FC2ブログ

「UNOZAM」では55人、さて「ISAF」では・・116(「相手をバカと罵る」のは「自分をバカと言う」のと同義語?)

 やっぱり思ったとおりですね。カブール陥落以後、日本のマスゴミが全然情報流さなくなった(その時点でインターネットはやってなかった)ので、CNN等で戦況チェックしてたのですが、アナコンダ作戦が「総兵力2万・内米軍2000(海兵隊&特殊部隊)」で実施されたと聞いた時、自分は「カブール・バグラム空港&カイバル峠~ジゃララバード街道確保の時点で、第3海兵師団(それに加え第1&第2も状況次第で)・第82空挺師団・第101機動師団・第10山岳師団・第25軽歩兵師団及びNATO加盟国の同種部隊を『ハンマー』、パキスタン軍を『スレッジ(金梃)』にしたスレッジ&ハンマー作戦を敢行」すると思っていたので、その「アルカイダを舐めきったような作戦」に一抹の不安を感じていたのですが、正にそうなった様で・・(唖然)

 でもこれで「ブッシュ政権の『愚か振りをあざ笑う』」事は出来ませんよ、バラク『おバカ』閣下&民主党のスカポンタンな皆様。貴殿方々も「ジョンソンがベトナムで犯した過ち『またもや繰り返す(ブッシュの方が「過ちを認めて素直に間違いを正した?)』」ごとき行動を取ろうしてるんですから、いくら「内政重視」とはいえ、せめて「ウエストポイントなりROTCの戦術の教科書を取り寄せて『一から軍事を勉強』」するぐらいの誠意は、ねえ?(大爆笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          ビンラディン容疑者捕そくのチャンス、兵力不足で逃すと

ワシントン(CNN) アフガニスタン駐留米軍がブッシュ前政権下の2001年、国際テロ組織アルカイダの最高指導者オサマ・ビンラディン容疑者を捕らえる直前まで追い詰めながら、兵力不足が原因で取り逃がしたとする調査報告書を、米上院外交委員会の民主党スタッフがまとめた。今週アフガン増派の方針を発表するとみられるオバマ米政権にとって、追い風となる内容だ。


報告書は、外交委員長を務めるジョン・ケリー議員が29日発表した。それによると、米軍は01年12月、ビンラディン容疑者をパキスタン国境に近い山岳地帯トラボラに追い詰めた。同容疑者はいったん死を覚悟し、12月14日付で遺書を書いている。遺書は、妻に再婚しないよう求め、子どもたちに「聖戦に没頭」してきたことをわびる内容だったとされる。


だが、国境越えの逃げ道を断つために必要な兵力が送り込まれなかったため、同容疑者は12月16日ごろ、護衛団とともにパキスタン側の部族地域に姿を消したという。同容疑者は現在も同じ地域に潜伏しているとの見方が強い。


ビンラディン容疑者を捕そくできなかったことへの批判に対し、チェイニー前副大統領らは、同容疑者の居場所が把握できなかったと説明していた。一方報告書は、当時のラムズフェルド国防長官とフランクス中央軍司令官が、山岳地帯での激しい戦闘で多数の死傷者が出ることを嫌い、地上軍の増派要請を却下したとしている。新たに公開された機密文書や関係者らの聞き取り調査で確認されたという。


ケリー議員は報告書の提出に当たり、「アフガンでは今も、米軍や国際部隊を危険にさらし、地域の安定性を揺るがす戦いが続く。01年末に任務を果たせなかったことが、現在の問題を深刻化させている」と主張した。(CNNより抜粋)
スポンサーサイト



これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・1189

 「ワインと外交」「大使閣下の料理人」「王様の仕立て屋」ではありませんが、正しくこれぞ「外交的機微の極地」では?(ニヤリ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            【外信コラム】北京春秋 オバマ大統領の贈り物

 初訪中したオバマ米大統領が、胡錦濤国家主席に贈ったのは故郷のハワイ産の木と石で作った囲碁セットだった。

 これまで訪中した歴代大統領のように、米国の工芸品などが贈られることを予想していた中国人は意表を突かれたらしく、大統領の真意をめぐり、さまざまな憶測が飛び交っている。

 「囲碁は古代中国人が発明した貴重な文化遺産。中華文明への自身の敬意をアピールしたいのが大統領の本音ではないか」。

 中国社会科学院の著名な米国研究者の陶文●(とう・ぶんしょう)氏は出演したテレビ番組でこのように分析し、「チェスなど西洋のものを贈れば、欧米の文化や価値観を中国に押し付けるという印象をもたれてしまう。それを嫌って、あえて中国のものを選んだと思う」と述べた。

 これに対し、中国を代表するプロ棋士、聶衛平(じょう・えいへい)氏は自身のブログで「囲碁は黒石と白石が平等で一手ずつ交互に打つゲーム。米国と中国はこれから競争していくなかで、フェアプレーに徹しようというメッセージが込められているに違いない」と解説する。

 インターネットでは「社会主義の中国はすでに周辺の自由主義の国々に囲まれているよ、というメッセージだろう」「これまでの米大統領は白人だが、これからは黒人の時代という意味だ」などと、中国人らしい“たくましすぎる想像力”が全開していた。

 贈り物がここまで深読みされることを大統領は想像していただろうか。(産経より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 それじゃあ、やはり「チャーチルの胸像返却」は、アレを示唆していた?(ニヤリ)

中国「カントリーリスク」考・30&コレがホントの『砂漠の一夜城』? ・2

 さてさて、ドバイと中国建設銀行のどちらが「投資対象に相応しい」でしょうか?(大爆笑)

 ドバイみたいに「デフォルトで投獄」されるのもアレですが、まだ「欧米と長い事商売してるから『この種のノリはちゃんと理解』」してるでしょうが、中国の方は「投獄どころか命の危機」では、正に「こっちこそ『一夜城』」では・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     新興国の債務不履行懸念広がる ドバイショック

【ロンドン=木村正人、ワシントン=渡辺浩生】アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国の政府系企業をめぐる信用不安は、世界的な金融危機から脱し切れていない国際金融市場に、新たなバブル崩壊のリスクを想起させている。欧米中央銀行の低金利政策を背景に、過剰なマネーが流入する他の新興市場国の財政問題への懸念が広がり、欧米金融当局は事態を注視している。

 ドバイ政府が25日に、債務の支払い猶予を要請した持ち株会社「ドバイ・ワールド」向けの残高を抱える海外金融機関は、HSBCなど英国勢が中心だ。

 UAE全体の債務総額は1230億ドルで、うち英銀の貸し付けは約4割の502億ドル。債務総額が590億ドルとも伝えられる「ドバイ・ワールド」には、昨年の金融危機で公的資金が注入され、事実上国有化された英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)が、過去3年間で22億8000万ドルを貸し付けていたことが判明。米金融大手ゴールドマン・サックスの推計では、HSBCの貸付額は6億1100万ドル、スタンダード・チャータード銀行は1億7700万ドルにのぼる。

 今後の債権処理の行方次第では、RBS再建への懸念が広がる恐れもあり、ブラウン首相は27日、「世界の金融システムは強固になった。この問題に対応することは可能だ」と、“ドバイ・ショック”が第2の世界的金融危機の引き金になるとの懸念を否定した。

英銀などがドバイのリゾート開発に貸し込んできたのは、背後に石油マネーを持つアブダビが控えているからだ。政府系ファンド、アブダビ投資庁の資産は8750億ドルと推定され、万が一、ドバイ経済が破綻してもアブダビが救済に乗り出すとの見方が強い。このため、世界市場への影響は限定的との見方もある。

 しかし、“ドバイ・ショック”の余波は広がりを見せている。昨秋のリーマンショックを引き金に深刻化した金融危機は最悪期を脱したとして、活況を取り戻していた欧米市場に「隠された債務の爆弾」(米紙ニューヨーク・タイムズ)の存在を思い起こさせた。

 米連邦準備制度理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)による超金融緩和策で市場にだぶついたマネーは、中東産油国や新興市場国が発行する高金利の債券市場に流入。ドバイ・ワールドをめぐる信用不安によって、ドバイ政府のみならず、巨額の対外債務を抱える新興国の財政問題に懸念が生じ始めている。

 実際、債務が焦げ付いた際の元本を保証するデリバティブ(金融派生商品)市場では今週に入り、ギリシャやトルコなど一部新興国の保証コストが急伸し、動揺が続いている。1990年代、中南米やロシアで起こった「大規模な対外債務不履行問題に発展するのではないか」(米銀アナリスト)との懸念の声もある。

 資金の引き揚げが加速すれば、新興国の経済に打撃を与え、世界の経済成長の回復を遅らせかねない。(産経より抜粋)


UAE中銀が資金供給発表 ドバイ信用不安拡大で

 【ドバイ=太田順尚】アラブ首長国連邦(UAE)中央銀行は29日、同連邦の銀行間取引市場に資金供給を実施すると発表した。ドバイ政府系企業の債務返済延期要請を受けて、国際金融市場でドバイをはじめUAE全体への信用不安が増しており、流動性不足に陥るのを回避する狙いとみられる。

 今回の措置はドバイの救済に直接つながるものではないが、ドバイ発の信用不安がUAEの金融システムに影響するのを阻止する姿勢を示した形だ。UAE国内で営業する商業銀行や外資系銀行の支店が利用可能という。中銀は「今回の対策は国内銀や外銀を支援するもの」としている。(日経より抜粋)



中国建設銀行、ニューヨークで提訴される

 【大紀元日本11月28日】中国四大専業銀行の1つである中国建設銀行は、今年6月、ニューヨークに最初の支店を開設した。時価総額で世界二番手の貸付け銀行が、ついに米国市場への拡張を果たすという画期的な出来事だった。しかし4ヶ月後、図らずもこのニューヨークへの進出は、民事訴訟に巻き込まれてしまうという事態に至った。

 先月、ニューヨーク在住の中国建設銀行の元社員が、ニューヨークの法廷に同銀行を提訴した。1993年、銀行に勤務期間中、内部監査人に銀行の不正を摘発したところ、解雇され警察に突き出されて拷問を受けたという。20日付けの英紙「フィナンシャルタイムズ」が報じた。

 不正摘発 警察に突き出され拷問

 訴訟を起こした劉博山(リウ・ボシャン)氏は、中国で88年から93年にかけて中国建設銀行に勤務していた。訴訟によると、劉氏は、93年、銀行と副頭取が偽の預金証書を発行し、不法な銀行業務に従事していることを発見した。内部の監査担当取締役に通報したところ、銀行側は、劉氏が銀行の建物内で売春婦と性行為を行い、会社方針に違反したという口実で劉氏を解雇した。

 訴訟ではさらに、銀行が警察に通報し、三人の同僚の偽装証言によって劉氏が逮捕された容疑も含まれる。同僚の一人は、後日、銀行から偽装証言をしなければ逮捕されると恐喝されたという事実を認め、証言を取り消したという。

 劉氏は、手錠をかけられ拘束された。留置所で足枷をはめられ、手首をつり下げられ、叩かれた。生殖器をタバコの火で焼き焦がされ負傷させられた。小さな牢獄に入れられ頭から水をかけられ、二日間、水の中に立たされた。売春婦と性行為を行ったことを認める自白書に署名することで、初めてこの地獄から抜け出すことができたという。

 中国では、拘留者が拷問もしくは残虐・恥辱的な待遇を受けることは日常のことだった。当時、官庁の管轄下にあった同銀行は、警察に通報することで、劉氏に起こるべきことは十分認識していたはずだ、と訴状では述べている。

 97年、劉氏は政治難民として米国に受け入れられ、現在は、外国人としての永住権を得ている。

 この訴訟は、米国の「外国人不法行為請求権法」(Alien Torts Claim Act)と「拷問犠牲者保護法」(Torture Victims Protection Act)に基づいて行われるもので、アメリカの中国建設銀行に限定している。中国本土の同銀行を提訴しても、中国警察の関わる事件を十分に審理したり救済したりすることができないからだ。つまり、同銀行がニューヨークに支店を出すことによって、原告は、人的管轄権を利用して、不可能であった提訴が可能になったということである。

 前者の法律は、1789年に制定された米国法で、外国人が他の外国人に対して、米国が締約する条約や国際慣習法に違反する行為を犯した場合、被害者は加害者に損害賠償を求めることができる。後者の法律は、外国の公務員が米国人および外国人に対して犯した拷問や超法規的処刑行為について、被害者が損害賠償を米国の裁判所に提訴することを認める。

 金融界の反応

 今回の訴訟は、国外進出をはかる中国企業に落とし穴が待ち受けていることを示す。一党独裁の中国本土とは全く違う法律と政治構造では、これまでのやり方は通らない。金融関係者や人権擁護グループなどは、中国はこれまでのやり方・考え方を大幅に変更する必要があると警告。

 「中国企業が欧米市場に進出をはかる際、本土とは違ったやり方で対立を解決し、全く異なる統治システムに対処する頭の切り替えが必要。中国の海外進出は軒並み増加するにつれて、今後2年間は、特に中国の金融企業がより多くの障害に出くわすことになるだろう」と、コンサルタント企業の「コントロール・リスク」でシニア・アナリストを務めるアンドリュー・ギルホルム氏は語る。

 人権擁護グループは、中国の警察、高官の手による拷問のケースを無数に記録している。最近は、中国で厳格な検閲を受けるメディア上で、警察の権力を抑制し、拷問を撲滅する必要があるという討論が交わされている。

 中国建設銀行の反応

 フィナンシャルタイムズに対して、中国建設銀行は、「当時、劉博山は、公共の秩序に違反する行為に関わり、地元の公共安全機関が法に基づいて処罰したと理解している」と語り、それ以上のコメントを出すことは拒否している。 中国建設銀行の弁護士は、劉氏の弁護士に、返答を提出するための時間を要請し、認められている。(大紀元より抜粋)

なんじゃこりゃーーーーーーーーーーーーー517

 朝鮮日報によると、韓国で「士農工商が復活」してるそうですね・・(爆笑)

 そういえば、同じ「士農工商」でも、日本では「武士の『士』」ですが、韓国では「士大夫の『士』(儒教的にはこっちが正統)」なんですよね。ホント「同じ用語で『違う解釈』」とは、やはり「日本は『儒教圏にあらず』」では?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

