査の結果によると、決選投票の予想得票率はサルコジ氏が54%、ロワイヤル氏が46%。


12年間国政を率いた現職のシラク大統領が引退を表明したため、今回の大統領選では新世代の政界指導者らが、自らの信任を有権者に問う形になった。ただ、専門家らの間では、主な候補者らが大掛かりな選挙活動を展開する一方、他の候補者との政策の違いを明確に打ち出していなかったとの指摘もある。


AP通信が選挙管理当局の発表として伝えたところによると、今回の投票率は80%余りと、歴代最高だった1965年の大統領選第1回投票(84.8%)に迫る勢いだったという。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「今回の大統領選では新世代の政界指導者らが、自らの信任を有権者に問う形になった。」とのことですが、政策的には兎も角「結局エナルク(ENA卒業生)同士の内輪争い」なんですよね。いくら「新世代」を誇示しても、ドゴール以来の「エナルク王朝(ドゴール以後の大統領・首相はすべてエナルク)」を打破出来ないようでは、フランスの将来は厳しいですね。

 エリート教育そのものは大いに結構ですが、米軍のように「士官学校卒以外(ROTC・下士官兵からの昇格)の人材を積極的に昇進・活用」する姿勢・体制こそ欧州復活の鍵では?

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・203

 航空自衛隊の次期主力戦闘機が内定したようですね。でもF22一本じゃないみたい・・・?(思案)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

               F22、15FXの二段構え

 防衛省が航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)選定で、米国の最新鋭ステルス戦闘機F22Aと、F15を改良したF15FXの2機種に絞り、二段構えの調達を想定していることが分かった。複数の日米関係筋が21日、明らかにした。2009年度から順次購入を進める方針で、総額は1兆円規模に上る見通し。08年春までの最終選定に向け調整を本格化させる。

 次期主力戦闘機はこれまでの検討で、レーダーに捕捉されにくい高度のステルス性と超音速で巡航できる高い機動性能に加え、日米共同作戦を円滑に進められる点から、F22Aを最有力候補に据えた。

 しかし、現時点で米議会は最新鋭技術の集大成であるF22Aの輸出を禁止。1機約250億円と高額で、輸出が解禁された場合でも予算の制約から導入数が制限されるのが難点だ。

 このため現在の主力戦闘機F15の改良型で1機約100億円と比較的安く、整備や運用面でノウハウのあるF15FXを先行取得。解禁を待って「F15・5機を同時に相手にできる」(空自幹部)性能を持ったF22Aを導入、2機種の組み合わせで「質と量」を兼ねる案が浮上した。(47NEWSより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「ハイ・ロー・ミックス」って奴ですか。どうせならF15FXに一本化して、ポストFXを国産(F35改・UAVも視野)という線も悪くない・・・・(思案)

対テロ戦争、続行中・17

 対テロ戦争に関しまして、気になる情報が入ってまいりました・・・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      2007/04/20-11:28 アフガン、パキスタン両軍が国境で衝突

【カブール19日】アフガニスタンとパキスタンの国境で19日、両軍が衝突、銃撃戦が展開された。パキスタン軍が両国国境に築いている柵をアフガニスタン軍が取り壊しにかかったところ、双方の銃撃戦に発展した。パキスタンのムシャラフ大統領が今年なって、武装勢力の活動を阻止するため同国の北西部国境に35キロの柵を設けると発表して以来、両軍が衝突したのはこれが初めて。

 アフガニスタン国防省は、同国国境の町シュキンとパキスタンの部族地域にあるアングールアダとの間で戦闘が起きたと発表した。同省は、パキスタン軍がアフガニスタン軍に発砲したとしている。この衝突による死傷者は報告されていない。

 パキスタンのARYテレビによると、パキスタン軍のアルシャド報道官は、アフガニスタン軍が国境越しにパキスタン領内にいきなり銃撃を加えてきたと語った。パキスタン軍が応戦すると、アフガニスタン軍は撤退したという。同報道官によると、パキスタンは両軍の衝突を、パキスタン軍、アフガニスタン軍、アフガニスタンに駐留する北大西洋条約機構(NATO)軍の高官で構成する3者委員会に報告した。

 一方、アフガニスタン政府は、パキスタンによる国境での柵構築を中止させるため、外交努力を開始した。同政府は、今回の衝突に深い遺憾の意を表明する書簡を国連の潘基文事務総長に送った。アフガニスタンは「デュランドライン」として知られるパキスタンとの現在の国境線に異議を唱えている。(時事より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この事態が深刻化すれば、トライバルエリアの聖域化が深刻化しそうですね。大体イギリスが「英領インドの安全確保のために、アフガンから領土をパチった」のが原因なのですから、そのケツ拭いは当の本人(国?)にやってもらいましょう。そうでないとロンドンでまたテロリストが蠢動するかも?

同じ内容を、よくくもまあ「正反対に解釈」できるものだ・・・

 従軍慰安婦問題にかんする安倍総理の発言ですが、チョンイル新聞はあいも変わらず同じ内容をこうもまあ「偏向」できるものですね・・・・・・(爆笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   慰安婦問題、首相「日本に責任」 米メディア会見で言及 2007年04月21日13時43分

 安倍首相は26日からの訪米を前に米メディアのインタビューに応じ、従軍慰安婦問題について「大変申し訳ないと思っている」と謝罪したうえで、「日本の責任」に言及した。また、近く開始する集団的自衛権の研究は、日米同盟強化による中国の軍事費増大への対応が念頭にあることを明らかにした。

 従軍慰安婦問題をめぐっては、首相が先月初め、強制連行など直接的に軍が関与する「狭義の強制性」を否定したことに、米国内で反発が起きている。首相としては米メディアを通じて「謝罪と責任」を明確にすることで、米国内の反発を沈静化させたいとの狙いがあるようだ。

 首相は「当時の慰安婦の方々に人間として心から同情するし、そういう状態に置かれたことに対し、日本の首相として大変申し訳ないと思っている」と語った。さらに「20世紀は人権が世界各地で侵害された世紀だが、日本にも責任があり、例外ではない。慰安婦として彼女たちが非常に苦しい思いをしたことに対して責任を感じている」と述べた。

 一方、首相は中国の軍事費増大について「日本は中国に合わせて軍事費を増やそうとは考えていない。しかし、日米同盟をより効率的に、より強化していく必要がある」と指摘。そのうえで「憲法との関係においても、そのための研究をしなければならない。集団的自衛権の行使についての研究だ」と語り、研究自体が中国を念頭に置いていることを示した。

 また、「世界に貢献するために何をするかという観点から、(憲法の)解釈を研究していきたい」と述べ、行使を禁じている政府の憲法解釈の変更も視野に入れていることを明らかにした。

 首相インタビューは17日に官邸で行われ、ウォールストリート・ジャーナル紙とニューズウィーク誌の質問に答えた。(朝日より抜粋)


首相、慰安婦問題の「責任」に言及 米紙インタビューで

 安倍晋三首相は21日までに米紙ウォールストリート・ジャーナルなどのインタビューに応じ、米下院で対日非難決議が審議されている慰安婦問題に関連して「当時の慰安婦の方々に心から同情するし、日本の首相として大変申し訳ないと思っている。彼女たちが慰安婦として存在しなければならなかった状況につき、われわれは責任があると考えている」と、日本側の「責任」に言及して謝罪の意を示し、平成5年の河野談話を継承する考えを改めて表明した。

 一方で、首相は「20世紀は人権が世界各地で侵害された世紀だが、日本も例外ではない」とも述べ、戦時の人権侵害が日本だけの問題ではないことをにじませた。

 中国の軍事費増大をめぐっては「中国に合わせて、軍事費を増やそうとは考えていないが、防衛力は常に確かなものにしなければならない」と指摘した。その上で「日米の同盟関係の強化が地域の平和と安定にとって一番大切で、そのために法的な整備をしなければいけない」と述べ、集団的自衛権に関する研究を進める考えを強調した。

 また、憲法改正について「憲法は占領下で制定されたもので、21世紀にふさわしい自分たちの国の形を物語る憲法をわれわれ自身の手で書くことが大事だ」と語った。このほか、北朝鮮が核放棄に向けた初期段階措置の履行期限を守らなかったことを踏まえ、「訪米した際にも、(ブッシュ)大統領と今後の北朝鮮政策について突っ込んだ話をしたい」と述べた。(産経より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「20世紀は人権が世界各地で侵害された世紀だが、日本も例外ではない」という安倍首相の発言ですが、これは「野蛮の世紀」において散々主張されていたことでして、著者は歴史問題を「後世の教訓から、忘却するべきではない」とのスタンスから、中国に対しても「日本の『過去の罪状』をあげつらうのなら、自らも『大躍進・文革・周辺国への侵略』を真っ先に反省するべきでは?」と提言しているのですが、そういった正論が通じない日本・EUの似非知識人共には分からないのでしょう・・・

 

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・202

 「同病相哀れむ」ってやつでしょうか・・・・・・・・(苦笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

         北朝鮮とミャンマー、26日に国交回復の合意書に署名か

         2007.04.21 Web posted at: 16:08 JST- CNN/REUTERS

ヤンゴン――ミャンマー(ビルマ)のアジア外交筋は21日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の高官が4月25日、ミャンマーを訪問、国交回復に関する合意書に翌日署名する見通しだと述べた。ロイター通信が報じた。


ミャンマー軍政は北朝鮮高官の訪問計画を確認していない。外務省報道官は「時間がたてば分かる」と指摘、訪問を否定しなかった。


北朝鮮高官の人名、肩書などは不明だが、東南アジアを担当する金永日(キム・ヨンイル)外務次官の可能性がある。


ミャンマーと北朝鮮は1983年、ラングーン(現ヤンゴン)を訪れた全斗煥大統領一行を狙った爆弾テロ事件を機に国交を断絶していた。北朝鮮の工作員が関与していたとされる。しかし、共に国際的な孤立を深める両国は近年になって歩み寄っていた。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 やっぱり「宗主国の指示」かな・・・・・・(苦笑)

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・201

 こういった話が、もっと人口に膾炙されて欲しいものですね・・・(感動)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                 戦場のラストサムライ

 2003年10月19日の海上自衛隊観艦式に、84歳という高齢で心臓病を患いながらも元イギリス外交官のサムエル・フォール卿が参列した。サーの称号を持つ彼にはどうしても日本を訪れたい理由があった。
 案内された艦内で、サー・フォールはしみじみと65年前の壮絶な真実を語った。それは、戦後の長きに渡り日本人の誰もが知らなかった奇跡の話だった。

 第二次世界大戦が勃発した翌年の1942年2月28日、ジャワ海スラバヤ沖で物語は始まった。当時の戦況は日本が圧倒的に優位で、イギリスを始めとする連合国艦隊は連日猛攻撃を浴び、フォール中尉の乗った駆逐艦・エンカウンターも3隻の戦闘艦に包囲されていた。