               【コラム】 「新・士農工商」

 「最近の専門系高等学校は、準人文系高校。大学に行こうという生徒が90%を超え、“専門技能人(エンジニア)の養成所”という呼び名を消さなければならない」


 「中学3年生を対象に、機械分野の名人を招いて特講を行ったが、生徒の保護者から、“一生油混じりの飯を食べさせるつもりか”と強い抗議を受けた」


 これは、少し前に会った中学・高校の教諭がまくし立てた訴えだ。A高校で3年生の主任を務めるある教諭は、「内申競争はもちろん、塾・科目別課外など私教育ブームもすさまじい」と語った。


 デザイン・料理・アニメーションといった分野での体験中心の実習教育が目標となっている特性化高校の在学生も、大多数は大学進学に没頭している。技能教育が根幹から揺らいでいるというわけだ。


 実際、2000年には51%だった専門系高校卒業生の就職率が、昨年は19%まで落ち込んだ。一方、1990年には8%だった大学進学率は、2000年には42%、昨年は72%まで跳ね上がった。これは、ドイツ(34%)、スイス(36%)より倍以上も高い数値だ。


 職業高校在学中、毎週3-4日は企業で技能教育を、1-2日は学校で理論教育を行って「実践型匠人」を育てるスイス式モデルも、こうした状況では夢に終わるよりほかにない。逆に、「技術なき技術人」を量産し、工科大学や企業の現場での技術水準の質的低下を加速するばかりだ。


 こうした現象の根本原因は、「自分の子供の手を油まみれにはさせず、“士”の仕事に就かせたい」という、根深い「士農工商」意識が再びはびこっているところにある。このため、技能人に対する「軽視」や理工系忌避の風潮が、毒キノコのように広まっている。


 問題は、こうした「新・士農工商」現象が、韓国の未来の首を絞める主犯になっているという事実だ。特に、「手先の技術」の習得能力が最も高い青少年期に技能教育を避けることで、優秀な技術エンジニアの命脈が絶たれつつある。


LG電子のナム・ヨン副会長は最近、「韓国の製造業の最も大きな問題は、高水準のエンジニアがもはや残っていないという点」だと連日警告している。現代自動車とサムスン重工業は最近、それぞれインドに技術研究所と海洋設備設計センターを建てた。これは、適正水準の技術人材を韓国国内で調達できなかったからだ。


 雇用も同様だ。韓国の青年の雇用率は、昨年23.8%を記録し、OECD(経済協力開発機構)加盟30カ国の平均(43.7%)の半分近くとなった。これは、100人中24人しか就職できない、ということを意味する。


 韓国の雇用全体のおよそ88%を占める中小企業では求人難が日ごとに深まっているが、これは高学歴の若者が、就職せず教育・職業訓練も受けない「ニート(NEET:Not in Education, Employment or Training)」になっているからだ。韓国の青年ニートは、113万人(全国経済人連合会〈全経連〉による調査)を超える。


 技能軽視は大学進学につながり、大学進学は再び就職難につながるという、出口なき悪循環が続いているわけだ。代案は、技能人の富と名誉を保障してやることだ。ある専門家は、「ブラジルにある700余りの国家技術研究院は入学競争率が常に10倍を超えるが、これは学費などすべてが無料で、卒業後の将来もしっかりしているからだ」と語った。


 最近の世界的な経済危機でイギリス・アイルランド・アイスランドなどが最も大きな打撃を受けたのは、製造業の基盤が弱かったからだ。韓国も、誰も彼もが「高学歴病」にかかって技能の現場から顔を背け、技能職を二流・三流の仕事と見なすなら、未来は暗い。生産の現場に優秀な若いエンジニアが集まれるよう、特段の努力をしなければならない。(朝鮮日報より抜粋)

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・1188

 「ブラックフライデー」じゃなく、「ファイティングフライデー」とでも改名すれば?(大爆笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          米年末商戦初日、目玉商品に客殺到 けんかで閉店の店も

ミズーリ州セントルイス(CNNMoney) 米国で感謝祭明けの「ブラックフライデー」となった27日、各地の小売店にはこの日から始まった年末商戦セールを目当てに買い物客が殺到し、一部店舗では客同士のけんかが原因で閉店するなどの混乱も起きた。


米小売最大手ウォルマートは目玉商品として3ドルの調理家電や200ドルを切るノートPCを売り出し、大型テレビも大幅値引きで販売した。三洋の50インチ・プラズマテレビ2台を確保し、カートに商品を山積みにしたセントルイス在住の女性は「全部ダッシュしてかき集めた」と満足そうな様子。


トラックやワゴン車で乗り付ける客もいて、駐車スペースやショッピングカートは奪い合いとなり、レジには長い行列ができた。カリフォルニア州アップランドの店舗は、買い物客同士のトラブルが起きて一時店を閉鎖。ウォルマート広報は「買い物客同士のけんかがあったと聞いているが、全般的な安全に問題はない」としている。


ウォルマートはニューヨーク州にある店舗で昨年、徹夜で並んだ買い物客に押されて店員が圧死する事故が起きた教訓から、今年は多くの店舗で24時間営業に踏み切り、年末商戦のスタートとなるこの日に備えた。同州ナッソー郡の当局によれば、現時点でブラックフライデーの売り出しに関連してけが人が出たり器物が破損したなどの情報は入っていないという。


全米小売業協会(NRF)は今年の年末商戦の売り上げについて、全米平均で前年比1%の減少を予想している。前年は同3.4%の減少だった。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 岸和田のだんじり祭り・パンプローナの牛追い祭り見たく「アップランドの喧嘩バーゲン」とでも銘打って、アトラクションにすれば面白いのに・・(大爆笑)

「平和派(ハト派)こそ、頭に超がつく現実主義者(リアリスト)でなければならん!」、このセリフを現実世界の首相が言う日は何時?・291&東洋・西洋での「ホロコースト・セカンド」を断固阻止せよ・・!・14

 だ~か~ら~!此処まで「生臭ムッラーが列強&国際社会を愚弄」してるのなら、もう「交渉&制裁より『実力行使の段階』(正に「核の刀狩」のテストケース)」なのに、またもや「制裁強化を示唆」程度のヘタレな態度に終始すれば、それこそ「核実験どころか実戦使用でも『制裁云々』(そしてユダヤ人は「またもや見捨てられる」)」でしょうねえ・・・

 無論、イスラエルは「60年前見たく『黙って殺戮』される事を座視するわけ」無いので、それこそ出来れば「生臭ムッラーの核の脅威に晒されてるEUロシア穏健アラブと共同」、最悪の場合は「単独&核使用してでも『ムッラーの核を断固排除』」するのはイスラエルの建国国是(二度とユダヤ人にホロコーストを味合わせない)からも至極当然の選択でしょう。

 もしもそういう事態が起こった場合、あの○○が出る連中が「経緯を無視してイスラエルを猛烈に批判」するでしょうねえ。じゃあ、貴方方はイスラエルに「世界平和&核廃絶の大儀のために『黙って生贄になれ』」とでも言うつもりですか?(嘲笑)

 ああ、日本も「イスラエルと五十歩百歩(本来なら「核密約」を涙を流して感謝するべきなのに?)」なのに、イスラエル程度に「自立できる国家体制」を構築する事すらままならないとは、こっちは「世界平和のために『黙って犠牲』」を選択しそう?(トホホ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

         米政府高官、イラン制裁強化を示唆 中東不安定化を懸念

ワシントン(CNN) 米政府高官は27日、国際原子力機関(IAEA)理事会がイラン第2のウラン濃縮施設の建設停止を求める決議案を採択したことを受け、同国に対する経済制裁を大幅に強化する準備を進めていることを明らかにした。


同高官は「相手国にその意思がないのなら、われわれは一連の結果をまとめる決意だ。イランがその明確なメッセージを受け止めることを願う」と述べた。


IAEAの決議案採択の意味は重いと政府高官の1人は述べ、「(IAEAや国連安全保障理事会の求めに)イランが依然として従わないことに対し、国際社会が深刻な懸念を抱いていることを強く示すものだ」と指摘した。ただし米国は、制裁によってイランの国民を傷つける意図はないと強調している。


一部メディアは、中国にいる米政府高官が中国政府に対し、「イスラエルがイランの核計画に対し一方的行動に出る可能性がある」と告げたと報道。政府高官はこの報道について確認することは避けたものの、イランがこのまま要求に従わない場合、中東のさらなる不安定化の要因になりかねないとの危機感を示した。(CNNより抜粋)


ウラン濃縮施設の建設中止はないとイラン、IAEA決議批判し

(CNN) 国際原子力機関(IAEA)の定例理事会が27日、イランの核開発で今年9月に存在が明るみに出た同国第2のウラン濃縮施設の建設停止などを求める決議案を採択した問題で、イランのソルタニエIAEA担当大使は同日、ウラン濃縮活動は今後も続け、第2施設の建設も中止しないと述べた。イランの国営プレスTVで表明した。


「決議案への答えは明確にノーだ」と強調した。IAEAとの協力は続けるとしながらも、必要最小限にする考えも示した。


プレスTVはまた、イラン外務省報道官の談話も伝え、決議案は政治的な思惑の結果で、イランにより強い圧力を掛けることを狙っているとした。また、決議案の採択は一部諸国の政治的野心と執心の反映であると間接的に米英を批判した。決議案では、イランと関係が深いロシア、中国も支持に回っている。(CNNより抜粋)


【主張】「核密約」検証 抑止力の強化につなげよ

 非核三原則に絡む核持ち込みなど日米「密約」問題の外務省調査を検証する有識者委員会の初会合が開かれた。来年1月に結果を岡田克也外相に報告する。

 検証対象は日本の安全に直結している。内容もすでに明らかなことばかりだ。日本にとって今必要なことは「密約があった、なかった」の検証に労力を費やすよりも、北朝鮮の核など新たな脅威に対応する拡大抑止(核の傘)の強化策を講じることだ。過去でなく日米同盟の明日へ向けた論議を深めてもらいたい。

 密約論議の発端は、1960年の日米安保条約改定の際、核兵器を積んだ米艦船・航空機の日本寄港や通過を「事前協議の対象外」とした日米了解について昨年秋以降、元外務次官らが「密約があった」と発言し始めたことだ。

 岡田外相は就任後、外務省に徹底調査を指示し、「関連文書が見つかった」との報告を受けた。沖縄への有事の核持ち込み、朝鮮半島有事の在日米軍基地使用問題など計4件の外務省報告を検証する目的で委員会が設置された。

 外相は「(密約には)それなりの時代の要請があったかもしれない」と語った。一連の検証を意味あるものにするには、検証を経た上で今後、何をするかの方向性が重要だ。

 とりわけ日本は安保条約を通じて米国が提供する核の傘に国の安全を委ねてきた。しかも、北東アジアは今、北の核・ミサイル開発や中国の軍拡などによって脅威が高まっている。

 産経新聞は、かねて非核三原則(作らず、持たず、持ち込ませず)の「持ち込ませず」について、核積載艦船などの寄港・通過の容認も含めた方向で見直すよう問題提起してきた。隣の韓国も6月の米韓首脳会談で「核の傘の保障」を改めて確認した。日韓の安全に核抑止が不可欠な現実は、冷戦終結後も少しも変わらない。

 にもかかわらず、外相が米国に核先制不使用宣言を求め、核の傘から「半分踏み出す」などとしているのは疑問だ。鳩山由紀夫首相も、三原則の見直しや法制化に言及するなど発言が二転三転し、責任ある姿勢とはいえない。

 米側も「核抑止や日米関係に悪影響がないよう注意してほしい」(ゲーツ国防長官)と懸念している。有識者委員会を機に、政府は同盟の抑止力の充実強化にこそ力を注ぐべきだ。(産経より抜粋)

「UNOZAM」では55人、さて「ISAF」では・・115


 少なくとも、「子供がホイホイ国境越えして密輸を実行」出来るぐらい甘々の国境警備体制では、それこそ「国家のバックアップあり」なら戦車・重砲・ミサイルすら楽々と密輸されるのが関の山で、都市部への掃討作戦が嫌なら、せめて「増派部隊のほとんどを『アフガン版・ホーチーミンルート遮断作戦』に投入」するぐらいの智恵は働いて欲しいもの・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           アフガン国際会議、ロンドンで来年1月28日開催

ロンドン(CNN) ブラウン英首相は28日、トリニダード・トバゴの首都ポートオブスペインで開催された英連邦首脳会議で、アフガニスタン側への治安権限日程などを協議する国際会議を来年1月28日にロンドン市内で開催すると発表した。


発表はブラウン首相と潘基文国連事務総長によって行われた。潘事務総長は、アフガニスタンのカルザイ大統領が大統領選後に取り組む課題についての高レベル協議を可能にする、時宜にかなったイニシアチブだとして評価した。カルザイ大統領は今月19日の2期目の就任時、汚職や麻薬密輸への取り組みを明言し、5年以内に治安権限を全面回復するとの見通しを示した。


ロンドン会議の目的は、イスラム強硬派タリバーンや国際テロ組織アルカイダの活動が依然続くなか、アフガニスタンの政府や治安を強化する方法の模索が、国際社会にとって急務であることを反映している。米国や英国など北大西洋条約機構(NATO)加盟国はアフガン増派を検討中で、オバマ米大統領は近く増派規模を発表する予定だ。


ブラウン首相は、アフガニスタンへの治安権限移譲が来年から始まるべきだと述べ、2010年以降の明確な予定が立てられるとの見通しを示した。首相は「われわれの基準は、アフガニスタン政府が3カ月以内に訓練のためヘルマンド州に派遣する部隊を決定していることだ」としたうえで、アフガン軍を来年5万人近く増強する意向を表明。さらに半年内には汚職対策として、警察の訓練に関する明確な計画を求めていく考えを明らかにした。(CNNより抜粋)


         オバマ大統領、政権上層部と各国首脳にアフガン新戦略を説明

ワシントン(CNN) ギブズ米大統領報道官は30日、オバマ大統領が現地時間の1日に予定している全米向けの演説を前に、米国のアフガニスタン新戦略に関する自らの決定を外交・軍事上層部に伝えたと明らかにした。


ギブズ報道官によると、大統領は29日にクリントン国務長官に電話で決定を伝えた後、大統領執務室でゲーツ国防長官、マレン統合参謀本部議長、エマニュエル大統領首席補佐官らと会って新戦略の遂行を指示し、さらにアフガン駐留米軍のマクリスタル司令官、アイケンベリー駐アフガン米大使にも決定を伝えた。


また、イタリアのベルルスコーニ首相、フランスのサルコジ大統領、ロシアのメドベージェフ大統領、英国のブラウン首相など、各国首脳との調整も進めているという。


一方、米国務省のケリー報道官によれば、クリントン国務長官も26日の感謝祭以降、各国の外相に電話で新戦略の概要を説明している。政府高官は、アフガニスタンに部隊を派遣している国からは前向きな反応が得られたようだと話している。


オバマ大統領は1日午後8時(日本時間同2日午前10時)にニューヨーク州ウエストポイントの陸軍士官学校から全米に向けたテレビ演説を行って新戦略を発表する。3万人規模とみられる駐留米軍追加増派を表明するとともに、北大西洋条約機構(NATO)にも軍事面での貢献拡大を求める見通し。(CNNより抜粋)


密輸品運びで家計支える子ら アフガン・パキスタン国境

アフガニスタン・パキスタン国境トルカム(CNN) 世界で最も治安が悪いといわれるアフガニスタン、パキスタン両国が接する国境の町、トルカム。パキスタン側に住むサバル・ミナさん(8)は毎日、密輸品の小麦粉が入った袋を抱えて国境を越え、アフガン側からはまきを拾って帰ってくる。わずかな報酬で家族の生活を支えるため、この町では1日当たり約300人の子どもが、国境越えの往復を繰り返しているとみられる。


パキスタンからアフガンへの食料輸出は禁止されているから、警察に見つかっては一大事だ。「つかまると何度もたたかれるからとてもいや」と、ミナさんは顔をしかめる。


テロの危険とも常に隣り合わせだ。ミナさんは先日、妹を連れていつものように国境を越えたところで、自爆テロを目撃した。何人もの人が巻き添えとなって死亡した。2人は泣きながら、パキスタン側へ逃げ帰ったという。


ミナさんたちは、小さな肩や頭の上に運べる限りの荷物を載せ、ただ歩き続ける。手押し車を持っている子は、金属くずや石油缶を運んだり、女性や子ども、高齢の歩行者を乗せたりして稼ぎを上げる。「言われればなんだって運ぶさ」と大人びた調子で話すのは、ハズラト・アリ君(9)だ。それでも、子どもの体力には限界がある。「もっと力をつけたい。強くならなくちゃ」と、悔しそうに唇をかむ。


密輸業者にとって、地元の子どもは都合の良い労働力だ。大人に比べて警察も大目に見るケースが多いし、なにより賃金が安くて済む。取材班が子どもたちから聞いた金額は、1往復当たり20円にも満たなかった。それでも、かれらの家族にとっては貴重な収入だ。


国境地帯で子どもたちの救済組織を支援する国連児童基金(ユニセフ)の活動も、一筋縄ではいかない。洞穴などで身を寄せ合って暮らす貧困世帯に、子どもを働きに出す代わりに学校へ通わせろと要求しても、それは現実的ではないからだ。家庭や地域の長老、宗教指導者らと話し合って、子どもたちを仕事の合間に登校させ、必要な予防接種などを受けさせるよう説得するのが精一杯だという。起業を望む親には、子どもの通学を条件に、無利子のローンも提供している。こうして、今までに300人以上が公立学校に出席できるようになった。ただ、支援団体自体が地元タリバーン系組織の標的となる恐れもあり、表立った活動は難しいという。


「家族のために働かなくてもいいとしたら、何がしたい?」――取材班がこう尋ねると、ミナさんはしばらく考えてからこう答えた。「だれにもたたかれたりしないような、楽な仕事がしたい」


一方、アリ君には「エンジニアか教師になりたい」という夢がある。学校に行けないと難しいのでは、との質問には、「この仕事をやめるわけにはいかない。学校には行きたいけど、どうしようもない」と、素っ気ない口調で答えた。(CNNより抜粋)

「UNOZAM」では55人、さて「ISAF」では・・114

 日本は特にそうですが、「軍事オンチがトップにつく」と、こうもまあ「愚劣な決定を平気で下す」事が出来るもの・・(唖然)

 あれほど「ベトナム戦争敗北の最大要因が『兵力の逐次投入』」と歴史の本で腐るほど指摘され、ボロクソに知性を貶されていた前大統領が「イラクで『見事なビッグ・サージを断行』」したのに、「久方ぶりの『知性派大統領』」が此処までおろかな決定をするとは信じれませんね。やはり「知性・理解力・度胸は『別個の才能』」なのでしょうか?(苦笑&嘲笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            米大統領、段階的アフガン増派の方針表明へ

 【ワシントン支局】29日付米紙ワシントン・ポスト(電子版)は、オバマ米大統領が12月1日に行うアフガニスタン戦略を巡る演説で、3万~3万5000人の米兵を12~18か月間かけて段階的に増派する方針を表明する見通しだと報じた。

 同紙によると、演説から数日以内に米海兵隊9000人が、旧支配勢力タリバンの拠点の一つ、アフガン南部ヘルマンド州への展開に向け、最終的な準備に入る。

 増派を段階的に行う背景には、治安情勢やアフガン政府の腐敗が改善しない場合に、オバマ大統領が増派を一部中止できる余地を残す狙いなどもあるという。(読売より抜粋)

ASATの実戦配備で「世界標準」では?・17

 情報収集衛星打ち上げに関する大石英司さんの分析ですが、DSPUAVに関しては大いに賛同いたしますが『地球の裏側でそれが必要になる時は、だいたい米軍のお付き合いで出ていく時だから、米軍から必要な情報は貰えば良いわけだし。』って部分は、大石様には大変申し訳ないのですがいただけませんね・・(思案)

 何せ、アフガンでのイタリア軍フランス軍(?)見たく「米国が『同盟国に不利な情報を流す&嫌がらせを実施』」するケースは多々ございまして、それこそ「世界中の何処でも情報を自前で確保するルートを構築(衛星・シギント・ヒューミントを問わず敵対・友好両勢力に)」しておかないと、それこそ「『愛国者の銃弾』宜しく他国の思惑に振り回されて『日本が貧乏くじを引く』」のが関の山?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 無事に上がったのは良いんだけど、これって続ける価値があるんでしょうか? 計画自体が、ノドンは建前として、バブル直後の、防衛費は別腹な時代の計画ですよね。しかも分解能は知れている。

 地球の裏側を覗くというので無ければ、北朝鮮くらいなら高高度にUAVでも上げときゃ良い。あるいは民間から買っても良いし。地球の裏側でそれが必要になる時は、だいたい米軍のお付き合いで出ていく時だから、米軍から必要な情報は貰えば良いわけだし。

 そもそも、北絡みで言えば、まず必要なのはDSP衛星でしょう。スパイ衛星が必要だとされた頃は、UAVのブームも先の話だったから選択肢も限られたけれど。

 そら今後とも運用実績を積んで、バスも再設計して、もっと分解能に優れた衛星が上がる時代もやがて来るでしょう。このままお金を使い続ければ。

 ただ、防衛費が別腹で無くなった今、それを持ち続ける必要性はあるんだろうか? その金額でステルシーなUAVを開発した方が良かったような気もするんですけどね。(大石英司の代替空港より抜粋)



情報衛星打ち上げ H2A10機連続成功 「完成度の高さ示せた」


 国の情報収集衛星「光学3号」を載せた国産主力ロケットH2A16号機が28日、南種子町の種子島宇宙センターから無事、飛び立った。国の安全保障にかかわる情報を集める衛星とあって、センターには政府関係者も訪れ、成功に拍手を送っていた。(小西慶幸)

 ロケットの機体は27日午後10時前、組み立て棟から発射地点へ移動、28日未明から燃料の注入が始められた。機体は同日午前10時21分、「3、2、1、ゼロ」のカウントダウンの放送と同時に、オレンジ色の閃光(せんこう)を放って地上を離れ、バリバリという爆音を放ちながら、雲の中へ消えていった。

 センター内の竹崎観望台では、背広姿の政府関係者らが、ロケットが飛び立つと手をたたいて喜んだ。打ち上げ後の会見で、滝野欣弥官房副長官は「本当にうれしい。関係機関、地元の方々にお礼を申し上げたい」と笑顔を見せた。

 一方、H2Aロケットの打ち上げは今回で2005年2月の7号機以来、10機連続の成功となった。三菱重工業の大宮英明社長は「日々の作業がスムーズで、不具合も少なくなっている。今回の打ち上げで完成度の高さを示せた」と胸を張った。

 

宇宙センター周辺県警など厳重警備

情報収集衛星打ち上げに際して、種子島宇宙センター周辺では厳重な警備態勢が敷かれ、物々しい空気に包まれた。

 打ち上げの数日前から同島・西之表市の高速船乗り場などでは、県警の警察官数人が立ち番を続け、乗降客の動きなどに目を光らせた。センター内の数か所に設けられた検問所では、警察官が通行車両を止め、運転手から行き先や目的を聞き、上空からは県警がヘリコプターを飛ばし、警戒をした。

 県警は9月中旬、鹿児島市の県警本部に警備本部、センター内に現地本部を設置。近隣の県警にも応援を依頼したが、「人数などについては、一切、明らかにできない」(警備課)と説明。第10管区海上保安本部(鹿児島)も「海上から必要な警備にあたっているが、態勢は明らかにできない」とする。

 三菱重工業側も、情報収集衛星が飛ぶ軌道や、ロケットからの分離時間など、ほかの衛星で明らかにするデータを事前に公表せず、宇宙航空研究開発機構は、打ち上げ時のインターネット中継を行わなかった。

射場チーム長 並河さん 重責果たし安堵の笑顔

 「良かった。また次が打ち上げられる」。種子島宇宙センター内の総合指令棟で、衛星の分離を確認した瞬間、三菱重工業の射場チーム長・並河達夫さん(51)=写真=は、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 射場チーム長はロケット打ち上げ全般の現場責任者。作業進行状況の確認を行い、トラブルが起きれば処置方針を決定する。今年4月に就任し、打ち上げは9月の新型ロケットH2B1号機に続いて2回目となる。

 神戸市出身。SF小説が好きで宇宙に興味を持ち始めた。小学5年生だった1969年、アポロ11号の月面着陸の中継に興奮し、宇宙開発の道に進むことを決意。京都大工学部で航空工学を学び、81年の入社以降、28年間にわたってロケット開発に携わってきた。

 「若い頃は、自分で宇宙に出ることが夢だった。『死ぬなら宇宙で』と本気で思っていたくらい」と話す。今はロケット製造を担う後継者の育成にも力を注ぐ。マニュアル化を進めるなど、専門技術を分かりやすく伝承することに余念がない。

 それだけに、自分が携わったロケットが失敗し、日本の宇宙開発の歩みを中断させてはならないとの思いは強い。「宇宙へロケットを飛ばすためには何が必要なのか、真剣に考えることができる人材を育てていきたい」と力を込めた。(読売より抜粋)

「UNOZAM」では55人、さて「ISAF」では・・113

 詰め腹を「制服組だけでなく政治家も」って点はえらいですが、ただ「戦場の実態も知らずに『綺麗事の断罪』がまかり通った」のは納得できない・・(憮然)

 ホント、ドイツの皆様。こういうときは「KSKにでも命じて『事前警告&催涙ガスで群集を追い散らして』から空爆実施」でもやればいいとでも言うんですか?そういう非常識は寝てから言ってくださいよ・・・

 ホント「比較的マトモ」なドイツでコレだと、コレより酷い日本アフガン派兵断行すれば、それこそ「宣戦布告」並みの足枷つけられそう・・(ガクガクブルブル)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

         独閣僚が辞任、アフガン北部で民間人殺害の空爆情報開示問題で

ベルリン(CNN) アフガニスタン北部で今年9月、ドイツ軍が要請した空爆で一般住民に犠牲者が出た問題で、ドイツのユング労働社会相は27日、辞表を提出した。同相は空爆時、国防相を務めていた。


空爆では、民間人殺害の情報が軍などに伏せられたとする疑惑が発覚、シュナイデルハーン陸軍参謀長が26日に辞表を提出している。ユング氏は辞任の理由について、情報伝達で混乱があったことの責任を取る、と述べた。保守中道派のメルケル政権は総選挙を経た10月下旬に発足したが、閣僚の辞任は初めて。


空爆では、民間人を含む90人以上が死亡し、アフガンの地方行政当局者は、死亡者の約半分が民間人とも主張していた。空爆は、イスラム強硬派勢力タリバーンに強奪された国際治安支援部隊(ISAF)用の燃料トラックを標的にしていた。民間人は燃料の分配を求めて集まっていたともされた。


ユング国防相や連邦軍当局は当時、空爆で民間人が死亡した事実を否定していた。しかし、地元紙ビルトは26日、軍の秘密報告書やビデオは明らかに民間人の犠牲者がいることを示していたなどと報道。また、空爆を求めた司令官が、要請前に民間人が巻き込まれる可能性は否定出来ないと判断していたことも判明したと伝えた。


ドイツ軍司令官が求めた空爆を支持していたシュナイデルハーン陸軍参謀長は、ビルト紙報道を受ける形で辞表を提出した。


アフガン駐留ドイツ軍の規模は約4500人で、米英に次ぐ。死亡者の増加などで早期撤退論が世論で強まっているが、ドイツのメルケル政権は最近、軍の駐留期間を1年延長していた。(CNNより抜粋)

もしかして「第二のエル・アル航空1862便墜落事故」?

 国連・欧米の制裁にも拘らず「中国・キルギスまで輸送機飛ばせる」なんて、所詮「強制力の伴わない制裁なんて『絵に描いたモチ』」なんですよね・・(ニヤリ)

 でも、アレだけ国がグチャグチャなのに「何を輸送」しようとしてたのでしょうか。まさかこの便「ジンバブエ版・エルアル1862便(NY~アムステルダム~テルアビブルートが「軍需品ルート」であるのは公然の秘密)」だったのではないでしょうか。キルギスも「旧ソ連地域からの軍需品購入拠点(あまり有名でない分、却って目立たない?)」ともみえますし、ねえ?