 エンカウンターは攻撃を受け、エンジンが停止し乗員達は脱出するしかなかった。3月31日午後2時、全員が救命ボートで脱出し、エンカウンターは海に沈んだ。

 だが本当の地獄はここからだった。船から流出した重油で多くの者は目が見えなくなった。近くには沈没した他の船の乗組員を含め400名以上が漂流していた。

 8隻の救命ボートでは不十分で、漂流しながらしがみつくのがやっとだった。しかしフォール中尉は、沈没する前に打ったSOSの信号を受信できる距離に味方のオランダ軍基地があったため、すぐに救助が来ると思っていた。

 しかしいつまでたっても救助は来なかった。怪我をした足を魚につつかれ、不安の中でサメに襲われたとパニックに陥る者達も多かった。諦めそうになる者も多かったが、フォール中尉は「家族を思い出せ、生きて故郷に帰ろう」と励まし、自分にも言い聞かせた。

 漂流から20時間が経ち、絶望感から自殺しようとする者も現れた。その時、フォール中尉達の前に船の姿が見えた。しかしそれは日本海軍の駆逐艦「雷(いかずち)」だった。

 乗組員220人の小型の軍艦ではあるが、数日前の海戦では連合国軍の船3隻を撃沈するなど、その威力を見せつけていた。

 指揮をするのは艦長・工藤俊作少佐。身長185cm、体重90kgの堂々たる体格の孟将だった。

 雷の乗組員が、多数の浮遊物に気づいた。工藤少佐は、潜水艦の潜望鏡が見えないかどうか確認するよう、航海長の谷川清澄中尉に指示した。この2ヶ月前にアメリカの潜水艦から魚雷攻撃を受けていた上、前日には日本の輸送船が敵の潜水艦に撃沈されたばかりだった。

 油断できない海域だったため、戦闘用意が指示された。しかし浮遊物が敵のイギリス兵らしく、400名以上いることも伝えられた。だが念のため潜望鏡がないかさらに確認するように指示が出た。
 戦場に情けは無用。事実、前年には日本の病院船の救命ボートが攻撃され、158名が死亡するという悲惨な出来事も起こっていた。

 工藤の船は漂流者を射程距離に捕らえた。この時工藤が見たのは、ボートや瓦礫に捕まり、必死に助けを求めるイギリス兵たちの姿だった。いつ潜水艦に襲われるかわからない危険海域で、艦長に全ては委ねられていた。
 フォール中尉たちが最期の瞬間を覚悟した時だった。工藤艦長は、敵兵を救助するよう指示を出した。駆逐艦には、救難活動中を示す国際信号旗が掲げられた。

 兵士達は、自分たちより数の多いイギリス兵を助けることに戸惑った。しかし、海軍兵学校の頃から教育されてきた武士道、それが工藤にこの行動を取らせた。敵とて人間、弱っている人間を相手にフェアな戦いはできないのだ。兵士達もこの考えに従うことになった。

 世紀の救出劇が始まった。まずは自力で上がれる者に縄梯子などを差し出したが、イギリス兵たちは病人たちを先に救助するよう求めた。日本兵達は病人達を担いで雷に引き上げた。

 また、イギリス兵達は最後の力を振り絞って雷に向かって泳いだ。だが、21時間の過酷な漂流ですでに限界を超えていた。自力で上がれる者がほとんどおらず、救助の手はとても足りなかった。すると工藤は、一番砲だけ残し総員敵溺者救助用意を命じた。最低限の人間を残し、全員で救助活動に当たることになったのだ。ここで兵士達は覚悟を決めた。ただ工藤は220名の命を預かる艦長として気を緩めることはなかった。

 イギリス兵たちの救助は続いた。だが体力の限界を迎えていた彼らは自力でロープも棒も掴むことができなくなっている者もいた。そんな彼らを、日本兵達は海に飛び込んで抱えて救助した。

 敵も味方もなかった。救助活動を見ていた工藤は、魚雷搭載用のクレーンでも何でも、使えるものは何でも使って救助するように指示した。甲板では日本兵がイギリス兵達の汚れた体を優しく拭き、自分達にとっても貴重だった真水や食料を惜しみなく与えた。

 やることはやったと思っていた兵士達だったが、工藤はさらに他の漂流者を残らず救助するように指示した。遠方に一人でもいたら船を停止し救助した。全員を救助し終った時、その数は日本の乗組員の倍近い422名にのぼった。

 サー・フォールは、全員を救おうとした工藤艦長のフェアな態度こそ、日本の誇り高き武士道なのだろうと感じたという。

 救助活動が終ると、工藤は士官のみを集合させた。そして「諸官は勇敢に戦われた。諸官は日本海軍の名誉あるゲストである」と英語で伝えたのだ。

 名誉ある442名は翌日、ボルネオ島の港で日本の管轄下にある病院船に捕虜として引き渡された。

 終戦後、サー・フォールは家族と恋人の待つ祖国イギリスに帰国し、サーの称号を与えられるほど有能な外交官として勤め上げた。

 1996年、彼は自らの人生を「マイ・ラッキー・ライフ」という自伝にまとめた。その冒頭には「この本を私の人生に運を与えてくれた家族、そして私を救ってくれた工藤俊作に捧げる」と書かれている。
 サー・フォールは自分が死ぬ前に工藤艦長に会いたくて日本を訪れた。しかしその時、工藤の消息は掴めなかった。

 実は工藤が別の船の艦長になった1942年、雷は撃沈され乗組員全員が死亡した。工藤はそのショックからか戦後は戦友と一切連絡を取らず、親戚の勤める病院を手伝いながらひっそりと暮らした。そして昭和54年1月4日、77歳でこの世を去った。

 自らのことを工藤は語らなかったため、サー・フォールが来日しなければ誰にも知られることはなかった話。

 この救助劇はサー・フォールの話に感動した元自衛官の手により「敵兵を救助せよ」(惠隆之介・著/草思社・刊)にまとめられた。

 惠氏は工藤元艦長の家族にも取材をしたが、誰もこの話を知る人がいなかったという。戦争で部下達を失った悲しみが、彼の口を閉ざしたのだろうと感じたという。

 さらに救助活動に加わった元航海長の谷川氏は、当たり前のことをしただけだと工藤元艦長なら言うだろう、と話す。

 サー・フォールの日本人に抱く印象に影響を与えた彼の武士道。尊敬と感謝の念を今も抱いている、とサー・フォールは話してくれた。工藤元艦長の残した真の武士道の姿は、今も多くの人の心に生き続けている。

 工藤は自らのことを何も語らずに亡くなったが、生前、一度だけイギリス兵について話したことがあるという。彼がいつも持っている黒いバッグがボロボロだったため、姪が「なぜ新しいのに替えないの?」と聞いたところ、「イギリス兵にもらった大切なバッグなんだ」と語ったという。

 サー・フォールは敵を敬う武士道を、子供や孫達にも話したという。いつか世界中の人たちが仲良くなれるきっかけになることを祈って。(奇跡体験、アンビリバボーより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 こういった話が、道徳の教科書に載って欲しいものです・・・(祈念)

途上国は「日本をお手本」にするべからず・・・・

 東京財団に、途上国への援助・経済支援はいかにあるべきかの記事が出ていましたのでご紹介いたします。

 日下公人・井沢元彦・福田和也さんが散々主張されていた事を、やっと知識人たちが理解したもようですね。田中光二さんも「現在の経済は『ポーダーレス化』が進んでおり、日本の経済進出は『植民地型進出』でなく、雇用・技術・利益を地元に還元する形での『融合型進出』であるべき」と言ってましたが、そういった形でしか「途上国の経済発展」は成し遂げられないのではと愚考する昨今です・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

               「日本の成功例は役立たない」

 トルコのイスタンブールで開催された、TUSKONの会議に参加し、その後、イズミールとアンカラを訪問した日本の代表団は、何度か現地で短い講演をした。

 私以外に講演をした二人は、それぞれ異なる観点から講演を行ったが、それを聞いていてあること人気が付いた。

 一人は 戦後日本がどうして技術レベルを向上し、高度な製品が作れるようになったのか、そしてそのことから学ぶべきである。トルコが先進国に追いつくには30年はかかるだろう、という趣旨の話しであった。

 もう一人は韓国から中国、そしてベトナムへと日本の企業進出が進む中で、これらの相手国がどうして技術を学び取り、自国の優位性を確保しているかについてだった。

 それぞれに内容の濃いものであったが、トルコ人の反応を見ていると、どうも後者の話しの方が興味深いようだった。

 前者の話は、聞きようによっては、日本がどれだけ努力をして今日の地位を獲得したかを、聞かせられているようなものである。しかも、それには「貴方の国はこれから30年かかるんですよ。」という内容だ。これでは夢も希望もあるまい。

 二番目の後援者の話に、トルコ人ビジネスマンが興味を引かれたのは、いまトルコが抱えており、そしてこれから直面しようとしている問題について述べたからだ。

 第一の後援者の話は、現実に全く即していない。トルコが高度な部品を独自で造りだし、それを製品化していくには、確かに30年かかるかもしれないが、もしトルコがそれに挑戦するとすれば、膨大な資金と人材、時間が必要となることは誰の目にも明らかであろう。

 そして、もしトルコがこのリスキーなテーマに挑戦しようとすれば、先進工業国は、こぞってトルコの努力を踏み潰しにかかろう。先進工業国には、潤沢な資金と、高レベルの技術者、研究者がおり、これまでの経験も豊富なのだ。

 しかも先端産業の開発と製造には、膨大な資金が必要であり、新規参入者の成功を許すほど甘くはない。

かつて日本がアメリカに学び追いついていけたのは、当時(1950年代から1970年代)アメリカには余裕があったのと、日本に人材が豊富であったことなどによろう。自国内の市場規模や人材、資金力、競合関係など多くの要素が合致して初めて可能なのだ。

 日本がキャッチアップに成功できた理由は、これらの要素に加え、朝鮮動乱、ベトナム戦争という戦争特需、そして中東産油国の油価高騰によって生まれた、産油国の好況特需があったことも忘れてはなるまい。
 現在の世界の生産構造は、先進工業国が高度な部品を開発製造し、中進国や途上国がそれを組み立てて、製品化するという形になっている。

 つまり世界の工業生産が完全に分業化し、それが一体となって製品を生み出す形になっているということだ。

中進国の中の成功者である韓国も、一部の部品開発を除きこの例外ではない。

韓国が輸出する自動車のエンジン部分と電気系統は、ほとんどが日本製なのだが、それはそれで日本韓国相互がうまく機能しているのではないのか。

 日本人が持つ忍耐力、器用さ、勤勉さ、そして高度な教育レベルは、戦前からあったものであり、戦後に培ったものではない。他方、多くの途上国、中進国はそのような要素を持ち合わせていないか少ないのだ。

 日本の成功例を自慢し、それに追いつけというのは、途上国や中進国に対して、今後30年の忍耐を強要し、莫大なリスクを覚悟させ、かつ民族性を変えろといっているのと、等しいのではないか。

 日本がこれらの国々に対して、アドバイスをしていきたいのであれば、世界全体の産業システムをよく理解し、相手の国の実情を冷静に判断し、加えて個別の優位性を見出してあげ、それを伸ばすアドバイスをすることではないのか。 

 これからは、相手国の実情と民族性を研究して、アドバイスすることを心がけるべきであり、これまでのような、ありきたりの「日本成功話」はすでに有効性を失っていると考え、謙虚で相手国にとって実質的な、アドバイスを心がけるべきであろう。

 途上国や中進国がキャッチアップしていこうとするのか、キャッチアップしていけるか否かはそぞれの事情と自助努力によろう 。

 世界の民族について研究し、それぞれの特性を見出し、発展へのアドバイスをしていくためには、民俗学、文化人類学の奨励が必要な時代なのではないか。(東京財団HPより抜粋)

中国が「ウラン備蓄」・・?

 昨今、爆食経済まっしぐらで電力の大幅不足に悩む中国は、原子力発電を推進中でございますが、日本とのウラン争奪戦にあきたらず、今度はウランの溜め込みを図っている模様ですね・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            中国政府、戦略ウラン備蓄を計画=通信社

 中国新聞社によると、中国政府は、原子力産業向けの5カ年計画の一環として、戦略ウラン備蓄を計画している。

 報道によると備蓄は中国産ウランと輸入ウランで構成。発電向けに適切な供給を確保するため、民間の備蓄システムとも関連づけるという。

 中国は原子力プラントの拡張を計画しており、発電能力を現在の10ギガワット以下から2020年までに40ギガワットに増強する方針。

 中国のウラン埋蔵量は比較的限られた規模であるため、中国政府はウラン供給元として海外に目を向けている。ただ、国際市場での価格は現在、1ポンドあたり100ドル前後で、エネルギー源に原子力を利用する国が増えるなか、今後急激に上昇する可能性があると見られている。(大紀元より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 私は、中国のウラン買いあさりは「核兵器増産」が理由だと思ってたのですが、どうやら本当に「発電用ウランが不足」している模様ですね。日本への影響が心配ですが、それよりも中央アジアのウランを確保するために、軍事的手段をとるのではないのかと懸念する此の頃・・・・

なんじゃこりゃーーーーーーーーーーーーー188

 朝鮮日報にて、386スパイ団はやっぱりモノホンだったとの記事が出ていました。以前に比べて量刑が緩すぎますが、お次は本命馬へGOですね、国情院さん・・!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          【社説】やはりスパイだった「一心会」関係者

 ソウル中央地方裁判所は16日、386世代(1990年代に30歳代で80年代に大学に通った60年代生まれの世代)のスパイ組織「一心会」によるスパイ事件で起訴されたチャン・ミンホ、イ・ジョンフン、チェ・ギヨン、ソン・ジョンモク、イ・ジンガンの各容疑者に対し、それぞれ懲役4-9年の実刑判決を言い渡した。


 裁判所は国家保安法に従い、国家機密の探知・収集・伝達(スパイ行為)、北朝鮮工作員との接触・通信という各容疑のほとんどについて有罪との判断を下した。裁判所はまた、被告人らが北朝鮮側に渡した「民主労働党員現況」や「2002年大統領選挙における進歩系陣営の候補一本化推進状況」といった資料を、国家機密とみなした。


 しかし裁判所は一心会の組織自体については「利敵性は認められるものの、特定の上下関係を有する組織とは見受けられない」ことを理由に、「利敵団体」ではないとの判断を示した。


 「一心会」事件は386世代の元運動家で在米韓国人起業家のチャン・ミンホ容疑者が北朝鮮から指図を受け、2002年から学生運動時代の仲間である民主労働党幹部のイ・ジョンフン容疑者やチェ・ギヨン容疑者、学習塾経営者のソン・ジョンモク容疑者、会社員イ・ジンガン容疑者らを抱き込んで「一心会」を結成するとともに、数十件の国家機密を北朝鮮に流したとされる事件だ。


 一方昨年10月、ヨルリン・ウリ党の元議長(代表にあたる)は、国家情報院長が「(一心会事件は)複数の固定スパイが関与した衝撃的な事件」と語った際、「不適切な認識」と非難していた。また同党のある386世代の議員からは「公安機関が組織の存続を図って(事件を)でっち上げたのではないかとの疑惑があり、調査する必要がある」との発言まで飛び出した。


 さらに現職や前職の党幹部が起訴された民主労働党からは一時期「事件は仕組まれたもの」との主張が上がっていた。民主労働党の関係者らは後に裁判所に押しかけては裁判官や検事に対し、「米帝の手先」、「民族の血を吸う寄生虫」といった暴言を吐く騒ぎまで起こした。裁判所の判決は、これらスパイ容疑者らをかばった与党系勢力や民主労働党関係者に対し、強い警告を発したものと見るべきだろう。


 裁判所は判決文の中で、主犯格のチャン・ミンホ容疑者が民主労働党や市民団体などの内部に北朝鮮の路線に同調する組織を作るため、国内の有力者らに粘り強く接触を試みていたことを明らかにした。また裁判所はイ・ジンガン容疑者についても「市民団体の関係者を抱き込もうとしていた」とした。スパイらが第2、第3の「一心会」を立ち上げるため、政界や市民団体を対象に攻勢を仕掛けてきた可能性を認定したのだ。


 公安当局は昨年末、「一心会の傘下に先軍政治同志会、8・25同志会、白頭会など4つの組織があった」とし、これらについても引き続き捜査する構えを見せていた。しかしそれから数カ月が過ぎたにもかかわらず、いまだ当局からこれらについての調査結果は発表されていない。


 裁判所はこの日、「国家の安全と国民の生存・自由を確保するために存在する国家保安法は、今日も依然として規範性を有している」との判断を示した。盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領とヨルリン・ウリ党が声をそろえ、「過去の遺物として博物館行きとすべきだ」とした国家保安法の必要性が、再度確認された出来事だった。(朝鮮日報より抜粋)

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・200

 おっさん、あんた預言を現実化させる気でしょ・・・・・・・・(どこぞのメシア紛いと一緒)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       プーチン政権転覆の動乱、年内にもと 英亡命の富豪

       2007.04.18 Web posted at: 20:23 JST- CNN/REUTERS

モスクワ――英国に亡命中でロシアのプーチン政権を批判する同国の富豪、ボリス・ベレゾフスキー氏は17日、政権が転覆する政治動乱が今年中にも起きると発言した。また、この目的のためプーチン大統領の側近グループとも接触を維持しているとも述べた。


米週刊誌ニューズウィークのロシア版との会見で述べた。ベレゾフスキー氏は先に、プーチン政権打倒のためには武力転覆が必要とする旨の発言を行い、ロシア最高検察庁は刑事捜査の開始を宣言。英政府に身柄送還も求めている。


英政府はこれを受け、同氏に亡命滞在の資格を乱用しないよう警告している。今回の発言はこれを無視した形になっている。


氏はニューズウィーク誌に対し、資金援助するロシア国内のグループの詳細には触れなかったが、大統領の側近グループも含まれると指摘。政治動乱が発生する時期については、「年内に起きるとの思いがある」と述べた。


これに対し、クレムリンの報道官は、「現実離れした自己宣伝の言葉」と一蹴(いっしゅう)。大統領側近グループとの接触については「考えられない」と退けた。


ベレゾフスキー氏は2000年、プーチン政権の誕生と共に英国に亡命し、体制批判を繰り返している。プーチン氏への反発は、前政権への肩入れに対する報復に起因するとされる。ロシアはベレゾフスキー氏の送還を求めたことがあるが、英裁判所はこれを拒否している。 (CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 あんたまさか某機関と連携してるのでは?悪い事は言いません、あそこを当てにするのはやめた方がいいですよ。マイアミのキューバ人&ロス・NYのイラン人社会あたりでは常識ですけどね・・・・(爆笑)

ムッラーの核、「Xデーへのカウントダウン」が始まった・・・・

 ムッラーの核問題ですが、ついに「核武装宣言&核実験」へのカウントダウンが始まりました・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          「イランが地下施設でウラン濃縮開始」とIAEA

         2007.04.19 Web posted at: 16:08 JST- CNN/REUTERS

ウィーン──国際原子力機関(IAEA)は18日、機密文書の中で、イランが地下施設でウラン濃縮を開始したと述べた。イランと国際社会との亀裂は一層深まるとみられている。


文書はハイノネンIAEA事務次長(査察担当)が、イランのソルタニエIAEA担当大使に宛てたもので、3段落から成る。それによると、イランは中部ナタンツの核施設における「産業規模」のウラン濃縮活動の土台作りを加速するため、遠心分離機1300基以上の稼動を開始したとされる。


イランは今月9日、ナタンツの核施設で、地上での限定的な研究活動からウラン濃縮に移行したことを明らかにした。ただ、外交関係者らは懐疑的な見方を表明し、IAEAによる確認まで判断を保留する姿勢を示していた。


文書によると、IAEAの担当官は15─16日にナタンツの施設を査察。その結果、遠心分離機1312基が8つのカスケードに分割されて稼動しており、「多少」のウランが燃料として使われていることが確認された。


イランは来月をめどに遠心分離機3000基の設置を目指している。イランの希望通り、分離機が途中で停止することなく長期稼動した場合、原子爆弾1発の製造に必要なウランを1年以内に入手する可能性も出てくるが、イランがこれまでにそのような作業効率を示したことはない。


文書はこのほか、イラン中部アラックの重水炉原子力発電所について、同国当局が査察団の受け入れを差し止めたことを明らかにしている。アラック原発は現在建設中で、2009年に稼動予定。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 地下施設でウラン濃縮(民需用なら地上の方が経済的)すること自体、鉄板で核武装へまっしぐらなのがミエミエなのに、それに付け加えて「重水型原子炉を査察対象外」 ですか・・・・、有罪確定!

 EU・ロシア・イスラエルさん、どこぞのドへタレ政府と違って根性座ってるのだから、例の作戦とっとと実施したほうがいいかも、そうしないと「きのこ雲が自国領土に発生」することになっちゃうぞ!