 でも、それだと「米国人がパイロット」って説明がつかないんですよね。単に「金でつられた」だけならまだいいのですが、実は「彼らは某機関のエージェントで『中国とアフリカのつながりを監視』するのが任務」だったとすれば、この事故に「スパイ狩りの要素(自国に被害が出ただけに隠蔽策として最高)」がたっぷり・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                上海で貨物機炎上、米乗員3人死亡

【11月29日 AFP】中国上海(Shanghai)市の浦東国際空港(Pudong International Airport)で28日、ジンバブエの貨物機が離陸中に失敗して炎上する事故が発生し、乗員3人が死亡、4人が負傷した。当局が発表した。

 国営新華社(Xinhua)通信によると、事故は同日午前8時12分(日本時間午前9時12分)ごろ発生。キルギスの首都ビシケク(Bishkek)へ向けて離陸しようとしたジンバブエ籍の貨物機だった。

 米国大使館は死亡した3人と負傷した1人は米国人だと確認した。

 新華社によると、負傷した米国人(61)は骨折と肺の破裂を負っているものの、48~72時間で危険な状態を脱する見通しだという。負傷した残りの3人はインドネシア人、ベルギー人、ジンバブエ人で、いずれも骨折と打撲を負っているという。

 国営テレビによると、このチャーター機は離陸の際、滑走路を外れて炎上。これにより近くの倉庫が燃えた。

 新華社によると、この事故で滑走路2本が閉鎖された。その後うち1本は再開したが、68便が遅れ、数千人の足に影響が出たという。(AFPより抜粋)

「平和派(ハト派)こそ、頭に超がつく現実主義者(リアリスト)でなければならん!」、このセリフを現実世界の首相が言う日は何時?・290

 中東アフリカアジアに気を取られている隙に、ロシアや南米で「怪しい動き」が・・

 このロシア・高速鉄道テロですが「モスクワ・アパート連続爆破事件と同様の臭い」がしますね。それこそ「チェチェンやグルジアが関与?」なんて情報が出てきた途端、第三次チェチェン戦争第二次グルジア戦争の引き金になるのは必至ですね。それで得をする「黒幕」ですが、ロシア政府(「有事の支持率アップ&統制強化」狙い)は無論、ベレゾフスキー一派&某機関ブレンジスキー辺りの差し金)の線もあるのでは?

 それに加え、イランに続きキューバまで「米軍攻撃を想定した演習を実施」とはかなりキナ臭いですね。なにせ「フィデル閣下を『心の師匠と仰ぐ』」ウーゴたんが米・コロンビアと一触即発な上、再選に向けて「厳しい結果」が出たバラク大魔神が「亡命キューバ人&中道保守派票狙い」でキューバ&ベネスエラ攻撃を画策なんてヤバイ可能性も十分考えられるんですよ。「世論の人気便り」で成立した政権は、時としてこういう「ウケ狙いのマッチョな行動」に出るので困ったもの・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       ロシアで特急列車脱線、犠牲者多数 テロの可能性大と鉄道当局

モスクワ(CNN) ロシアのセルゲイ・ショイグ緊急事態相は28日、首都モスクワからサンクトペテルブルクに向かっていた旅客列車が27日夜、脱線事故を起こし、少なくとも25人が死亡したと述べた。


負傷者数の情報は錯綜しているが、96─102人となっている。多数が重体状態に陥っている。18人の行方不明者がいる。鉄道運営の当局者は、初期段階の調査、捜査結果を踏まえ、脱線はテロ行為によって生じた可能性が極めて大きいと述べた。国営テレビは、脱線前、大きな爆発音が聞こえたとする乗客の生存者の証言を伝えた。


国営ラジオによると、現地時間の午後9時半ごろ、サンクトペテルブルクから約280キロの地点で、同国の新幹線に当たる特急列車「ネフスキー・エクスプレス」が脱線した。同列車には乗客661人、乗務員20人がいた。現場には20台以上の救急車などが駆けつけて、横転した車両から乗客らを助け出す作業に当たった。


脱線したのは少なくとも3両で、130人以上が乗っていたという。車内に閉じ込められた乗客の救出作業が続いている。脱線で、列車の運行スケジュールに遅れが出ている。


警察は、線路の下に爆発でできたような穴が開いているのを見つけ、脱線との関係を調べている。ロシア検察庁は、テロとの関連性の捜査を開始していた。一方、鉄道当局は線路保守などに異常がなかったかも点検している。


ロシア交通警察当局者によると、脱線が起きた現場では、同じくモスクワ発サンクトペテルブルク行きの特急列車がネフスキー・エクスプレスの44分前に通過していたという。


ネフスキー・エクスプレスは2007年8月にも線路上の爆発で脱線する事故が起き、60人が負傷している。この時は当局がテロと断定した。(CNNより抜粋)


キューバで「米軍侵攻」想定の大規模軍事演習、3日間

ハバナ(CNN) キューバ政府は26日、米国の侵攻を仮定した3日間の軍事演習を開始した。過去5年間では最大規模の演習としている。


ラウル・カストロ国家評議会議長も視察した演習の内容は、軍司令部での戦略実施、軍事パレードなどだが、詳細は不明。国営テレビは、迷彩服姿の兵士が溝から銃を発射する様子や戦闘機の空爆の模様を放映したが、ほとんどは以前の演習の画像だという。


キューバによる大規模な軍事演習は1980年から始まり、以後、5年おきに実施されてきた。今回の演習はラウル議長の就任後、初めて。


オバマ米大統領は今年1月の就任後、キューバ政策を一部見直し、キューバ系米国人の帰省や送金の制限を緩和している。両国は最近、移民問題や郵便物の直接配達などで高官級協議も持っている。オバマ大統領は先にキューバへの軍事侵攻も否定していた。(CNNより抜粋)

軍需品&情報も「多角化調達」の時代? ・3

 ほうほう、すっとぼけた「仕分け作業」野中で、コレは「大いに評価」してもいい提言ですね・・(感嘆)

 人員&制服云々は問題外(防衛相の発言は当然ですが、背広組&軍属削減や発注先を統合するぐらいのコスト削減策はいいのでは)ですが、軍需品調達に関しては「もっと『多角化(国産化も含む》』されるべき」と思ってまして、少なくとも「『国産化が絶対必要』なものと『輸入で代替しても無問題』なものを選別して、後者は『米国以外の友好国から調達』」ってのは、検討に値するのではないでしょうか。オフセット調達方式といい、こういう「アウトサイダーのいい提言」はもっと参考にしてもいいのでは、防衛省&自衛隊の皆様?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       【事業仕分け】自衛隊の備品購入費を削減「調達ルート多様化を」

政府の行政刷新会議は26日午後、事業仕分け8日目の作業を続行し、自衛隊の備品購入(要求額271億円)や制服などの被服購入(89億円)について予算の削減、銃器類・弾薬購入費(118億円)は「見直し」を求めた。いずれも調達ルートの多様化など経費節減の工夫が必要と指摘した。

 備品では、同じ製品でも陸自、海自、空自が一括購入せず、別々に発注していることが問題視された。制服は国内製造にこだわらず、海外からの調達も検討すべきだとの意見が出た。

 経済産業省が計80億円を求めた商店街・中心市街地活性化支援の3事業は予算を20%削減した上で地方に移管するよう求めた。仕分け人は「補助金では地方の現場の使い勝手が悪い」と指摘した。全国商店街振興連合会などが積み立てている3基金(計241億円)については必要額を除き国庫に返納すべきだとした。(産経より抜粋)


北沢防衛相 事業仕分けの見直し判定に「ナンセンス」

 北沢俊美防衛相は27日午前の記者会見で、政府の行政刷新会議が防衛省の自衛官増員計画を認めない判定を示したことについて「一般公務員と国防の任務に就く人を同列に論じている」と改めて不快感を示した。

 自衛隊の制服を海外から調達するなど被服購入費縮減を求められたことに対し「ナンセンスだ。軍服を海外に依存する話は世界中で聞いたことがない。その国と危険な状態になったら、オンボロ服でことに臨むのか」と指摘し、「経費節減ということだけで論じている気がする」と述べた。(産経より抜粋)

「平和派(ハト派)こそ、頭に超がつく現実主義者(リアリスト)でなければならん!」、このセリフを現実世界の首相が言う日は何時?・289

 ふ~ん、日中防衛相会談でが開催された途端、あのダルフールに「実働部隊派遣が本格化」とは、何か匂いますね・・(ニヤリ)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            日中防衛相会談 海自と中国海軍が共同訓練 

 北沢俊美防衛相は27日、来日した中国の梁光烈国防相と防衛省で会談し、海上自衛隊と中国海軍による捜索・救難に関する共同訓練の実施など防衛交流を強化させることを確認した。

 来年は北沢氏が中国を訪問することで合意し、相互訪問を継続する。中国国防相が来日したのは平成19年8月の曹剛川氏以来。

 北沢、梁両氏は、持続的で安定した防衛交流を通じて、相互理解と相互信頼を強化させることで一致。(1)幕僚長クラスの相互訪問(2)次官級レベルの協議の定例化(3)艦艇の相互訪問-などを確認した。北沢氏は国防費の透明化を求めた。

 一方、梁氏は最近訪朝し金正日総書記と会談した際のやりとりを紹介。「北朝鮮は『朝鮮半島非核化の実現を支持している』と言っていた」として、米朝協議の結果次第で6カ国協議に復帰する用意があることなどを北沢氏に伝えた。(産経より抜粋)


スーダンPKOに数百人規模の部隊派遣検討

 国連平和維持活動(PKO)スーダン派遣団(UNMIS)について、岡田克也外相が数百人規模の自衛隊部隊を派遣する検討を外務省に指示していることが28日、分かった。すでに外務、防衛両省などによる調整も始まっている。鳩山政権はインド洋で補給活動中の海上自衛隊を来年1月に撤収する方針で、日本の国際貢献活動が細る中、PKOへの積極参加で人的貢献の実績づくりを図る狙いがある。

 外務省はこのほか平成14年から約2年間、施設部隊が参加した東ティモールPKOへの陸上自衛隊再派遣の検討も始めている。


スーダンへの派遣対象は、道路整備にあたる陸自の施設部隊や輸送部隊などが想定されている。実現すれば、PKOへの部隊の新規派遣は東ティモール以来となる。

 スーダン南部は2005(平成17)年に20年以上続いた内戦が終結した。現在、米国や中国など68カ国約1万人からなるUNMISが、和平合意履行の監視や人道支援にあたっている。政府は昨年10月、PKO協力法に基づき、UNMIS司令部に陸上自衛官2人を派遣したが、部隊派遣は見送った。自衛官2人は首都、ハルツームにある司令部で分析情報のデータベース管理と物資補給の調整業務などを担当している。

 外務省がUNMISへの部隊派遣を検討しているのは、父親が隣国ケニア出身のオバマ米大統領の誕生で、米国がスーダン和平問題に力を入れ始めたことが背景にある。大統領訪日に先立つ10月、米側は「この地域を重視しているので、何か貢献できないか」と日本側に人的貢献を求めてきたとされる。

 民主党は、インド洋への海自派遣など特別措置法に基づく米国などへの支援に否定的立場をとってきた。一方で、衆院選マニフェスト(政権公約)に「PKO等に参加して平和の構築に向けた役割を果たす」と明記しており、スーダン派遣は同党の主張と一致する。

岡田外相は10月下旬の講演で、PKOへの自衛隊派遣を促進するため、紛争当事者間の受け入れ同意などの参加5原則を緩和すべきだとの認識を表明している。UNMIS参加についても「積極的に考えた方がよい」と主張してきた。

 ただ、スーダンの治安は依然、不安定で、自衛隊部隊の派遣には、連立を組む社民党の反対が予想される。すんなり実現するかは不透明だ。

 現在、自衛官が参加するPKOはUNMIS、中東・ゴラン高原の国連兵力引き離し監視軍(UNDOF)、国連ネパール支援団(UNMIN)の3つで、計54人。国連側の統計で派遣人数は加盟国中84位にとどまっている。(産経より抜粋)

「党派色を出す」べき部分と「超党派を強調」する部分は明確に・・

 う~ん、今までの腐れ縁を断ち切るって趣旨は大いに結構なのですが、あまりにも杓子定規ではないでしょうか・・(思案)

 私は「2+2政党制支持者」ですので、いい意味で『党派色を出す』のが本来の民主政治(特に地方政治)だと思うのですが、それにしても「超党派的要素が必要なものまで『単独に拘る』(外交・国防・環境等)」ような動きを見せるのは「国家的視点からマイナス」だと愚考するのですが・・

 まあ、自民党も今まで「ずっと与党面して人事を独占」したのも問題だったと思いますね。少なくとも紳士協定で「今後は自民と民主のバランスが取れた人事(米国政治を参考に)」ぐらいやって初めて「立派な野党」たりえるのはないでしょうか。それこそ「民主党の悪いまねして『審議拒否と言う名のズル休み』」は止めて欲しいもの?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

             超党派議連「民主党単独議連に衣替え」方針 

 民主党は25日、「議員連盟のあり方検討チーム」(座長・伴野豊副幹事長)の2回目の会合を国会内で開き、超党派の議連の「協議離婚」交渉を進め、民主党単独議連を作る方針を固めた。26日の副幹事長会議を経て、小沢一郎幹事長に報告する。再編に向け議連ごとに自民党議員と交渉するが、難航すれば会長に与党議員が就くなどの措置を要求する。活動実体のない議連を廃止することも決めた。

 議連は現在約400ある。民主党単独は約1割にすぎず、ほとんどが超党派だ。議連と関係のある業界団体と自民党の関係を断ち切る狙いがある。

 25日は日仏友好議連の総会が国会内で開かれ、これまで会長だった自民党の津島雄二元厚相が引退したことに伴い、自民党の大野功統元防衛庁長官が会長に就任。日華議員懇談会は無所属の平沼赳夫元経済産業相の会長留任を決めた。また、禁煙推進議連は会長が国民新党の綿貫民輔前代表から自民党の尾辻秀久参院議員会長に代わっているが、自民党が影響力を保持しているケースが散見されるため、方針を転換した。(産経より抜粋)


自民、再び審議拒否へ 与党は郵政法案成立期す

 民主、社民、国民新の与党三党は二十六日午後の国対委員長会談で、十二月上旬まで小幅延長する方針の今国会中に日本郵政株式売却凍結法案の成立を期すことを確認した。これに対し、自民党は党首討論の開催などが確約されていないとして、二十七日は一部を除いて再び審議拒否に入ることを決めた。

 新型インフルエンザ対策特別措置法案など政府提出八法案は二十六日に衆院を通過した。与党は自民党が欠席しても参院審議を進め、三十日に成立させる構えだ。

 民主、自民、公明各党は二十六日午後、断続的に参院国対委員長が会談。民主党は、三十日の参院本会議で首相出席による二〇〇八年度決算の報告と質疑を実施することを提案したが、自民党は党首討論などの確約を求め、折り合わなかった。公明党は本会議での質疑の提案を評価し、審議に出席する。

 民主、自民両党は、この後の国対委員長会談で、与党が会期の延長幅とその後の国会運営方針を説明するため、三十日朝に与野党国対委員長会談を開くことでは一致。自民党は与党の出方を見極めた上で、審議拒否を続けるかどうかを判断する。(東京新聞より抜粋)

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・1187

 これぞ正しく「珍獣扱い」?(大爆笑&嘲笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

               市橋容疑者「焼き肉弁当」で“半落ち”

 千葉県市川市のマンションで英国籍の英会話講師リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕され断食と黙秘を続ける市橋達也容疑者(30)が24日、拘置されていた千葉県警行徳署で初めて食事をとった。手を伸ばしたメニューは「焼き肉弁当」だったもよう。頑なに拒んできた姿勢が崩れたわけで、事実上の“半落ち”とみていい。

 市橋容疑者の断食が終わったのは24日の昼食時のこと。行徳署の出入り業者による和風仕出し弁当を完食した。この日のメーンディッシュは豚の焼き肉という“ガッツリ系メニュー”だった。
 15日目に突入した断食劇の幕切れは、焼き肉弁当完食という意外な結末を迎えた。事件取材するジャーナリストは「市橋容疑者はいずれ食べると確信していた。事件についてはまだ口を開いていないようだが、拒絶していた食事を受け入れたことで捜査当局との対決姿勢は音を立てるように崩れるはず。供述こそないものの“半落ち”状態になった」と指摘する。
 映画化された横山秀夫氏の小説のタイトルにもなった「半落ち」とは、警察用語で容疑者が自供を始めた状態を指す。すべてを供述する「完落ち」に対し、もうひと押しという意味からそう呼ばれるようになったという。

 市橋容疑者のケースでは、断食と黙秘が抵抗姿勢を示す2本柱だった。
 千葉地検と千葉県警は同日、市橋容疑者の身柄を行徳署から千葉刑務所内の拘置施設に移送。弁当を食べたのはよかったが、逮捕された10日から長期間食事を取らなかったため、地検と県警は健康上の理由から、医師と看護師が常駐する拘置施設で取り調べをするのが妥当と判断した。
 捜査本部によると、弁当を食べ終えた午後3時前に拘置施設に移送した。移送の際、市橋容疑者は自力で歩け、ふらつくこともなかったという。
 市橋容疑者は16日、行徳署の留置場から取調室に向かう際にふらつき、医師を呼んで栄養剤の注射を受けた。地検の担当検事が署に通い、取り調べを続けていた。
 栄養剤はビタミンやアミノ酸、電解質などで構成され、脂肪やタンパク質を体内に補給できないため、医療関係者は「点滴だけでは栄養不良で衰弱し、危険な状態になり得る」と話していた。(リアルスポーツより抜粋)


北朝鮮:金総書記に三男同行 「正銀氏」地方で指導--初の公式文書
 【北京・西岡省二】北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記が今年4月下旬、三男正銀(ジョンウン)氏(従来表記は「正雲」)を地方視察に同行させたことが公式に記録されていることが、毎日新聞が入手した内部文書によって判明した。正銀氏の現地指導同行が文書で裏付けられたのは初めて。文書には「金正銀大将同志に関連して発表された初の公開文献」と明記されており、正銀氏への後継作業の一環として既に活動記録の保存が始まっていることが明らかになった。

 文書は、金総書記が北朝鮮南東部の拠点都市元山(ウォンサン)を現地指導した際に作成された。日付は「主体98(2009)年4月26日」。タイトルは「元山農業大学を現地指導しながらイルクン(活動家)たちと交わした談話」となっており、金総書記の発言が紹介されている。

 金総書記は同大学を「偉大なる首領様(故金日成(キムイルソン)国家主席)と金正淑(キムジョンスク)オモニム(お母様)の熱い業績が凝結している意味深い大学」とたたえたうえ、「きょう、金大将とともにやってきました」「元山農業大学は首領様と金正淑オモニム、私と金大将に仕える栄光の大学になった」などと発言する中で、正銀氏の存在を伝えている。

 北朝鮮の公式報道では、国営朝鮮中央通信が同じ日に「金総書記が元山農業大学に新設された土壌式無公害温室を現地指導した」と報道。朝鮮労働党の金己男(キムギナム)書記と張成沢(チャンソンテク)、朴南基(パクナムギ)の両部長同行を伝えていたが、正銀氏の名前や指導日は伏せられていた。

 北京の外交関係者は「金総書記の元山訪問は4月25日と確認され文書はその直後に党宣伝扇動部の実務者が作成したと考えられる」と指摘している。

==============

 ■おことわり

 北朝鮮当局は現時点でジョンウン氏の漢字表記を公表していませんが、毎日新聞が入手した内部文書によって、「ウン」については「雲」ではなく「銀」や「恩」などに当たるハングル表記であることが既に判明しています。その後の取材で北朝鮮関係者の多くが漢字表記は「『正銀』が適切」と証言しました。これまで「正雲」と表記してきましたが、今後は「正銀」と表記します。(毎日より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「『正雲』が『正銀』」の記述ですが、もしかして「今までの『正雲』名の文書は『欺瞞情報』」だったって事でしょうか。正に「情報漏洩ルートの洗い出し」に日本マスゴミが利用されたのでは?(思案)

「永久債」のお次は「マイナス利子国債」?

 以前の記事で紹介した「永久債」といい、この兵頭二十八師匠の「マイナス利子国債」といい、こういう「既存の発想を越えた発想」を、もっと出せないのでしょうか、民主党&財務省の皆様?(ニヤリ)

 そして、それで捻出した資金で「何をやるべきか」については、この記事でも紹介された『「自衛隊」無人化計画――あんしん・救国のミリタリー財政出動』を読んで頂くのがベストですね。ホント「日本『再独立』に相応しい国家体制」構築の一助足りえるのでは・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

              ■ マイナス利子国債 2009年11月27日 08:26

 2009-11-23の講演で南木先生から小生の「マイナス利子国債」提案について、ちょっとご紹介していただきましたが、時間が足らず、詳説できませんでした。

 これは「無利子国債」を超越する発想で、償還額がはじめから額面割れするという約束、しかも償還は一括ではなくて10年年賦くらいの償還になるという、投資商品としては至ってマイナスの価値しかないにもかかわらず、日本の個人資産家が1400兆円の貯金をぜんぶ吐き出してこれを争って買い求めることになるという、大蔵省にとっても夢の国債です。

 なぜそんなに買われるかというと、この「マイナス国債」に限っては、贈与税がかからない。もちろん、満期前の転売は自由です。

 つまり「生前贈与」をしたい資産家のご老人向けなのです。

 相続税法は簡単には変えられないでしょう。しかしこの「マイナス利子国債」を発行すれば、事実上、日本の億万長者にとって「相続税」はゼロになったと同じことです。

 その代わりに、この「マイナス利子国債」を買った最初の人が、一定額の〈税金〉を前納したことになるわけです。主税局をはじめ、誰も損をしないディールです。

 これで、日本の財政は、一夜にして、世界一健全なプライマリーバランスに蘇るでしょう。

 遺産を早々と譲られた跡継ぎたちも、気分が強気になり、金遣いが大胆に、計画前倒し的となるでしょう。消費が復活します。

 インフレにも、デフレにもなりません。日銀も大満足です。

 政府が、いきなり潤沢になった財政で何をすべきかについては、PHP研究所刊の『「自衛隊」無人化計画』で縷々、提言しているところであります。ワンマン・シンクタンク報告です。これを一読されれば、民主党&財務省の「仕分け」など馬鹿らしくて見ていられないでしょう。

 貿易黒字と無関係に輪転機で刷りまくられた「元」で米国国債を買うことを認め、しかも「元」の対ドル・ペッグを許容している米国政府は、中共と共倒れの道を疾走中です。シナ経済が崩壊し、ドルが暴落するのは必然でしょう。江頭先生、先生の念願が、そろそろ叶いそうであります。(兵頭二十八HPより抜粋)

「平和派(ハト派)こそ、頭に超がつく現実主義者(リアリスト)でなければならん!」、このセリフを現実世界の首相が言う日は何時?・288&核に関して、いい加減「大人になれや、日本人」ってか・・ 127


 そういえば、エルバラダイIAEA事務局長が「生臭ムッラーとの交渉は袋小路」と本音をポロリと出しましたが、結局「『武力の裏つけ無し』に口先だけの非難&制裁に終始」したのがそもそもの間違いなんですよ。核の刀狩を断行する気がないのなら、せめて「『自衛措置』としてのNPT10条行使を容認」ぐらいはして欲しいもの?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

              日本の領土要求は軍事脅威 露高官が見解

 20日付のロシア新聞によると、ロシアのパトルシェフ安全保障会議書記は現在進められている軍事ドクトリンの見直し作業に関連し、日本などが領土要求を強めていることがロシアにとって軍事的脅威の一つになっているとの見解を示した。

 他の脅威としては、北大西洋条約機構(NATO)の東方拡大や北極海での資源争奪の激化などを挙げ、現実に対応したドクトリンが必要だと述べた。

 新たな軍事ドクトリンは年内にメドベージェフ大統領に提出される予定で、同書記は核兵器先制使用の条件が緩和され、通常兵器による大規模な侵略だけでなく、地域紛争に対しても核先制使用が可能になると述べていた。(産経より抜粋)


イランとの核交渉は袋小路にと、近く退任のIAEA事務局長

(CNN) イランの核開発問題で国際原子力機関(IAEA)のエルバラダイ事務局長は26日、イランの核計画に関する検証作業が同国の協力不足により行き詰まりの状態にあるとの認識を示した。IAEAの定例理事会で述べた。


エルバラダイ氏は1997年に事務局長に就任、今週末に退任する。理事会では最後の報告となる。事務局長はこの中で、イランが今年9月になり第2のウラン濃縮施設を公表したことで他の未申告施設の建設はないとするイランへの信頼性は減じていると批判。


また、核開発は完全に平和目的とするイランの主張を確認する懸案の問題の解明で進展もないとし、イランがIAEAに協力しなければ交渉は袋小路の状態で有り続けると語った。


IAEAは先月から2回、第2の濃縮施設を査察したが、使用目的や建設時期でイランの説明には矛盾があると指摘している。また、IAEAは核開発の軍事転用を防ぐためイランが貯蔵する低濃縮ウランの国外搬送、医療研究用の燃料に加工し、イランに送り返す構想を提案したが、同国は拒否している。


これを受け、イランと核交渉を続ける国連安全保障理事会の常任理事国5カ国とドイツは制裁強化に傾斜している。(CNNより抜粋)


イラン第2のウラン濃縮施設の建設停止を要求、IAEA決議

(CNN) 国際原子力機関(IAEA)は27日、定例理事会を開き、イランの核開発問題で今年9月に存在が明るみに出た同国第2のウラン濃縮施設の建設停止などを求める決議案を賛成多数で採択した。決議案は、国連安全保障理事会の5常任理事国とドイツが作成していた。


決議はまた、イランに対し同施設建設の本来の目的、未申告の核関連施設が他になく、建設計画もないことなどの説明を求めた。決議は安保理に報告される。理事会は35カ国で構成され、採決では賛成25、反対3、棄権6。1カ国は不参加だった。反対はマレーシア、ベネズエラ、キューバだった。


イラン核問題に関連するIAEA決議は2006年2月以来。イランは今回の決議案について、採択された場合、IAEAとの協力関係に悪影響が出るとけん制していた。


IAEAは先月から2回、第2の濃縮施設を査察したが、使用目的や建設時期でイランの説明には矛盾があると指摘していた。また、IAEAは核開発の軍事転用を防ぐためイランが貯蔵する低濃縮ウランの国外搬送、医療研究用の燃料に加工し、イランに送り返す構想を提案したが、同国は拒否している。


これを受け、イランと核交渉を続ける安保理常任理事国5カ国とドイツは制裁強化を打ち出す構えを見せている。エルバラダイIAEA事務局長は26日、定例理事会で、イランの核計画に関する検証作業が同国の協力不足により行き詰まりの状態にあるとの認識を示していた。(CNNより抜粋)

「UNOZAM」では55人、さて「ISAF」では・・112

 前任者は「日本に派兵を懇願」したようですが、「ISAF出兵を明言」した鳩ポッポ政権(正確には「黒幕」が)には「話を持っていかない」のでしょうか?(ニヤリ)

 まあ、NATOが欲しいのは「輸送ヘリ&医療部隊」みたいですが、PMCのヘリの墜落(撃墜?)でも判るように、かの地域でのヘリ運用はかなり大変みたいですし、少なくとも「護衛なしの後方支援部隊のみ」ってのは無謀の極み?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            NATO事務総長、加盟国からのアフガン増派を期待と

ベルリン(CNN) 北大西洋条約機構(NATO)のラスムセン事務総長はCNNとのインタビューで、オバマ米政権が発表するとみられるアフガニスタンへの追加派兵に続き、NATO諸国も増派に踏み切ることを期待すると述べた。