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・199

 やっぱりやっていたな・・・・・・・(唖然)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    中国へ寄付した7千万円が流用、中国政府の協力を求める=日本人寄付者

 【大紀元日本4月3日】明報の報道によると、中国で小学校建設のために寄付された7000万円が駐日前中国教育部職員に流用されたことに対して、寄付者・松岡洋明さんは3月下旬、寄付金を追求し、再び北京へ飛び、中国外交部および教育部に対して問題解決を求めたという。松岡さんは中国側からの一部返金の提案を受入れられないとし、中国・温家宝首相が4月に訪日するまでに解決して欲しいと切望した。松岡さんは寄付金を追求するために、2003年よりすでに8度も中国へ渡り、今回が9度目であるという。

 *一部の返金で和解を求められた

 中国に特別な思いをもつ松岡さんは、10年前に中国大陸で「希望小学校」の建設に7000万円を寄付し、当時中国教育部駐日職員の賁永中(ベン・ヨンジョン)夫妻に寄付金を託した。しかし、賁夫妻はその寄付金を自分の上司の息子へ投資のために「貸出した」という。松岡さんは数年掛けて、この寄付金を追求し続けたが、何の結果も得られなかった。同件は2月19日に、香港明報で明らかにされてから、中国側が重視するようになり、北京市海淀区裁判所は、双方を招集し調停を行ったという。

 *温家宝首相の訪日前に解決を望む

 情報筋によると、これまでに賁氏の妻・劉麗芳さんは法廷で、天津大学に投資した一部の借金(約2960万円)を回収する代わりに残金の追求を放棄して欲しいとの条件を提出したという。松岡さんは、先方の提案はまったく受入れられないとし、公正を主張し最後まで戦うと強調した。

 松岡さんは、中国外交部へ直訴した時に、手厚くもてなされた一方、中国教育部側の態度に失望したという。情報筋によると、中国教育部側は当年の貸借行為は、教育部と関係なく、責任はないとした。また、事後、当事者の賁氏に対して行政処分がすでに行われた(しかし、事実上、賁氏は今でも在職している)と主張し、双方は法律手続きを通じて問題を解決すべきだとの見解を示した。

 松岡さんは、賁氏夫妻との問題は単なる金銭トラブルではなく、中国の国際的イメージおよび日中両国の友好関係にかかわると主張している。松岡さんは「中国の温家宝首相が訪日する前に、今回のことが解決できるように、公正と正義を見せて欲しい。自分は中国を愛し、お金は最終的に中国へ学校の建設に寄付するのだ」と強調した。(大紀元より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 あのう、松岡さん。かの国の役人に贈賄・横領をするなというのは「野生動物に便所での排便を強要」するようなものではないでしょうか・・・・・(苦笑)

中川・石破両氏の「率直な発言」を取り上げない、日本マスゴミの存在価値は・・・・

 久しぶりに見た大紀元にて、吾らが同志中川政調会長の率直かつ勇気ある発言が載ってましたのでご紹介いたします。

 それにしても、反日傾向のある韓国マスコミでさえ石破さんの率直な意見を取り上げたのに、その程度の記事も書けない日本マスゴミの見識は如何に・・・・・?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  講演「東アジアにおける日本と台湾の現状及び日台関係の展望」=元農林水産大臣・中川昭一氏

 【大紀元日本4月17日】元農林水産大臣で現与党自民党の政調会長である中川昭一衆議院議員(53)=北海道第11区選出=が15日午後、東京虎ノ門のホテルニューオークラ別館で、日台医師連合の招きにより「東アジアにおける日本と台湾の現状及び日台関係の展望」と題して講演を行い、グローバルな視点と確かなデータを列挙しつつ東アジア情勢の諸問題について語った。

 挨拶の冒頭で中川氏は、日本の終戦末期に連合国側の思惑によって日本が南北に分断され、天皇家が処分されかけた際に、当時の中華民国政府・蒋介石国民党党首によって国難を救われたことを「まず素直に感謝したい」と率直に胸中を表現し、その歴史観を示すとともに、「その流れは現在の台湾に引き継がれている。それが民進党であろうと、(国民党であろうと)関係ない」と台湾を支持する姿勢を示した。

 温家宝首相の来日について、「安倍総理が昨年10月に訪中したことからして、当然だが…日本側の政治のトップが訪中したのに、何故中国側はナンバー3なのか?胡錦涛総書記が訪日して然るべきなのに、外交儀礼としては不当だ。これは王毅・駐日大使に再三注意している」と中国側の外交姿勢を糾弾した。

 また温首相の日本での国会演説について、「(日本側が)絶対にやってはいけないこととして、靖国と台湾を繰り返し挙げていた。替わりに、環境・省エネ・知的財産をやるというが…これは日本側がやるべきことではなく、中国側がWTOの一員として履行すべき責務だ」と指摘した。

 中川氏は、環境問題として「黄砂」を挙げ、「毎年のように中国奥地から黄砂がやってくるが、木を切りっぱなしで植えないからだ」と指摘、さらに「省エネ」では、日本のエネルギー効率を1とすると、中国は10であり、そのエネルギー効率を改善する必要性を指摘、知的財産権では、「中国の経済成長率10%の内、7%は海賊版によるものだ」と斬り捨て、日本の技術は「援助」してもらうものではなく、「特許料を支払って、買っていただきたい。それがWINWIN(宇イン・ウイン)だ」と糾弾した。

 また経済産業相時分のエピソードとして、中共高層幹部の薄熙来商務相が来日した際、「中国の経済発展は、日本の昭和30年代当時と似ている。当時の日本は高度成長期であったが、都市と農村部、大企業と中小企業との格差がそれほど開かなかった。現在の中国は格差社会なので、何か参考になるレポートがあれば融通していただきたい」と持ちかけられ、一旦快諾はしたものの「待てよ・・・共産主義社会は平等社会のはずだが、それがなぜ資本主義社会をモデルにするのか?」と考え込んでしまったという。

 また極東の安全保障問題について、中国の昨年防衛費が18-19%に達し、既に17年連続二桁であることを指摘、「公定レートでは既に日本を追い抜いた」と述べながらも、「公表された数字は4兆5000億円程度だが、実質の三割程度だ。これに含まれるものは、人件費と通常兵器だけで、実際はこれの2-3倍だ。核兵器、戦略爆撃機、原子力潜水艦、研究開発、武器輸入などは含まれていない。これは世界でも権威あるジェーン年鑑の指摘だ」と述べ、「中国の軍事費はすでに(実質的には)ロシアを上回りつつあり、極東で覇道を行きつつある。その矛先はまず台湾、次は沖縄だ」との認識を示した。

 また日本の資源外交は、アフリカ大陸において中共に惨敗している事実を指摘し、「それは、アフリカ諸国が資金の外、武器を必要としており、中共がこれに応えているからだ。日本には武器輸出三原則があり、これはできない相談だ。中共は金の外に武器、人まで付けている政府ぐるみの攻勢だが、日本は業者が行くだけで政府関係者が来ない。もっと形振り構わずにやらねば後塵を拝する」と述べ、今後の日本の武器輸出については再考すべき余地があることを示した。 

 また東シナ海の資源問題について、日本側の資金でもって試掘したのに資源が中国側にもっていかれていた事実について、「三次元探査船で調査したところ、海底で資源がつながっていたことが判り、中国側に抗議するとともに日本の事務方にも気合を入れた」と怒りを口にした。しかしながら、日本の国内法ではまだ東シナ海の資源について実力行使をする議員立法がなく、与党野党に関しない超党派による法案研究が必要だとの認識を示した。

 また日中双方の焦点になりがちな「歴史認識」について、「これは政治家が独自に判断してはいけない。学者、専門家の十分な討論と研究を待つべきだ。政治家が独断で歴史を認識すると、その国は自ら滅びるか、もしくは他国に滅ぼされるかのどちらかだ」との見方を示した。

 日台関係については、安倍首相の「価値観を共有できる国と共に歩んでいきたい」との意向を受け、台湾では乱闘国会こそあるものの、「民主」「人権」「自由」「法治」が確立されており、加えて世界でも有数の親日国でもあることから、日台関係を重視する政治経済界の要人とともにこれの関係強化に尽力していきたいとの意欲を示した。

 また質疑応答で聴衆の一人から、「8月15日の終戦記念日には、安倍総理は靖国参拝していただけるのか」の質問には、「総理は、行くとも、行かないとも言っていない」とやんわりと斬り帰し、「大人」の回答に場内から笑いが起こった。(大紀元より抜粋)

「陸続きの隣国」の強化に手を貸すのは「売国奴的重罪」

 兵頭二十八HPにて、地政学・国際宣伝戦に関する興味深い記事が載ってましたのでご紹介いたします。

 結局は、心の師匠の提言どおり「国際政治でも『国家的意思』次第でなんとでもなる」のですね・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いま売っているはずの『表現者』の寄稿記事の補足をしておこう。

 ふつう、陸上で国境を接する隣国を強くしてやるという選択を、国家は採用しない。ソ連は1950年代に中共の核開発を支援し、途中でこいつはヤバイぞと悟って手を引いたが、1960年代に大いに後悔しているのだ。
 ソ連が、インドやベトナムを梃入れして、シナを挟み撃ちしようとする戦略ならば、合理的である。シナの立場からは、シナからみてソ連の背後に位置するヨーロッパ諸国に強くなってもらえば、好都合だろう。ふつうはそう考える。

 そこでアメリカ政府も、まさかシナ人が、対インドの布石としてであるとはいっても、短いながら接壌する隣国の、それもイスラム大国であるパキスタンに、原爆を持たせるなどというオプションを1980年代に実行するとは、想像しにくかった。
 パキスタンの原爆保有の意味は、〈アメリカ人はシナ人の行動を古い西欧流の地政学によってはほとんど予見できない〉ということだった。が、それを指摘する外国人が誰もいなかったので、こんどは北鮮も核実験してしまった。

 〈シナ人はフツーではない〉という説明をアメリカ人に対してする義務は、日本人が負うていた。ところが日本人はそれをしなかった。否、できなかった。保守派が教育勅語などを賞揚しているあいだは、日本もまたフツーの国ではなく、フツーの考え方ができないのである。フツーの考え方とは、公的な嘘をつくことを恥じることである。公的な約束を破ることを恥じることである。そこからしか「法の下の平等」「法の支配」という近代の考え方は生まれはしない。
 マッカーサー偽憲法は、公的な嘘の塊である。そして教育勅語は、個人や国家の対等を認めないシナ思想である。

 シナ人の古言に「浸潤の譖(そしり)、膚受の愬(うったえ)」を黙過するな、それを明察し、予防し、艾除し、反撃していけ、という教訓がある。
 すこしづつ宣伝され、すこしづつ蓄積されるような悪イメージが、おまえを破滅させるんだよ、というのだ。
 政治とは宣伝であり、宣伝戦には休憩などないんだよと、「聖人」様が教えてくれているのだ。宣伝を休んだ方が負けなのだ。とうぜん、安倍政権には無為無策の責任がある。

 日本はこの逆をやってきた。日本人はシナ人や朝鮮人とはまったく違うのであり、シナ人こそが最も嘘つきでクレイジーなのだという積極的な宣伝をアメリカでいささかも展開せず、逆に、シナ人と日本人は似たようなものではないかと誤解されてもしかたのないような言動を保守派とバカ右翼が反復継続している。瀬戸氏はまたもや〈ユダヤ陰謀論〉を書き込んでいる。つける薬はない。
 するとアメリカ人は日本をどう思うか。ギリシャ的価値観がないという点ではシナ人と差がなく、ユーラシア大陸経営のための戦争能力ではシナにはるかに劣り、将来の市場規模でもシナに劣ると考えるだけだ。