ラスムセン氏によれば、NATO内部では現在、米国の増派決定を待って各国がその後に続くよう、「最終段階の協議」が続けられている。同氏は「部隊の具体的な規模に言及するのは時期尚早」と述べる一方、「追加派兵はアフガンの治安改善につながるはず。NATO諸国が米国に続くことは、同盟関係上もアフガンでの作戦上も非常に重要だ」と強調。加盟国首脳らに自ら呼び掛け、「前向きの反応も得ている」ことを明らかにした。

さらに、アフガン大統領選後の混乱が収束して2期目のカルザイ政権が発足し、駐留部隊の増派が決まることで、同国の復興へ向けた「新たな勢い」が生まれるとの見方を示した。NATOの増派をめぐっては、ブラウン英首相からも「英政府の閣僚、高官が主要加盟国10カ国と会談、協議した」との報告を受けたという。

NATOは現在、アフガニスタンに展開する7万人規模の国際治安支援部隊(ISAF)を指揮している。米国はその半数近くを占めている。アフガン駐留米軍のマクリスタル司令官が米兵4万人の増派を要請しているのに対し、オバマ大統領は3万4000人を送り込む方針を決めたとされる。複数の米軍関係者がCNNに語ったところによると、NATO諸国には12月7日の会合で、この差を埋める規模の増派が要請される見通しだという。(CNNより抜粋)


       ISAF契約企業のヘリ墜落を確認、アフガン東部の山岳地帯

カブール(CNN) アフガニスタンで反政府武装勢力の掃討作戦を進める北大西洋条約機構(NATO)主導の国際治安支援部隊(ISAF)当局者は27日、23日夜に当国東部の山岳地帯で交信を絶ち行方不明となっていたISAFと契約する企業のヘリコプターの墜落現場を確認したと述べた。


搭乗人員の数や死傷者の有無などには触れなかった。墜落原因も明らかでない。行方不明だったのはオランダに本拠がある「Supreme Global Service Solutions社」のヘリで、米軍、ISAF部隊の基地に食料や資材などを輸送する業務に当たっていた。


ISAF報道担当によると、ヘリから救難連絡などは受けなかったという。


2001年の米英主導の軍事作戦で政権を追われたイスラム強硬派勢力タリバーンはアフガン南部、東部に拠点を築いている。(CNNより抜粋)

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・1186

 ねえねえ、もしかして「コレが『本当の一号』」でしょ?(ニヤリ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

             中国、2回目の月探査を来年10月に実施へ

北京(CNN) 中国は月探査第2期プロジェクトとして、探査衛星「嫦娥2号」を2010年10月に打ち上げる計画を明らかにした。27日付の英字紙チャイナ・デーリーが伝えた。

中国は2007年、初の月探査衛星「嫦娥1号」を打ち上げた。同衛星は月周回軌道から約1年4カ月にわたって観測データを収集し、今年3月、計画通り月面に落下した。嫦娥2号は、1号より100キロほど月面に近い軌道を周回する予定だという。

第3期プロジェクトとして、2017年には無人探査機で採集した月面の土や石を地球へ持ち帰るミッションが計画されている。

同国は米国、ロシアに続き、2003年に有人宇宙船の打ち上げに成功。08年には宇宙飛行士による船外活動も実施した。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 そういえば、有人飛行の話がトンと絶えてますが、もしかして「いきなり月着陸狙い」?(ニヤリ)

「平和派(ハト派)こそ、頭に超がつく現実主義者(リアリスト)でなければならん!」、このセリフを現実世界の首相が言う日は何時?・287&「ワサビ&ガリ(軍事&諜報)抜き」の「握り(帝国主義)」なんて・5

 あ・の・ね・え・!世界的に「新興国が防衛費を3~8倍増」のトレンドなのに、此処で「防衛費を抑制」すれば、その代償は「危機的な軍事バランス崩壊」なのに、その態度の事もわからないのでしょうか?(嘲笑)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          防衛予算を厳しく抑制 来年度、鳩山政権方針案

 鳩山内閣が検討している来年度の防衛力整備方針案が25日、分かった。基本原則として「マニフェスト財源捻出(ねんしゅつ)の必要性や中期防衛力整備計画策定による経費総額の見積もりがなされていないことなどを踏まえ、新規後年度負担額を厳しく抑制する」と明記。09年度まで7年連続で減少を続けている防衛予算の、更なる削減を目指す。

 前政権で年内に予定されていた新たな防衛計画大綱と中期防衛力整備計画の策定が、来年度に先送りになったことに伴う新たな方針。北沢俊美防衛相が、同日午前の基本政策閣僚委員会で示した。

 基本原則では、防衛予算削減のため「現有装備の改修による有効利用」を挙げた。ただ、「必要な人員は確保」し隊員数は維持するとした。

 一方、北朝鮮の弾道ミサイル発射に対処するための地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)については、前政権と同様に追加配備する方針。ただ、追加配備には岡田克也外相らから慎重論も出ており、今後の議論の焦点になる。(朝日より抜粋)


【事業仕分け】政治家レベルで“巻き返し”狙う防衛省

 事業仕分け8日目の26日、防衛関連予算が俎上に載った。機密性、専門性の高い分野である上に高度な政治判断が必要なだけに要否の判定は難しく、「防衛の素人(しろうと)」である仕分け人の表情には困惑の色がみえた。結局、仕分け人が判定できなかった地対空誘導弾(PAC3)の追加配備経費をはじめとする予算について、防衛省は「防衛のプロ」の立場から、今後の政治家同士の折衝で巻き返しを狙う構えだ。

 「どういう仕分けをしたらいいのかさっぱり分からない」

 「政治が判断してもらわないとわれわれには分からない…」

 PAC3予算の仕分けでは、民間メンバーからこんな戸惑いの声が漏れた。

 防衛省は、北朝鮮が弾道ミサイルの発射訓練を繰り返していることなどから、「緊急性が高い」と追加配備に理解を求めた。しかし、防衛予算については、民主党が防衛計画大綱の改正を先送りしている事情もあって、結論は出しにくい。最後には、統括役の民主党の枝野幸男元政調会長が「PAC3はこの仕分けにはそぐわない」と投げてしまった。

一方、防衛省が「譲れない一線だ」(幹部)との姿勢で臨んだ自衛隊第一線部隊の実員を約3500人増やす計画などは「見送り」判定となり、防衛省には「厳しい結果だ」との受け止めが広がった。防衛省は「自衛官増員などを含めて国のあり方そのものの話」として、年末の予算編成に向けて、政治家レベルの議論で復活を図る構えだ。

 仕分け作業に同席した長島昭久防衛政務官は、増員要求の見送り判断などを受けて「極めて表面的レベルで判定が下された」と指摘。「これから政治家レベルで議論をもう1回やり直したい」と強調した。

 北沢俊美防衛相は在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)が仕分け対象になったことそのものに反発してきた経緯があり、今後の財務省や国家戦略局との話し合いがヤマ場だとみている。

 ただ、PAC3追加配備には閣内から慎重論が噴出。自衛官増員には、社民党の重野安正幹事長が26日の記者会見で「公務員が万(単位)で減らされている状態で、増やす発想は容認できない」と判定に賛意を表明しており、政治家レベルの交渉でも、復活には厳しい展開が予想される。(産経より抜粋)

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・1185

 さすがのフューラーも、信条と趣味は別腹?(大嘲笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     【音楽の政治学】ヒトラーの偽善 「劣等」と呼んだ人種のレコードを隠し持つ

(AP) アーリア人種の優越性を主張し、それ以外を劣等人種と決めつけたヒトラー。ユダヤ人を大量虐殺し、ロシア人をも憎悪したこの独裁者が生前、ユダヤ人やロシア人の音楽家のレコード多数を帝国総統府内に隠し持っていたことが最近、判明した。

 このレコードの存在を世に知らしめたのは、第二次大戦後のベルリンに、ソ連軍将校として赴いたレフ・ベジメンスキー氏の娘、アレクサンドラさんだ。

 アレクサンドラさんと、レコードの出合いは偶然だった。1991年、モスクワ郊外の家の屋根裏で、バドミントンの道具を探していたとき、ある木箱を見つけた。箱には「帝国総統府」と書かれ、驚いて階下に戻ると、父親は「あの日」のことを語り始めた。

 ヒトラーが自殺した後の45年5月、ベジメンスキー氏が総統府に入ると、特殊な鍵がかけられた鉄の扉の向こうに秘密の部屋を発見した。そこに「帝国総統府」と書かれた木箱があり、中にはワーグナーやチャイコフスキー、ラフマニノフのレコードがあった。

 さらに、ナチスのオーストリア併合(38年)直前に、同国から逃れたユダヤ系ポーランド人のバイオリニストのフーベルマン、母を強制収容所で失ったユダヤ系オーストリア人のピアニスト、シュナーベル(後に米国へ移住)の演奏レコードまであった。

ソ連軍は大戦末期、ドイツで略奪を重ねた。55点の高級絵画、9つの金時計、713の銀製品を奪った、とある将校の話は有名だ。ベジメンスキー氏はというと自らを恥じたのか、レコードを46年間も隠し続けた。だが、同氏の他界(一昨年春)に合わせ、娘が話を公にしたのだった。

 このニュースは世界に衝撃を与えた。ヒトラーは自著「わが闘争」で、ロシア人の“劣等性”に言及し、「芸術の女王」である音楽と建築が「ユダヤ文化から得たものは何もない」と断じていたからだ。

 ウィーン滞在時代、オペラ座にほぼ毎日通うなど音楽好きのヒトラーにとり、一流の音楽とは、どんなイデオロギーを掲げようとも手放せない“麻薬”のようなものだったのだろうか。

 アレクサンドラさんは独誌に「侮辱された気分だ。スラブ人やユダヤ人数百万人が命を落としたのは、まぎれもなく、ナチスの人種差別主義的なイデオロギーによるものだからだ」と、苦々しく話している。(産経より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 それはそれとして、良くもまあ「ソ連時代に『帝国総統府(多分鍵十字付き)』の品物を保有」してばれなかったもの・・(思案)

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・1184


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           超大型粒子加速器「LHC」、1年ぶりに運転再開

(CNN) 欧州合同原子核研究機関(CERN)は21日、本格稼働開始直後の昨年9月に故障した超大型粒子加速器「LHC」の運転を再開したと発表した


「LHC」は、大型ハドロン衝突型加速器(Large Hadron Collider)頭文字を取った呼称で、スイス・ジュネーブ郊外の地下約100メートルに掘られた、1周27キロのトンネルを利用した実験装置。超伝導電磁石1700台を設置し、陽子を光速の99.99%まで加速して衝突させ、宇宙誕生とされる大爆発「ビッグバン」直後の超高温・超高圧状態を人工的に再現しようとしている。


しかし、昨年9月の本格始動直後に、冷却装置が故障して運転を停止、1年以上かけて修理していた。


今年10月9日、実験に必要な絶対零度(マイナス273.15℃)付近まで装置全体が冷却され、同23日に粒子が注入されていた。運転再開により、陽子ビームがトンネル内を無事に一周したことが確認された。


今後、陽子ビームに与えるエネルギー量を段階的に増やし、衝突エネルギーを増大させ、陽子の衝突によって生じる粒子の分析を進めていく。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 まさかとは思うんですかど、例の2012年ネタですが「実は『コレでマ○ク○ブ○ッ○ホ○ルを製造(太陽風の影響で機械が暴走?)』してしまって、それが地球の中心に突っ込んで×××××」ってのが正解じゃないでしょうね、マヤ人の皆様?(ガクガクブルブル)

「平和派(ハト派)こそ、頭に超がつく現実主義者(リアリスト)でなければならん!」、このセリフを現実世界の首相が言う日は何時?・286&「UNOZAM」では55人、さて「ISAF」では・・111

 アメリカIAEAも「やる気の無さ見透かさされている」から、タリバンもウーゴっちも「公然とビッグマウスを連発」するんですよ。お分かりですか・・(爆笑)

 それこそ「ウエストポイントで『3万どころか10万増援』を断言」&「生臭ムッラー相手に『核戦争覚悟で「核の刀狩実施」とそれを支援する将軍様ウーゴっちへの武力制裁も示唆」するぐらいの「事としだいで『WWⅢも辞さない』を断言」するぐらいして「ようやく『WWⅢ』を抑止」出来るってことがまだわからないのでしょうか。超大国や国際機関がこの様なら、日本としてはせめて『自分の火の粉は自分で払える(友好国と共に)』体制を構築する事で、ささやかながら自衛を図るしか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          オバマ大統領、1日にアフガン新戦略や増派問題で演説

ワシントン(CNN) オバマ米大統領が見直しを進めるアフガニスタン軍事戦略、増派問題で、ギブズ米大統領報道官は25日、同大統領が米東部時間12月1日午後8時(日本時間同2日午前10時)、全米向けにテレビ演説を行い、新戦略などを発表すると述べた。


演説はニューヨーク州ウエストポイントの陸軍士官学校で行う。報道官は、大統領はこの中で、米軍増派が必要な理由、米国の利益、増派の経費、増派に至った考え方などを説明すると述べた。同時に、米国のアフガンへの関与は無期限ではないことにも言及するとした。


米軍はアフガンに既に9年いるとし、「さらに8、9年いるつもりはない」とも語った。オバマ氏は駐留米軍の撤退問題にも触れるとみられる。


オバマ氏はアフガン軍事作戦をテロとの戦いの主戦場と位置付け、今年1月の就任後、約2万1000人の増派を決定、実施している。ただ、イスラム強硬派勢力タリバーンの攻撃は依然続き、治安は悪化の一途を辿り、駐留米軍のマクリスタル司令官は先に約4万人の追加派兵を大統領に進言したとされる。


米国防総省高官によると、同省は約3万4000人の増派計画の詳細を詰めている。(CNNより抜粋)


米軍増派でも敗北変わらずと、潜伏のタリバーン最高指導者

(CNN) 米軍が行方を追うアフガニスタンのイスラム強硬派勢力タリバーンの最高指導者オマール師を名乗る人物が25日、声明を出し、オバマ米政権が近く発表するとみられるアフガン駐留米軍の増派などに触れ、追加派兵があっても米軍や多国籍軍は絶対的な敗北に直面することに変わりはないと主張した。