 北京はもちろん、日本人のイメージをシナ人以上に劣悪に見せる宣伝を、世界単位で展開し続ける。そうすることがシナの安全とステイタスの向上につながるからだ。
 「横田めぐみに同情してくれ」という宣伝は、アメリカの大衆にはまったく訴求しない。シナは厚顔無恥な韓国人を手下として「慰安婦」ネタを無尽蔵に繰り出すことで、容易に安倍氏から「拉致カード」の神通力を奪えたのである。「浸潤の譖、膚受の愬」を黙過した迂闊さの責任はまったく安倍内閣じしんにある。

 米国政府高官の間では、北京発の嘘宣伝の真相はほぼ掴まれている。しかし日本政府は、米国の有権者全般をみずから直接にわかりやすく説得し感化しておかないならば、宣伝にも人海戦術を採用するシナとの宣伝戦には別な戦線で必ず負けてしまい、日本の国益は長期的に汚損されるという単純な機序を理解すべきである。

 伊藤貫氏は、アメリカは日本の単独行動を歓迎しないと『表現者』でも断言しているが、この断言は説得的ではない。日清戦争の前も、米英は日本の単独行動を歓迎しなかった(see→『蹇々録』)。しかし、対支戦という行動が起こされてからは、米国大衆は無責任なスポーツ観戦者となったのである。
 「横田めぐみ」が拉致され、まだ生きているという情報をもっているのならば、日本政府は一刻も躊躇せず、単独で北鮮に軍隊を送り、奪回すべきである。米国大衆はそもそも他国間のトラブルに関心は無いが、もし関心を持ったとしたら、とうぜんにそのように考える。そして日本軍に声援を送るであろう。
 この逆に、自国民を拉致されたと騒ぎながら、ほとんど有効な単独行動を起こしていない日本政府と日本の有権者は、アメリカの大衆の目からは、シナ人と同じくらい謎なのである。気概がないのか、人権に価値を見ていないか、どちらかだと疑う。およそ大衆が外国同士の戦争を見る目は、スポーツ観戦と同じであって、ヘタレを応援することは決してない。

 1960年代の前半、もしシナが核武装するなら、日本も安全保障上核武装するのが当然であった。ニクソンはそう考えた。しかし佐藤はヘタレだった。こうなると、シナの対米宣伝が圧倒的に魅力的になる。シナは自国の独立維持のために単独行動できる国だった。気概があった。それは米国大衆の愛する気概でもあった。キッシンジャーはシナと組むことに自己の利益を見出した。「ユダヤの陰謀」とは何の関係もないことだ。(兵頭二十八HP・ ソラ玉(そらだま)のきょうふより抜粋)

海外安全情報・「殺人」も「スパイ」も死刑が必至の重罪ですよ・・・・

 で相次ぐテロ紛いの犯罪の影で、こんな事件がございました・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      スパイで邦人訴追と発表 エジプト検察、核情報入手か '07/4/18

 【カイロ17日共同】エジプト検察当局は十七日、同国原子力庁などのコンピューターに侵入し核開発情報を入手するなど、イスラエルのためのスパイ行為を行ったとして、同原子力庁のエジプト人技術者ムハンマド・サベル容疑者(35)と、日本人男性、アイルランド人男性の計三人を訴追したと発表した。

 検察当局によると、日本人とアイルランド人の二人が香港でサベル容疑者に金品を渡して犯行を依頼、情報を入手した疑いが持たれている。二人は拘束されておらず、検察当局が行方を追っている。

 検察当局者によると、日本人男性は香港在住の四十五歳。氏名は「アイズ・シロウ」あるいは「イズ・シロウ」とみられるが、英語や日本語の資料がなく正確な発音は不明。アイルランド人男性の名はブライアン・ピーター。

 在エジプトの日本大使館は、日本人の訴追について「そういう情報はない」と述べ、事実関係の把握を急いでいる。

 検察当局によると、サベル容疑者は昨年二月から今年二月にかけて、香港など国外で「商社の社員」を自称する二人と接触。現金一万七千ドル(約二百万円)の謝礼と引き換えに、原子力庁などのコンピューターに侵入するための機材を設置したり、原子炉などエジプトの核開発をめぐる秘密文書を提供するなどした。

 イランの核開発を機に、エジプトを含む中東諸国は「平和的な」核開発に踏み出し始めている。スパイ行為が事実とすれば、イスラエルが警戒を強めている可能性がある。

 イスラエル外務省報道官は「報道でしか知らないが、エジプトでは同種の話が頻繁に伝えられ、いずれも根拠がなかったことが判明している」と述べた。(中国新聞より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 素人・玄人のどちらかは不明ですが、もしも素人なら「こんな怖いもの知らず」な事はございません。以前、日本の新聞記者が韓国でスパイ(防衛駐在官に取材した情報を提供)・ヨルダンで爆弾事件(クラスター爆弾の不発弾を持ち込んで空港で爆発させてしまった)なんて事がありましたが、大概の国では「スパイ・公共の場所への爆発物の持ち込み」が、死刑に相当する重罪であることを知らない人が多すぎますね。こういった事件で「アジア人は非常識」の認識が欧米・中東に広まるのは勘弁してください!

 追伸・クライン孝子さんが、この件に関しまして記事を書いてましたのでご紹介いたします。さすがクラインさん、諜報戦の厳しさを、どこぞの政治家・軍人・官僚よりも分かってらっしゃる・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■2007/04/18 (水) 日本はスパイにとって、極楽です(2)

昨日だったかな?

毎日ネットで
<<エジプト:スパイ容疑でエジプト人逮捕 日本人は逃亡中?>>

というのがあり、

エジプト司法当局では、
<<17日、イスラエルのためにスパイ行為を働いたとして
同国原子力エネルギー局のエジプト人技術者を起訴したと発表した>>
と伝え、
ついで、
<<当局は香港在住のイゾ・シローという名の日本人(45)と
アイルランド人の計2人を事件に関与したとして手配している>>

日本人スパイの関与を示唆している。。
さらに

<<当局は今年2月18日に香港からエジプトに戻った被告を
カイロ国際空港で逮捕。
日本人とアイルランド人の2人については、香港で彼らの会社の
ために働いてほしいと被告に持ちかけたとし、
「被告はそれをイスラエル情報機関の関連企業だと理解していた」
とした>>

そこで。
エジプト当局のハシミ・バダウィ検事だが、
日本人について
「スパイ行為の共同謀議とエジプト人に対する贈賄容疑で手配されて
おり、逮捕・訴追された場合は最長15年の収監になる」と語った。

きっと日本人が聞いたら、おったまげるのではないかな。
日本では、大物・小物といえど上は政治家、官僚、
ジャーナリストから下は小役人や
庶民に至るまで、「スパイ防止法」がないために、
野放しになっているせいで、スパイや工作員に対して
実に甘い!

言葉巧みにごまかせば、つい、催眠術に掛かったかのごとく
信じて込んでしまい、
国を平気で揺るがすような行為でも、本人が何とかかとか理屈を
こねていいのがれてしまえば、見逃してしまう。

日本って、本当!
スパイやなりすましにとって、極楽であります。

(クライン孝子HPより抜粋)

なんじゃこりゃーーーーーーーーーーーーー187

 朝鮮日報に、日本の改憲は「国民の44.5%が反対」との記事が出てましたが、裏を返せば「55.5%が賛成」って事では・・・(爆笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       日本国民の44.5%「平和憲法の改正は不要」=共同通信

 日本の安倍政権が任期中の憲法改正を目標とし、改憲手続きのための国民投票法案を衆議院で通過させるなど、改憲に向けた動きを具体化している中、改憲に対する日本国民の支持が57%と、2005年に比べ小幅減少した結果となった、と共同通信が16日報じた。


 共同通信が今月14日と15日に独自に実施した全国電話世論調査によれば、憲法改正に賛成が57%、反対が34.5%となり、05年4月の調査結果(賛成61.0%、反対29.8%)に比べ、賛成が減り、反対が増えたことが分かった。


 特に、いわゆる「平和憲法」の核心的な条文である戦争放棄と戦力不保持を規定した憲法9条の改正については、「改正する必要がない」との回答が44.5%に達し、「改正する必要がある」との回答(26.0%)を大きく上回った。


 共同通信はこうした調査結果について、改憲が具体化するにつれ、慎重に検討すべきとの世論が高まっているためと分析した。


 一方、安倍内閣に対する支持率は44.2%と3月調査時よりも4.3%上昇、昨年10月以来下降傾向が続いていた支持率が上昇に転じたことが分かった。(朝鮮日報より抜粋)

人間と車が「穀物争奪戦」を行なうのは愚の骨頂!

 代替エネルギー問題に関しまして、昨今注目されるバイオエタノール燃料ですが、昨日この問題を取り上げた「NHK・クローズアップ現代」の感想を、大石英司・清谷信一両氏が書いてましたのでご紹介いたします。

 実際問題、日本が国策としてバイオエタノール技術の開発を推し進める際、「食用以外の植物・廃物利用」を中心に据えるのが、食料・環境問題の観点からも「世界に貢献」しゆるのではないでしょうか・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     ※ 穀物が消える?人vs車争奪戦 クローズアップ現代

 菜種が商品になる時代が来るなんてねぇ。うちの田舎も私が育った頃は、丁度今頃ですよね。油菜が開花する。菜種梅雨という言葉にそれを残した。

 一面の菜種畑の中を学校に通った記憶がありますが。あれは畑の肥料代わりに植えていたんですかね。何かそんな理由だったように記憶していますが。鹿児島では、早くから菜種油原料のエコバスとか試験運行していたんですよね。

 鹿児島の絵葉書というと、菜種畑の向こうに開聞岳が見える写真なんて定番でしたが。

 番組によると、今年、マーガリンが1割上昇。サラダ油の原料の菜種の99パーセントが輸入で、この1年間に、その価格は1.5倍に高騰した。
 日本は国内消費トウモロコシの9割をアメリカに依存しているけれど、ある酪農家では年間80万円、飼料代が上がる見込みで、ヘッジファンドも雪崩れ込んで、この価格高騰は当分続く見込みらしい。
 で、ヨーロッパは菜種原料のバイオディーゼルが主流で、アメリカはトウモロコシ原料のバイオエタノールが主流なわけですね。

これがアメリカのある農家は、トウモロコシを植え続けると土地が痩せるので、2年間トウモロコシを栽培したら、翌年は大豆に切り替えて畑を休ませることにしていたのに、遺伝子組み換えトウモロコシの登場で、土地を休ませることなく収穫アップが可能になって、非遺伝子組み換え飼料が売りだった日本の生協が困っているという話もありました。

 当然アメリカでは、大豆の作付けが減っている。トウモロコシの作付けが15パーセント増え、大豆の作付けが11パーセント減っている。結果、大豆が品薄になって、大豆も値上がりする。

 丸紅の専門家が番組に出てきて、価格が上がったことで、国内で出来なかったことも出来るようになった、これからは日本農業も復権するんじゃないか? みたいなニュアンスで喋っていたけれど。

 白人というのも困りもんですよね。ことが環境となるとすぐ突っ走る。

 ただわが国は、原油の輸入元にしても、結局は中東依存を脱却できなかったし、日本て国は資源安保となると、手を抜くんですよね。国に農協政策はあっても農業政策は無かったし。

 ただアメリカの農家って、10年以上前からパソコンを導入して、毎日価格動向をチェックして、農家個々人がビジネスとして農業を捉えているけれど、日本の場合、農業とか、アグリ・ビジネスとかじゃなくて、未だに「農民」感覚なんですよね。これが劇的に変わる時代が果たして来るのか。(大石英司の代替空港より抜粋)


       バイオエタノールはメジャーなエネルギーソースにならない


 と、ぼくは思います。サトウキビの絞りかすやら余ったワイン、とれすぎて値崩れしたイモなんぞを原料にするならば、これは健全だと思います。

 ですが、わざわざそのためにトウモロコシやら食用の作物を栽培して燃料用するというのはどうでしょうか。
 まず、将来地球全体でトウモロコシを食料業界と燃料業界で奪い合うようになるのではないでしょうか。
 地球上で飢えているが人間がいっぱいいるといっても問題は絶対量の不足ではなく、偏在である。例えば我が国なんぞでは実際のに食べる用の何割か分という大量の食品が廃棄されている。それが問題であって作物の燃料利用の本質的な問題ではない、という意見もあるでしょう。
 
 また現在多くの穀物が家畜の飼料になって、それが肉やら乳製品やらに形を変えているわけで問題ないじゃないかという考え方もあるでしょう。だったら、家畜に飼料を食わせずに、そのまま穀物を喰った方が「エコライフ」だ、肉を喰うのを止めてしまえ、その分をバイオエタノールに回せばいいという考え方もできるでしょう。

  
 これららの問題と食用の作物をバイオエタノールに使用するこことの合理性と、倫理性の整合性は考えるべきでしょう。

 それとは別の問題もあります。これらの作物を作るために、大豆やら牧場をつくるためにアマゾンの森林を焼き払って、畑にしちゃようなことを平気でやる業者が出てくるでしょう。

 となれば、「地球に優しい」燃料とことにはなりません。その場合、単に燃料の多様化が進むだけ、ということになります。

 なんでもかんでも「地球に優しい」とか「エコ」とラベルを貼って商売にネタにするのはどうかと思います。
 寧ろ、食用油の廃油などある程度定量的に入手可能な各種の廃棄物のリサイクルをシステムとして構築するほうが正しいのではないでしょうか。

 バイオエタノールはあくまで廃物の有効利用に止めるべきではないでしょうか。
 親が昭和一桁世代なものでしょうか、食い物を燃やして自動車を走らせるというのはなんだか罰当たりなような気がします。(魁!清谷防衛経済研究所より抜粋)

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・198

 わが心の師匠も著書にて書いてましたが、明治維新の遺恨がまだ残ってるらしいですね・・・・(唖然)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      長州VS会津 今だに残る恨み 安倍首相が「おわび」 2007/4/16

「先輩がご迷惑をおかけしたことをおわびしなければいけない」。安倍晋三首相が2007年4月14日、こう発言した。場所は福島県会津若松市。参院福島補選の応援演説の中で述べた。今から約140年前の幕末期、長州藩(山口県)などの新政府軍と旧幕府軍側の会津藩との戊辰戦争を意識したものだ。安倍首相は山口県出身。官軍に対する強烈な恨みが今も生き続ける土地柄ならではのあいさつだった。

           元会津若松市長は「よく言ってくれた」

 14日夕のニュースで安倍首相の発言を知った元会津若松市長、早川広中さん(71)は「よく言ってくれたと思った」という。現在は地元で「白虎隊記念館」の理事長を勤め、白虎隊に関する著書もある。「当然の発言。もっと早く言ってほしかったくらいだ」との思いも頭をよぎった。早川さんによると、「長州への恨みは戊辰戦争だけではない」と指摘する。「明治維新以降も長州閥の高官が会津出身者の登用を妨害するなど長い経緯が積もり積もった問題だ」という。

市長時代の1988年ごろ、山口県萩市(旧長州藩城下町)から姉妹都市を結ぼうという提案があり、一部の会津若松市議らが準備を進めたが、当時50歳以上の人を中心に「とんでもない」という批判が出て中止したという。現在では「若い人の中にはもう(許して)いいのでは、という人もいますよ」

では若い人はどうか。会津若松市の市役所の30代、40代の数人に話を聞いてみた。「こだわりはないですね。(首相発言も)特に感想はない」という人がいる一方、「大人の態度としていつまでも言い募るのはよくない、と表向きは言っていますが、実は親や祖父母から聞かされた恨み話がしみついているという部分もある」となかなか複雑な感情があることを明かす人もいた。

また、市役所の別の職員によると、市長が県外の会合に出かける際に山口県内の首長と同席予定がある場合、主催者側の自治体関係者から「同席になって大丈夫でしょうか」などの問い合わせがあることも珍しくないという。「時間差で(2人の市長が)入れ違いになるよう調整してくれる自治体もある」と周囲から気を使われているそうだ。1996年、萩市長が市民劇団の招きに応じ、初めて会津若松市を「非公式」に訪れ、翌年会津若松市長が「答礼」として萩市を訪問した。出迎えの場面では握手した2人だが、記者会見の場で握手を求められると、会津若松市長は「(和解として)ニュースで流れるには時間が必要だ」と応じなかった、というのは今でも語り草となっている。

            「山口県民には違和感を持つ人もいるかも」

一方の山口県側の反応はどうか。2006年9月に発足した「長州と会津の友好を考える会」の山本貞寿代表(68)。20年以上地元の萩市で友好活動に取り組み、今回全県組織にした。「ほう、そんな発言をしましたか」。山本さんは安倍首相発言を知らなかった。山本さんは長年会津若松市へ通い、「友人も何人もできた」と話すが「今でも基本的に厳しい態度の人は多い」と肌で感じている。一方で「これまで私は謝罪とか和解とかは口に出していない」ともいう。「互いに悪いところを言い募るのではなく、良かったところをもっと見てほしい」と活動を進め、少しずつではあるが理解の広がりを感じるという。

山本さんは安倍首相発言について、「戊辰戦争だけでなく、その後の歴史を含めどこまでご存知でそういう発言をされたのかな、とは思う」という。自身は批判的な気持ちはないというが、「(山口)県民の中には違和感を持つ人もいるかもしれませんね」と話した。なかなか歴史を語り考えるのは難しい問題のようだ。(J・CASTより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 歴史問題はこういう形での解決(?)が望ましいのかもしれません・・・(苦笑)

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・197

 これは当然の主張でしょう。米国の「チェック・アンド・バランス」には本当に感心いたします、日本・特アも見習いものですね・・・・(苦笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      慰安婦決議案「予期せぬ負の結果招く」 ナカノ氏反対


 【ワシントン=古森義久】カリフォルニア州の日系米国人社会の有力指導者ジョージ・ナカノ前同州議会議員はこのほど産経新聞のインタビューに応じて米国下院に同州選出のマイク・ホンダ議員が提出した慰安婦問題での日本糾弾決議案への反対を表明した。

 1999年から2005年までカリフォルニア州議会議員を務めたナカノ氏は99年に同じ州議員だったマイク・ホンダ氏が同州議会に提出した日本糾弾決議案にも反対した経緯がある。同決議案は日本による米兵捕虜の虐待、南京での虐殺、慰安婦問題などをあげ、日本政府に謝罪と賠償を求めるという内容だった。当時、中国系反日団体の「世界抗日戦争史実維護連合会」と緊密に協力しあったホンダ氏に対し、ナカノ氏は公開の場で何度も反対論を述べ、日系社会の内紛ともなり、長老格のダニエル・イノウエ上院議員がナカノ氏の立場を支持する形で介入を図ったこともある。

 ナカノ氏は今回の連邦議会に出た慰安婦決議案について産経新聞との電話インタビューで「この種の問題で日本側は十分な謝罪を述べていないのかもしれないが、日系米国人が日本政府についてあれこれ抗議する、あるいは中国系米国人が中国政府に対してなにか述べる、という言動は予期せぬ負の結果を招きかねないので、反対だ」と述べた。

 ナカノ氏はその「予期せぬ負の結果」について「アジア系米国人がアジアの問題にばかりかかわっていると、一般から私たちアジア系は真の米国人ではなくアジア系の外国人と誤認されてしまう恐れがあることだ。ドイツ系米国人がドイツの問題を論じても、そうした誤認は起きない」と語り、米国社会でのアジア系米国人への微妙な認識を強調した。ナカノ氏はその種の誤認の実例として1999年に表面化した中国系米国人学者のロスアラモス研究所での核兵器機密スパイ疑惑をあげ、この学者が米国人なのにアジア系という理由で外国人のように扱われたことを指摘した。

 ナカノ氏はさらにホンダ慰安婦決議案への反対の理由として「日本の慰安婦は確かに非だろうが、いまの世界には他にも無数の非がある。たとえばチベットでの人権抑圧はどうなのか。そうした現状で過去の一事例だけを拡大して追及することは均衡を欠く」と述べた。

 ナカノ氏はまたホンダ氏が州議会議員当時から現在にいたるまで一貫して、慰安婦問題や南京事件など歴史上の案件で日本を糾弾している理由について「それはホンダ氏の選挙キャンペーンでの政治献金の問題だ」と述べ、中国系団体から集中的な政治献金を受けてきたことがホンダ氏の日本糾弾決議案提出の動因であることを示唆した。

 ナカノ氏はホンダ議員が世界抗日戦争史実維護連合会など中国系団体幹部から多額の政治献金を受けていることを知っていることを認め、「しかしこの日本非難決議案との関連ではこの献金の実態は米国内では一般にはまったく知らされていない」と語った。

■ジョージ・ナカノ 1935年、ロサンゼルス生まれ、幼児期に日系人収容所生活を4年近く体験した。1977年にカリフォルニア州立大学大学院修了後、高校の教員、校長を経て80年から94年までトランス市会議員、99年から2005年までカリフォルニア州議会議員(民主党)、各種の民主党系や日系の団体多数の指導者を務める。(産経より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 野蛮の世紀・SHOW DOWNでも同じ主張がなされていましたが、現在に目を向けずに過去にとらわれる特アと日本・EUの似非知識人には怒りを覚える此の頃・・・(憤然)