アフガンの反政府武装勢力系のインターネット雑誌に掲載されたもので、アラビア語、アフガンのパシュトゥン語で述べられている。この人物がオマール師なのかは不明。


声明は「力の政治と専制は誰にも受け入れられない」と語り、敵対政策は米軍などの新たな敵を輩出し、戦闘に向かわせていると付け加えた。


オマール師は逃亡を続けているとされ、パキスタン国境沿いの山間部に潜伏しているとの見方がある。同師を名乗る人物の声明は、タリバーンによる外国軍との戦闘は勝利に近付いているとする今年9月のメッセージ以来、初めて。


オマール師はまた、9月にパキスタンに軍事評議会を設けたことを配下の戦闘員に通知しとする情報もある。


オマール師は政権を握っていた際、国際テロ組織アルカイダと共闘関係を築いていた。(CNNより抜粋)


IAEA理事会が開幕 イラン核問題など協議

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)の定例理事会(日米など35カ国)が26日、ウィーンのIAEA本部で2日間の日程で始まった。9月に第2のウラン濃縮施設の存在が発覚したイラン核問題が主要議題。国連安全保障理事会の5常任理事国とドイツは、同施設の疑惑解明を求める決議案を理事会に提出、早ければ26日に採決が行われる見通し。

 IAEAのエルバラダイ事務局長は冒頭演説で、イランが9月まで施設の存在を明らかにしなかったことについて「誤った行為」と強調し「未申告の施設が本当にもうないのか信頼が揺らいでいる」と懸念を表明した。

 イランの低濃縮ウランを国外に輸送するIAEAの草案を同国が拒んでいることにも「失望」を示し「この好機を逃せば、後悔するだろう」と受け入れを迫った。

 6カ国は25日、決議案を提出。施設の建設差し止めや未申告の施設の有無についてイランに説明を求める内容で、同国への経済制裁に否定的な中国も決議案を支持している。(47NEWSより抜粋)


イラン大統領がベネズエラ到着、反米のチャベス大統領と会談

(CNN) イランのアフマディネジャド大統領が24日夜、南米3カ国歴訪の最後の目的地ベネズエラの首都カラカスに到着、翌25日にチャベス大統領と会談した。エネルギー、投資、貿易、科学などの分野で両国関係の強化策を話し合う見通しで、計約70件の新協定を締結するとの見方も出ている。


両首脳は共に反米路線を掲げており、チャベス大統領は南米で最大のアフマディネジャド大統領支持者。歓迎式典ではお互いを「兄弟」と呼び合い、親密さを見せた。

イランは核開発計画で欧米と厳しく対じしているが、ベネズエラ、ブラジルやボリビアのウラン鉱山開発に強い関心を示している。アフマディネジャド大統領は今回、この3カ国を訪れている。


チャベス大統領は今年9月にイランを訪問した際、ベネズエラのエタノール工場建設、イランのガスエネルギー開発などで協力を確認している。(CNNより抜粋)

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・1184

 コレは「アッラーの悲しみの涙」では・・(思案)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            イスラム教徒のメッカ巡礼、大雨の中始まる

サウジアラビア・メッカ(CNN) イスラム教徒にとって一生1度は果たすべき義務とされる聖地メッカ巡礼(ハジ)が25日に始まったが、巡礼者が例年より少ないうえ、珍しく大雨に見舞われた。


CNN記者によると、メッカ近郊のミナでは巡礼者250万人が夜間滞在するテントで、雨漏りや浸水の被害が出た。ただし長年費用を貯金してきた巡礼者らの熱意は、悪天候の中でも衰える様子はない。


今回の巡礼は新型インフルエンザ(H1N1型)の感染拡大への懸念から、地元サウジアラビア人の巡礼者が40%減少した。海外からの巡礼者は増加しており、同国の保健当局者は感染対策に自信を示している。新型インフルエンザでは、先に現地入りしていた巡礼者4人が既に死亡した。


巡礼者減少に、地元のビジネスは危機感を抱いている。金の販売価格を引き下げた市場の商店主は、新型インフルエンザの懸念が金価格の高値と相まり、消費者を遠ざけているとコメント。別の商店主は、通常20%の利幅が5%に縮小したことを明らかにした。巡礼当局によると、海外からの巡礼者の一部は高級ホテルに割引料金で宿泊しているという。


メッカの大雨は四半世紀ぶりとみられ、天気予報は27日まで降り続くとしている。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 不況にインフルエンザと、ホント「聖地も俗世の影響が大」では・・(思案)

「UNOZAM」では55人、さて「ISAF」では・・110

 あ~あ、結局「連邦軍が詰め腹を切らされる」とは、ドイツ政府も情け無いですね。この種の戦闘で「付随的被害が避けれられない」のは自明の理なのに、ドイツにまだまだ生息する「神学論争好きの頭蝶々集団」の嫌がらせに、さすがのメルケル閣下も抗えなかった?(トホホ)

 そういえば、日本では「鳩ポッポ政権が『普天間欲しけりゃアフガンで血を流せ』といわんばかりの動き(幹事長の持論?)」が盛んみたいですが、もしもドイツ軍と同様の事態に直面した時、日本なら庇うどころか「現地司令官は無論、統合幕僚部全員を『自任と言う名の解任』」に追い込むのがミエミエで、そういう理不尽な決定が、正しくアレを誘発しかねない?(ガクガクブルブル)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          独陸軍参謀長が辞任、アフガンで民間人死亡の空爆背景に

ベルリン(CNN) ドイツのグッテンベルク国防相は26日、議会で、シュナイデルハーン陸軍参謀長が辞表を提出したと発表した。自発的な辞任としているが、地元メディアは、アフガニスタン北部クンドゥズで今年9月、北大西洋条約機構(NATO)主導の国際治安支援部隊(ISAF)に参加するドイツ軍司令官が指示した空爆で、民間人を含む90人以上が死亡した問題が背景にあると報じている。


アフガンの地方行政当局者は、死亡者の約半分が民間人とも主張していた。空爆は、イスラム強硬派勢力タリバーンに強奪されたISAF用の燃料トラックを標的にしていた。民間人は燃料の分配を求めて集まっていたともされた。


当時のユング独国防相や連邦軍当局は当時、空爆で民間人が死亡した事実を否定していた。しかし、地元紙ビルトは26日、軍の秘密報告書やビデオは明らかに民間人の犠牲者がいることを示していたなどと報道。また、空爆を求めた司令官が、要請前に民間人が巻き込まれる可能性は否定出来ないと判断していたことも判明したと伝えた。


ドイツ軍司令官が求めた空爆を支持していたシュナイデルハーン陸軍参謀長は、ビルト紙報道を受ける形で辞表を提出した。


アフガン駐留ドイツ軍の規模は約4500人で、米英に次ぐ。死亡者の増加などで早期撤退論が世論で強まっているが、ドイツのメルケル政権は最近、軍の駐留期間を1年延長していた。(CNNより抜粋)


日米外相が電話会談 米側はアフガン新戦略を説明

 岡田克也外相は26日夜、クリントン米国務長官と電話会談し、オバマ米大統領が12月1日に発表する新たなアフガニスタン戦略について説明を受けた。クリントン氏は、日本政府が10日に閣議決定した5年間で50億ドル規模の民生支援策について謝意を表明した。

 新戦略の内容は明らかにされていないが、米軍の追加的増派などを柱にしているとみられる。岡田氏は今後のアフガン支援について「有効で効率的な支援のためによく協力していきたい」と述べ、米国と緊密に連携する考えを強調した。

 会談は米側が同盟国である日本に新戦略を事前説明するために申し入れた。(産経より抜粋)

コレがホントの『砂漠の一夜城』?

 ドバイの『バブルの城』ですが、やはり「バブルの城は『一夜城』だった」ようですね。マスゴミで「ドバイを礼賛」する記事が多々出てきた時から「どう見ても『二流のディベロッパーの大風呂敷開発』に見えた」のですが、やはり・・(爆笑)

 でも、この騒動で改めて「SWFの危険性が認識」されたのが救いではないでしょうか。日本でこの話題が出た時「対日・金融間接侵略」の危険性がクローズアップされてましたが、自分はの方が本質的に深刻な問題を孕んでると見てましたが、ホントドバイ&UAE政府が「一般人は『デフォルトで投獄』なのに、王族は『ロハで解決』」なんて甘甘な解決でケリをつけようとすれば、それこそ・・(ガクガクブルブル)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       ドバイ、政府系企業債務の返済延期要請 5兆円、資金調達が難航

 【ドバイ=太田順尚】アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国政府は25日、政府系持ち株会社ドバイワールドと、傘下の不動産開発会社ナキールが抱えるすべての債務の支払いを猶予してもらうよう債権者に要請すると発表した。ドバイワールドの債務はナキール分を含め総額590億ドル(約5兆1000億円)に上るとされ、ドバイの支払い能力への国際的な懸念がいっそう深まる恐れが出てきた。

 政府は今回の措置を「企業再建の第一歩」と説明。債務返済を一時停止し、返済期日の少なくとも来年5月30日までの繰り延べを求める。両社については、ナキールが12月に35億ドル(約3000億円)のイスラム債の返済期日を控えるのをはじめ、来年初めにも複数の大型債務が返済期日を迎えるが、返済に向けた資金調達が難航したとみられる。

 ドバイワールドとナキールの債務は、ドバイが公表している政府と政府系企業を合わせた債務総額800億ドルの大半を占める。両社の債務返済延期はドバイの国際的な信用低下に結びつく可能性が高く、両社に対して債権を持つ日本企業にも影響が出る可能性がある。(日経より抜粋)


ロンドン株反落、銀行株安い ドバイ企業の債務返済延期を懸念

 【ロンドン=欧州総局】26日午前のロンドン株式相場は反落。FTSE100種総合株価指数は午前10時現在、前日終値に比べ94.80ポイント安の5270.01で推移している。4銘柄を除く全ての銘柄が下落している。

 ドバイの一部企業による債務返済延期の可能性が懸念され、銀行株が全面安。HSBCホールディングスやスタンダード・チャータード銀行の下げが目立つ。

 銅など金属価格の下落を背景に、リオ・ティントやアングロ・アメリカンなど鉱業株も軒並み売られている。原油安を受けて、タローオイルなど石油株も下落。

 ドバイ証券取引所が出資するロンドン証券取引所は大幅安。生保のリーガル・アンド・ゼネラルは、シティグループによる投資判断引き下げが響いて下がっている。

 半面、水道のセバーン・トレントと総合公益会社のユナイテッド・ユーティリティーズは買われている。当局による水道料金引き下げ幅が予想を下回ったことが買い材料。 (日経より抜粋)


アラブ諸国政府保有のガルフ国際銀行、起債延期-ドバイの返済延期で

(ブルームバーグ):アラブ諸国6カ国の政府が保有するガルフ国際銀行(GIB、バーレーン)は、5年債の発行を延期した。アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の政府系投資持ち株会社ドバイ・ワールドが25日、債務返済延期の計画を発表したことを受け、起債を見送った。

  GIBによると、同行は40億ユーロ規模の中期債発行計画の最初の起債に向けて、バークレイズ・キャピタルとGIBファイナンシャル・サービシズ、HSBCホールディングス、UBSを起用していた。事情に詳しい関係者は、GIBが5億ドル相当のドル建て債をスワップレートに2.5ポイント上乗せした利回りで発行する計画だと述べていた。

  590億ドルの債務を持つドバイ・ワールドの返済延期発表は世界の債券市場を揺るがせた。格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスとスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は延期がデフォルト(債務不履行)に相当する可能性を示唆し、複数の政府系企業の格付けを引き下げた。

  GIBは発表文で「当行債を購入する投資家の利害を考慮して発行延期を決めた」とし、「GIBは市場をモニターし続け起債の好機を探る」と表明した。

  発表によると、GIB債には60件以上の注文があり、応募は発行予定のほぼ2倍だった。湾岸協力会議(GCC)加盟国やアジア、欧州の投資家を対象に説明を行っていたという。

  ドバイ・ワールドの発表を受けて新興市場国のソブリン債の保証コストが上昇。CMAデータビジョンによると、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)によるドバイ債の保証コストは26日、131ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の571bpとなった。バーレーン債のCDSスプレッドは30.5bp上昇の225bp。アブダビ債のCDSスプレッドは18.5bp上昇し155bbp。ベトナム、インドネシア、ロシア債の保証コストも上昇した。(ブルームバーグより抜粋)

「絶好の人材獲得チャンス」を逃そうとするなんて・・・? ・6

 納税者番号システムの件といい、ホント民主党政権は「無駄遣いを廃止」するつもりはあるのでしょうか。本気なら「こんな千載一遇の『人材&装備のバーゲンセール』」を逃すはずがないのに・・(唖然)

 軍属や文官(特にバキャリア)は「大いに削減」してもらいたいものですが、昨今の「イスラエルとドッコイドッコイ」の軍事情勢を鑑みれば「せめて『実戦部隊はすべてピチピチの20代』になる程度の制服組増員」は、国防のみならず災害支援にも有用なのに、ホントにねえ?(憮然)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

             自衛官の増員認めず 事業仕分け 効率運用促す

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は二十六日午前、二〇一〇年度予算概算要求の無駄を洗い出す事業仕分けの八日目の作業を行い、防衛省が七十二億円を要求した自衛官の実員増を「認めない」と判定した。防衛省は、一線部隊の人員が不足し任務に支障が出る恐れがあるとして約三千五百人の増員に理解を求めたが、公務員削減の方向に逆行すると判断された。

 防衛省は、業務の民間委託で自衛官の定数削減に努めてきたが、仕分け人の枝野幸男衆院議員は「民間委託のコストが、自衛官の定数減で減らした人件費と同じだ」と問題視し、効率的な自衛隊の運用を促した。

 沖縄県の米軍基地など防衛施設の用地借料と更新協力費(計千百八十九億円)は要求通り認めた。

 経済産業省が要求したアニメや映画などコンテンツ産業支援(十四億円)とファッション産業支援(五億円)については「支援が天下り団体を通っている」と三分の一程度の予算縮減を求めた。