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・196

 DAKのマークの件はまだ許せますが・・・・(唖然)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドイツ軍:「敵は黒人」と銃撃訓練 映像流出、米で反発

 ドイツ連邦軍の教官が兵士に対し「敵は(米ニューヨーク市)ブロンクスの黒人だと思って撃て」と指示する場面が写ったビデオ映像が14日、ドイツのテレビで放映され、同国国防省が内部調査を始めた。

 AP通信によると、米国の黒人運動家シャープトン師は「アフリカ系米国人への極めて人種差別的な侮辱だ」と反発、ドイツ軍への批判が高まりそうだ。

 ニュース専門テレビNTVが放映した映像は、教官が「ここはブロンクスだ。3人のアフリカ系米国人が車から飛び出し君の母を侮辱している。行け」と命令。兵士が機関銃で撃つ場面が続いている。

 映像は昨年7月にドイツ国内の陸軍施設で撮影されたもので、インターネットの映像交換サイトに流出して存在が分かったという。

 ドイツでは昨年、アフガニスタン駐留のドイツ兵が人間の頭蓋(ずがい)骨を手にポーズを取っている写真が暴露されたほか、人種差別を背景とした黒人などへの襲撃事件も増加傾向にある。(毎日より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 日本とはえらい違いですね。ホントに「歴史を反省」してるのでしょうか・・・・(爆笑)

自衛隊は「諜報的ハダカ踊り」が得意・11

 中国妻イージススパイ事件ですが、ようやく捜査が本格化した模様ですね・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    イージス艦事件、ファイル提供の3曹宅を強制捜査 4月16日3時7分配信 読売新聞

 海上自衛隊第1護衛隊群の2等海曹(33)がイージス艦情報を持ち出した事件で、神奈川県警と海自警務隊が、2曹に情報ファイルを提供した3等海曹(30)の自宅を、日米相互防衛援助協定に伴う秘密保護法違反容疑で捜索したことが15日、分かった。

 県警などは流出した情報が同協定に基づく「特別防衛秘密」にあたると判断した。

 この事件での強制捜査は初めて。同法は1954年に施行されたが、同法違反容疑での強制捜査は極めて異例。

 捜査当局によると、捜索を受けたのは、横須賀地方隊の護衛艦「しらゆき」で勤務する3曹の横須賀市内の自宅マンション。パソコンのほか、ハードディスクなど複数の記録媒体が押収され、県警と海自が内容の解析を進めている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 警務隊と公安の共同捜査体制の確立・スパイ防止法の制定に寄与する「ある種慶事」ではありますが、如何前「諸外国(サヨクの好きな国家ででも)では常識以前の措置・立法」が出来なかった政府・司法の怠慢には怒りしか感じませんね・・・・

 追伸・ hiromichit1013さんの記事に「日本人が米国の機密を漏洩」した場合の刑罰が載ってましたのでご紹介いたします。国内の機密を漏洩しても「精々半年、しかも執行猶予あり」とは偉い違いですね。せめて戦前並みに「死刑~仮釈なしの禁固」にして欲しい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 1・日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法第3条は、
     特別防衛秘密を探知・収集した場合、10年以下の懲役
            漏洩した場合、5年以下の懲役

 2・日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法第4条は、
     特別防衛秘密を業務上過失漏洩した場合、2年以下の禁固又は5万円以下の罰金
            過失漏洩した場合、1年以下の禁固又は3万円以下の罰金

 3・日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法第5条は、
     特別防衛秘密を陰謀した場合、5年以下の懲役
            漏洩陰謀した場合、3年以下の懲役
            探知・収集教唆した場合、5年以下の懲役
            漏洩教唆煽動した場合、5年以下の懲役

なんじゃこりゃーーーーーーーーーーーーー186

 中央日報にて、国軍捕虜問題に関する信じられない記事が載ってました。命がけで闘った兵士達でさえこれですからね。一般人は問題外?(激怒)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      <南北赤十字会談>国軍捕虜を国軍捕虜と呼べないという統一部

政府が「国軍捕虜・拉北者」という用語を使わないことにしはじめた。

13日まで金剛山(クムガンサン)で行われた第8次南北赤十字会談がきっかけとなった。この会談で北朝鮮は「国軍捕虜のような用語をずっと使いながら会談進行は難しい」と批判した。その直後、政府の態度が変わったのだ。たちまち「北朝鮮ご機嫌伺いの極致」という批判が起こっている。

◆李長官「用語統一した」=13日、国会統一外交通商委に出席した李禎在(イ・ジョンジェ)統一部長官は、赤十字会談の結果を報告し「戦争の時期とその後の消息がわからなくなった人々の生死や住所の確認を北側と協議、解決することにした」と述べた。国軍捕虜・拉北者という言葉の代わりにこうした表現を使うと「どうしてまともな主張ができず北朝鮮の要求に従うのか」(キム・ヨンガプ議員)、「我々は本当に統一部なのか」(キム・グァンウォン議員)などハンナラ党からの批判が聞かれた。

会談南側首席代表であるチャン・ソクチュン事務総長もこの日のマスコミブリーフィングで、国軍捕虜・拉北者という言葉を使わなかった。統一部が配布した会談結果の説明資料も同じだ。

李禎在長官は「この問題は第18次長官級会談で南北間用語統一をした」と主張した。しかし、対北協議に関与した関係者は「戦争の時期とその後の行方不明者という表現は、北朝鮮が国軍捕虜などの存在を認めないようにし、苦肉の策として合意文書に盛り込んだもの」とし「これを国会報告や国民への説明にそのまま使えば批判される可能性がある」と言った。

◆対北支援には拍車=北朝鮮は国軍捕虜・拉北者と南韓家族の再会を本格推進しようという南側の提案を拒否した。各100家族が会う離散再会時、5人ほど含んで会う現在の方式にしようという主張だ。

会談が成果なく終わると政府の戦略不在を叱咤する声が出ている。昨年2月、7次赤十字会談で「戦争とその後の行方不明者」に対する生死確認に北朝鮮が合意した点を挙げ楽観しすぎて会談に失敗したという指摘だ。政府は「離散家族交流拡大と多様化が会談の成果」だとした報道資料を出した。しかし内幕は違う。すでに合意された5月の再会のほかに秋夕(チュソク、中秋9月25日) 再会に合意したというが、例年の水準(年間2~3回)にすぎない。年間6回を要求した南側提案とは隔たりがある。映像レターも南北各20家族にとどまり、画像再会も2度だけだ。北朝鮮は体制に負担が少ない画像再会、映像レターなど非接触方式を増やしたい雰囲気だ。

しかし政府は北朝鮮が要求した数百億ウォン規模の平壌(ピョンヤン)赤十字病院現代化支援に合意した。また統一部はこの日、42の対北支援民間団体に117億ウォン(約15億円)を与えることにするなど150億9000万ウォンの南北協力基金を使うと発表した。

また李禎在長官は国会で「南北間の航空便往来がだんだん無くなった状況であり、これからは南北間定期航路を開設してもよいだろう」と言った。また「特別措置がないとしても航空便を利用した道を早い時期に用意する」とし「長官級会談でも定期航路を開設しようと(北側に)要求したことがある」と明らかにし、南北政府間に定期航路開設問題が論議されていることを示唆した。 (中央日報より抜粋)

プーチン=朴正熙?

 ソフトな独裁・富国強兵路線でおなじみのプーチン政権ですが、同じ路線を歩んだ朴正熙大統領と類似しつつあるようですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  『反プーチン』デモ活動家ら300人拘束 モスクワでロシア当局 2007年4月15日 朝刊

 【モスクワ=常盤伸】モスクワで十四日、大規模な反プーチン政権デモを行おうとした反体制指導者でチェスの元世界王者カスパロフ氏や野党活動家らが拘束された。治安当局者によると、拘束者は三百人以上。

 反政権派の連合体「もう一つのロシア」の主催で、中心部プーシキン広場から約二キロ離れたツルゲーネフ広場まで五千人規模のデモを予定していたが、約九千人の治安部隊がプーシキン広場周辺を封鎖。カスパロフ氏は路上で拘束、同広場に集まった市民らも、次々に警察車両に連行された。

 取材中の毎日新聞記者が警官に棒で殴られ、頭に軽傷を負った。ロイター通信のカメラマンなどは一時、拘束された。

 一方、カシヤノフ元首相や日系女性政治家ハカマダ元議員ら約千人はツルゲーネフ広場で集会を行い、プーチン大統領退陣や公正な選挙の実施などを要求した。カシヤノフ氏は「選挙で勝利し国の路線を変えよう」と呼びかけた。

 十五日にはロシア第二の都市サンクトペテルブルクでリベラル派野党ヤブロコも加わった反政府集会が予定される。カスパロフ氏は十二月の下院選挙を前に、反政権諸勢力の統合を呼びかけている。(東京新聞より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 私個人はプーチンは「ロシアのドゴール・朴正熙」として、ロシアを「名実共に列強の座に復帰」させた手腕はかなり評価しているのですが、ドゴールのように「民主制を尊重」せずに、朴正熙のように「責任感ゆえに独裁者の道」と突き進むのはロシア・世界にとって脅威ではないでしょうか?

「諜報戦」の世界では、陸海軍は逆転の評価

 相次ぐ自衛隊の『諜報的ハダカ踊り』や、日本版NSC・内閣情報庁構想などで、日本人が諜報戦に関心を持つ昨今ですが、ある意味「情報戦での敗北=国家の消滅危機」へとつながった戦前の日本諜報システムに関する興味深い書籍を購入いたしました・・・


 この本の興味深い部分をピックアップいたしますと

 1・世間一般のイメージとは違い、こと諜報・防諜戦に関しては陸軍に一日の長があった

 2・陸軍の暗号解読・ジギントはかなりのレベルで、米英・中国・ソ連の暗号をかなりのレベルで解読し、自身の暗号は終戦間際まで解読されず

 3・陸軍中野学校の授業にて、国体学(吉原正巳教官)の授業があったが、これがモラル教育として「買収・ハニートラップ」対策にとても有効だった

 と言ったもので、特に陸軍が通信情報を利用して勝利(第一次上海事変では、中国軍空爆を察知して先制攻撃作戦を決行・昭和16年の中原会戦では、傍受情報を元に逆情報工作を仕掛け、4倍の中国軍に勝利)したケースがかなりあったそうで、陸軍に関するイメージがかなり変わったのですね。


 最後に、著者が結論として「日本が諜報戦で敗北した6つの要因」を述べられていたのですが、これは現代でも十分通用する結論なんですよね。諸葛孔明にも見抜かれるぐらいの「情報戦オンチ」は日本民族の宿唖・・・(愕然)

 1・組織化されないインテリジェンス活動

 2・情報部の地位の低さ

 3・防諜の不徹底

 4・近視眼的な情報運用・活用

 5・情報集約・分析機関の不在とセクショナリズム

 6・国家戦略の欠如による「情報のリクエスト」の不在

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・195

 インドのミサイル実験が思いもがけない影響をもたらしたようですね・・・(爆笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        ガルーダ機2機が引き返す、インドのミサイル実験受け

        2007.04.14 Web posted at: 15:42 JST- CNN/REUTERS

ジャカルタ――インドネシア外務省報道官は13日、インドが同国東部の海岸部で12日に実施した核弾頭搭載可能な新型中距離弾道ミサイル「アグニ3」の発射実験で、サウジアラビアに向かいインド上空などを飛行していた国営ガルーダ航空の2便が不測の事態を回避するため、ジャカルタへの帰還を強いられたと述べた。


インドネシア外務省によると、ジャカルタ駐在のインド大使を呼び、説明を求める方針。インドネシアのコンパス紙によると、ガルーダ航空はミサイル実験について事前の連絡を受けていなかったという。


引き返したガルーダ航空機はサウジのジッダ、リヤドへ飛行中だった。スリランカ、インド領空に進入していたが、安全運航のためジャカルタへ帰還した。


2機の飛行ルートと、実験のミサイル軌道との距離などは不明。ミサイル実験は、インド東部オリッサ州で実施された。


インドネシア外務省によると、ミサイル実験などに関する事前連絡は通常、国際航空運送協会(IATA)や国際民間航空機関(ICAO)を通じて入手出来るという。 (CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 インドは某将軍様ワールドと違って「事前通告はしっかりとやる」方ですから、これはインドネシアの確認ミス?(苦笑)

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・194

 かの「ピッグス湾事件」より成功率低そう・・・・・・・(苦笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        プーチン政権の武力転覆を計画と 亡命中のロシア人政商

        2007.04.13 Web posted at: 16:35 JST- REUTERS

ロンドン(ロイター) 13日付の英紙ガーディアンは、英国に亡命中のロシア人政商、ボリス・ベレゾフスキー氏が、武力によるプーチン政権転覆を図っていると述べたインタビュー記事を掲載した。

ベレゾフスキー氏は、これまでもプーチン大統領に対し、激しい批判を繰り返してきた。インタビューの中では「ロシアの政権を変える必要があるが、民主選挙では不可能だ。武力と圧力なしでは、いかなる変化も起き得ない」と述べている。革命を計画しているのかとの質問には、「まさにそうだ」と答えた。

ベレゾフスキー氏はまた、ロシア政界の一部有力者らと連絡を取り合い、プーチン大統領が「民主的改革を破壊して中央集権化を進め、ロシア憲法を侵害している」との意見で一致していると語ったが、「命に危険が及ぶ恐れがある」として、相手の名前は明かさなかった。同氏はこうした相手に「経験とイデオロギー」を提供するとともに、「主として資金面の支援を進めている」という。

一方、ロシアのぺスコフ大統領報道官は「わが国の法律の下では、この発言は犯罪だ」と不快感を示し、「ロシア政権の武力転覆を図るような人物に、英政府が亡命を認めないことを望む」と述べた。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 エリツィン時代にあこぎな商売でロシアを食い物にしてきたあなた方よりは、プーチンの方がよほど愛国者では・・・・・・(苦笑)

サンキュー・インディア!

 共に「中国の脅威」に悩む日印両国ですが、対応にはえらい違いがございますね・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        インド、新型ミサイル発射に成功 中国の一部都市も射程

 インドは12日、核弾頭搭載可能な新型中距離弾道ミサイル「アグニ3」の発射実験を東部オリッサ州ウィーラー島の実験場で行った。同ミサイルの発射実験は昨年7月に失敗しているが、同国国防省は今回の実験は成功したと発表した。発表によると射程は3000キロ以上。南アジア全域のほか中国の一部主要都市も射程に収めるが「配備地点を考えると北京に届くかどうか微妙」(軍事筋)という。(産経より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 結局「力には力」なんですよ。インドの核武装は「対日向け核ミサイルを少しでも削減」してくれるありがたい好意なんですよね。そのお返しに日本でも誰かボランティアで核武装してくれれば最高ですね・・

なんじゃこりゃーーーーーーーーーーーーー185

 日米豪枢軸が本格始動(祝)したとの記事を、中央日報からご紹介いたします。

 これをきっかけに日豪がNATOに正式加盟出来れば幸いです。(多極化時代を睨んでも、この枢軸は極めて有効では?)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           韓国除いて「アジア太平洋安保連帯」発足

米国と日本、オーストラリアが12日、東京で3カ国の外交・国防部局長らが出席する会議を開く。

先月、安倍晋三日本首相とジョン・ハワードオーストラリア首相が署名した「安全保障共同宣言」以後、日米豪で構成されたアジア・太平洋地域の安保三角連帯発足を知らせる初の実務会同だ。

日本では外務省の西宮伸一北米局長と防衛省の大古和雄防衛政策局長が、米国からはジェイムズ・シーン国防省次官補代理、オーストラリアからはノーブル国防省次官補らが出席して北朝鮮情勢など地域安保問題を論議する。

日本が米国以外の国と外交・国防当局者会議を開くのは初めてだ。日本メディアによると今回の会議では▽米軍と日本自衛隊にオーストラリア軍が新たに参加する共同訓練▽敵の弾道ミサイルを要撃するミサイル防衛(MD)システムの補強に関する協力案--などを協議する予定だ。

◆アジア太平洋地域安保三角連帯発足=2月に日本を訪問したチェイニー米国副大統領は米海軍が駐屯している横須賀基地を訪問した。チェイニー副大統領が日米の幹部たちと異例的に同席したのだ。当時出席した日本軍の関係者は「海自のインド洋派遣と陸上・航空自衛隊のイラク派遣、テロとの戦争をめぐる日米連帯を強調するため」と説明した。

そして3週間後、日本を訪問したハワード・オーストラリア首相は安倍首相と両国間の安保共同宣言に署名した。両国の共同宣言に先立ってブッシュ米大統領とハワード首相が「日本の地域内の役割拡大が米国・オーストラリアと地域利益に符合する」という意を交換したということだ。

オーストラリア軍と日本自衛隊はすでにカンボジア、東ティモール、アフガニスタンなどの国家再建事業で協力関係を構築、イラク陸上自衛隊の治安維持をオーストラリア軍が担当している。1990年代後半以降、軍事親善訓練も12回行っている。これまでになく強い日米豪同盟関係が自然に三角連帯に発展したのだ。

◆中国牽制のための布石=3カ国はすべて今回の会議が「中国牽制」のためだという一部の見方をかたくなに否認している。ブッシュ大統領も「戦闘を念頭に置いたのではない。災難などに3国軍が協力できる態勢を作っておく」という見解を明らかにした。

しかし専門家たちは過去、日米豪など域内両者同盟を通じてソ連を牽制してきた米国が、今度は中国牽制のためにその枠を3国同盟に発展させていると分析している。日本の朝日新聞も「米国の目標は軍事、経済的に急成長する中国を牽制し、民主主義、自由、・人権などの価値をアジア太平洋地域に定着させる」と言及した。

日本とオーストラリアも中国の軍事的脅威を意識している。中国は今年の初め、地上の弾道ミサイルで859キロ上空の衛星を要撃する実験に成功し、海洋調査船で日本の排他的経済水域(EZZ)を侵犯した。何より中国が軍事費を19年連続2けた増やして政治に続き軍事大国に成長している現実が最大の刺激になった。

中国は3国の動きに敏感に反応している。環球時報は3国連帯に対し「これから中国の国家安全を脅かすアジア版北大西洋条約機構(NATO)」と非難した。 (中央日報より抜粋)

なんじゃこりゃーーーーーーーーーーーーー184

 以前から散々指摘してきた「東北工程の行き着く先」に関する記事を朝鮮日報よりご紹介いたします。

 いくら「日中の雪解け」を某国首相が強調したって、その返す先でこんな動きしていると、古の唐王朝の征服戦略を髣髴とさせる?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

         【社説】中国が北朝鮮の資源・市場を飲み込んでいる

 産業銀行の傘下機関である産銀経済研究所は「中国の対北朝鮮投資動向分析」を発表するとともに、「中国の対北朝鮮投資が拡大するにつれ、北朝鮮経済における中国の影響力が拡大している」とし、何らかの対策が必要であるとの見方を示した。


 北朝鮮に対する外国からの直接投資額のうち、中国資本が占める割合は、2002年の時点では4.6%だったのが、2005年には43.7%に急増した。投資額の規模で見ても、当初の150万ドル(約1億8000万円)からほぼ10倍に増えている。さらに非公開の経路を通じて北朝鮮に投資された中国の資本は、この額を大きく上回るものと推測されている。


 注目すべきは中国からの投資の70%が鉄、銅、モリブデンといった鉱物開発に集中している点だ。代表的なケースとして、中国が茂山鉄鉱開発に70万人民元を投資し、その対価として50年間の採掘権を手に入れた例が上げられる。羅津港の拡張事業に3000万ユーロ(約48億1000万円)を投資して50年間に及ぶ埠頭(ふとう)運営権を確保したのをはじめ、鉱物運搬用の埠頭や道路への投資も目立つ。


 鉱物資源はミサイルなど大量破壊兵器を除けば、北朝鮮が世界市場に出荷できるほぼ唯一の輸出商品と言える。その鉱物資源も中国が50年間も掘り続ければ、完全に枯渇してしまうことだろう。


 正当な対価を受け取った上での取引なのかといえば、そうでもない。むしろ、いいようにやり込まれていると見たほうが正しい。いつかは南北の人々が一緒になって統一韓国の建設のための礎としなければならない民族の共同財産を、みすみすと中国の手に渡しているのだ。大韓帝国の末期、平安道の金鉱採掘権や白頭山近くの山林伐採権を西欧の列強にただ同然で売ってしまった悔しい記憶と似たことが、100年後の今また繰り返されている。


 北朝鮮市場における中国製品のシェアは70%以上にのぼる。北朝鮮経済が急速に中国市場に飲み込まれつつあるのは間違いない。そのため北朝鮮が遼寧省・吉林省・黒竜江省に続き中国東北地域の4番目の省になってしまうのではないかとの声が上がっている。


 北朝鮮に対する経済支援の額だけで言えば、韓国も中国に負けず劣らず多くを支援している。それにもかかわらず韓国には北朝鮮経済に対する影響力はほとんどない。韓国が北朝鮮で行った資源開発といえば、鉱業振興公社による黄海道の黒鉛(グラファイト)鉱山開発の1件しかない。


 北朝鮮が「中国東北4省」の1省に転落する悲劇を防ぎ、統一後の開発に備えるためにも、南北交流・協力事業には思い入れよりも、民族の実利を優先すべき時が来たのではないだろうか。(朝鮮日報より抜粋)

プロフィール

rekisizuki777

Author:rekisizuki777
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新コメント