 アジア太平洋地域の環境問題を研究する地球環境戦略研究機関への環境省の拠出金(五億円)は予算縮減と判定。国連大学への拠出金(三億円)と、生物多様性を保全するための基金創設(十億円)は要求通り認めた。生物多様性関連の三事業(計十億円)は二事業を縮減、一事業を要求通りと判定した。(東京新聞より抜粋)

ASATの実戦配備で「世界標準」では?・16&「平和派(ハト派)こそ、頭に超がつく現実主義者(リアリスト)でなければならん!」、このセリフを現実世界の首相が言う日は何時?・285

 「専守防衛フェチ」の皆~様~?こういう「情報収集衛星」こそが「最も専守防衛に相応しい装備(いわば「長いミミ」)」ですから、他の予算は削ってもコレは削・り・ま・せ・ん・よ・ね・?(爆笑)

 「米国の民間衛星に劣る」といわれましても、それはそれで解決するべき課題(それに加えASAT対策も)ではございますが、日本の自主独立的には「自前の衛星情報を確保(民間衛星も所有国次第で「情報管制」がかかるのは常識)」するのが妥当(民間衛星も所有国次第で「情報管制」がかかるのは常識)ですし、そういう「情報でも『自主独立』を志向(ヒューミントも含めて)」する事こそが、日本の「対米従属脱却」への一理塚では?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


北朝鮮を偵察する衛星、28日打ち上げ 情報収集衛星光学3号機

 政府の情報収集衛星光学3号機が28日午前、鹿児島県の種子島宇宙センターから国産大型ロケット「H2A」16号機で打ち上げられる。光学3号機は地上の約60センチ四方の物体を見分けられ、ミサイルや核の開発を続ける北朝鮮の動きを現在よりも正確に把握できる。(小野晋史)


4基体制は2年後

 情報収集衛星は平成10年、北朝鮮による弾道ミサイル「テポドン1号」の発射を機に導入が決まった。15年以降、昼間の晴天時に撮影する光学衛星と曇天や夜間撮影に適したレーダー衛星が運用されてきた。

 政府は地球上の特定地点を毎日1回は撮影可能とするため、光学、レーダー衛星各2基の同時運用を目指しているが、H2A6号機の打ち上げ失敗(15年)やレーダー1号機の故障(19年)などで4基体制の構築は遅れている。

 光学3号機は、設計寿命が過ぎた光学1号機の後継機。今回の打ち上げで光学衛星の運用体制は整うが、レーダー衛星を含めた目標達成は23年度以降になる。

政府の情報収集衛星光学3号機が28日午前、鹿児島県の種子島宇宙センターから国産大型ロケット「H2A」16号機で打ち上げられる。光学3号機は地上の約60センチ四方の物体を見分けられ、ミサイルや核の開発を続ける北朝鮮の動きを現在よりも正確に把握できる。(小野晋史)


超望遠デジカメ

 光学3号機は超望遠デジタルカメラに相当するセンサーで地上を連続撮影し、識別できる物体の大きさ(解像度)は白黒で約60センチ。運用中の光学1、2号機(解像度約1メートル)に比べ、自動車の種類や積み荷などが識別しやすくなる。

 光学3号機の開発費は約487億円。衛星を運用する内閣衛星情報センター関係者は「情報収集の成果や衛星の詳しい能力は言えないが、従来見えなかった物が見えるようになるのは大きい。分析官の能力も向上している」と話す。

 米国の偵察衛星は解像度が10センチ程度とされる。光学3号機の性能は、昨年9月に打ち上げられた米民間衛星「ジオアイ1」(同41センチ)にも劣るのが現状だ。

 26年度打ち上げ予定の光学5号機では、地上の人を点として識別できる「ジオアイ1」並みの性能を目指しているが、米国では解像度25センチの民間衛星を打ち上げる計画もあり、性能面で米民間衛星の後を追う状況は続きそうだ。(産経より抜粋)

「前職は『認定』で現職は『スルー』」、さてさてその違いは如何に・・(ニヤリ) ・2

 「ジェノサイド認定」のお次は「訴追決定」とは、スペイン司法当局も「中国と全面対決」する腹を括ったようですね。日本でも「賈慶林を訴追」してますが、なんら動きの無い点において「スペインに劣る人権感覚」では?(苦笑)

 そういえば、江沢民派が「捲土重来を狙ってる」みたいですが、もしかして胡錦濤派がこの訴追を「邪魔者の始末&国際イメージアップ」の一石二鳥狙いで「第二の『四人組裁判』・IN・国際法廷」を画策してもおかしくないですね。それこそ「スターリン批判宜しく『すべての悪行を江沢民一派に擦り付ける』」ぐらいの荒業かませば、それこそ先進国の似非サヨクが「流石中国!どこぞの国と大違い・・」とヨイショの嵐作戦を自発的に・・(大爆笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       「ジェノサイド」で起訴 スペイン法廷、江沢民らに召喚状

 【大紀元日本11月26日】スペイン国家法廷はこのほど、中国前国家主席・江沢民を含む中共政権の高官5人に対して、法輪功学習者らが中国で残虐な拷問を受けたことについて「ジェノサイド 」(集団虐殺罪)と「拷問罪」で起訴することを決定した。法廷はすでに被告らに、法輪功迫害に対する質問事項が記された公文書を送付し、6週間以内に返答するよう命じている。

 期限内に返答がなければ、国際逮捕状の発行となる。有罪が確定された場合、被告は最低20年の禁固刑となる可能性がある。中国当局は対応を渋っている。中共指導者らが海外の法廷に起訴される「前代未聞」の案件として、中国の指導部を始め、中央各直属機関と民間に大きな衝撃を与えている模様。

 中央各直属機関、驚愕の反応

 起訴されたのは、江沢民(こう たくみん)前国家主席のほか、法輪功を迫害する専門機関である「610弁公室」のトップ・羅幹(ら かん)、 重慶市委書記で元商務部長・薄熙来(はく きらい)、前北京市委員会書記長・賈慶林(か けいりん)、規律検査部門の責任者・呉官正(ご かんせい)の5人。

 スペイン法廷の認定について、本紙記者は中共中央各直属機関に電話で取材した。電話に対応した中央司法部事務室の官員は、重大事件であり、司法部として応えられないと答えた。最高検査院と最高裁判所の官員は、「このような驚愕的な消息に、コメントができないし、応えられない」と回答した。

 外交部スポークスマン事務室の関係者が、「海外で本当に彼らを提訴することができるなんて、思いもよらなかったことだ」と、その場で驚愕の反応を隠せなかった。

 外交部欧州局の官員は、すでにこの消息を知っていると認めたが、コメントを控えている。

 公安部の高層と親密な関係をもつ北京の情報筋によると、公安部では上層から末端まですでにこの事を知っており、中では痛快なニュースだと拍手する人も少なくない。同情報筋によると、公安部は派閥林立で、江沢民らを恨んでいる者は少なくない。ジェノサイドと判定されたことを内部闘争の武器にして、今後、さらなる劇的な事件を引き起こす可能性があるという。

 注目される中国側の今後の対応について、米国在住の人権弁護士・葉寧氏は、「4週間以内に、訴訟に応じるかどうか、非常に大変だが対応しないといけない。いずれの対応をしても、この案件においてすでに負けていると言える」と指摘する。

 法輪功事件の重要な転換点

 米VOA放送局(ボイス・オブ・アメリカ)中国語ネット21日の報道によると、スペイン国家法廷のイスマエル・モレノ判事は、法輪功学習者が中国で受けた拷問に関する2年間におよぶ調査を終え、中共政権の高官らを起訴する決定を下した。

 VOAの取材に、米国中部地区の法輪大法協会主席・楊森氏は、法輪功学習者がスペインで勝利を得たのは、長期的な努力の結果であるとコメントした。「この訴訟事件はすでに2年間に及んだ。原告は、世界各地の法輪功学習者。被告はすべて現職か前任の中国共産党の高官であり、法輪功の迫害に直接責任を負う人たちだ」と話している。

 1948年に国連でジェノサイド条約が採択されたが、認定されたケースは意外と少ない。法輪功に「ジェノサイド」罪が適用するというスペイン法廷の判定は、法輪功迫害における重要な転換点を意味する。

 人権弁護士:画期的な案例

 外国の法廷公訴が中国で執行される可能性について、北京の人権弁護士・唐吉田氏は、「普遍的管轄権」が可能にした今回の提訴は、国境を越えた正義を追求する上で、意義深いとコメントした。

 「この裁判は、中国大陸の人に重要なメッセージを与えている。人権侵害を犯した者は、国内法では今のところ処罰されなくても、普遍的管轄権の原則から、必ずその責任が追及されることを、はっきり認識すべきだ。今まで愚かなことをしてきた多くの人は、一日も早く認識を改めなければならない」と唐氏は指摘する。

 米国在住の人権弁護士・葉寧氏は、今回の起訴について、「国際公約の規定に従うもので、国家法廷による刑事起訴、罪名はジェノサイドと拷問罪。これらの特徴を考えると、この案例は、マイルストーンの重大事件である」と指摘する。

 スペインの司法制度

 なぜ、スペイン法廷は中国の指導者に対する訴訟を受理することができるのか。ワシントンポスト24日の記事によると、スペインは、さまざまな国際法規定を取り入れ、「普遍的管轄権」を認めている。つまり、重大な人道犯罪が起こった場合、管轄外である外国人の刑事責任も追及できる。

 スペインは普遍的な人権の擁護者として頭角を現している。スペイン法廷がチリの元大統領ピノチェトを告発したのも、この法的枠組みの中で行われた。

 国外法廷で裁かれても、中国国内で判決が実行できるかどうかは分からない。しかし、江沢民らがスペインに入国した場合は、即刻逮捕される。また、スペインとの締結国に入国する場合、逮捕・身柄請求を要請できる。(大紀元より抜粋)

いよいよ「平成の零戦」の誕生機運高まる・・・・56&「平和派(ハト派)こそ、頭に超がつく現実主義者(リアリスト)でなければならん!」、このセリフを現実世界の首相が言う日は何時?・284


 「花魁遊び並みの請求書」を突きつけられて、その上に「肝心の部分はダメ」とくれば、ホント国産化&「ライセンス・魔改造無問題&代替機体のリースが可能」な機種の方が日本の自立的には、ねえ?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

         F35搭載ソフト、共同出資国にも非公開へ=米国防総省

[ワシントン 24日 ロイター] 米国防総省が、開発中の次世代戦闘機F35に搭載されるソフトウェアについて、同機を共同開発する英国などにプログラムを公開しない方針であることが分かった。同省幹部が24日、明らかにした。

 F35はレーダーに捕捉されにくいステルス機能が特徴で、米ロッキード・マーチン(LMT.N: 株価, 企業情報, レポート)が開発している。

 F35開発計画の海外担当であるジョン・スクライバー氏は、ロイターとのインタビューで、同機のソフトウェアプログラムの公開を求めている英国の要請には応じない考えを表明。さらに、「この方針はすべての国が含まれる」とし、英国とともに計画に共同出資しているイタリア、オランダなど7カ国にも公開しないと述べた。

 F35については、日本の防衛省も次期主力戦闘機として採用する方向で調整している。(ロイターより抜粋)

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・1183

 すごい、あまりにもすごい・・(大爆笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           74歳インド女性大統領、超音速戦闘機の飛行を体験

【ニューデリー25日AFP=時事】インドのパティル大統領(74)は25日、トレードマークの民族衣装サリーに代えてジャンプスーツを着用し、空軍のロシア製超音速戦闘機スホイMKI30で飛行を体験した。

  同国西部ナーシク郊外の空軍基地で慎重に戦闘機に乗り込んだ大統領はコックピット内から手を振り、30分間の飛行に出発。同機は音速の3倍の速度が出せるが、空軍報道官によると、軍のパイロットが操縦した同機は「快適な巡航速度」で飛び、「曲芸飛行は行わなかった」という。

  軍最高司令官であるパティル大統領は1カ月かけて飛行のための準備をし、今月初めに「飛行しても医学的に差し支えない」とのお墨付きを得ていた。2006年にも、当時74歳だった前任のカラム大統領が同機で飛行している。 

 ただインド空軍は技術的に立ち遅れており、06年以降だけで航空機36機、ヘリコプター7機を事故で失ったことをアントニー国防相が2日前に国会で認めたほど。主力機のロシア製ミグ21は安全性に問題があるため「空飛ぶ棺おけ」などとあだ名されている。 さらに空軍は最近、女性パイロットの戦闘機搭乗について、子どもを産まないと約束した場合にのみ認める考えを示唆し、女性運動家らから総スカンを食らっている。(時事より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 こうやって「実体験」した以上、空軍の強化をしっかりと、ね?(ニヤリ)

江沢民は「第二の毛沢東・小平」を目指してる?

 中華人民共和国の歴史で「一度失脚した指導者が復活」したのは毛沢東(大躍進失敗)小平(文革)ぐらいなものですが、江沢民のオッサンも「二度あることは三度あるの『柳の下の泥鰌狙い』」を画策してるようで・・(大爆笑)

 ホント、劉少奇も毛沢東も「確実に『物理的に仕留める』のを怠った」のが最大の失敗だったのですがねえ。胡錦濤も「自身が先制されて、カウンターをかました」みたいですが、大人しく「逼塞」すると思いきや「時機を見て反撃開始」とは、中々しぶといですねえ?(大爆笑)

 まあ、両勢力が「相手に『決定打を浴びせられない』」のは、やはり「どちらも『解放軍から軽視』(文民世代で軍務経験が皆無)」されてるからでしょうので、やはり「解放軍をどう篭絡(軍備&権限拡大がエサ)」かが鍵では・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            引退した曾慶紅、古希の祝いの場で胡錦涛を非難

 【大紀元日本11月25日】最近、海外の親共中国語ニュースサイトから、昨年3月に退任した前国家副主席・曾慶紅が一年前の古希の祝いの席で行った発言を評価する記事が流された。「曾慶紅は古希の祝いで心の経緯を披露」と題した文章は、中共17大で引退した曾慶紅が昨年の古希の祝いの席上で引退後に政治に参与しない姿勢を表明する発言を評価、「身をもって元老の政治干渉に反対する」ものと強調している。江沢民の右腕及び太子党のリーダー役だった曾氏の1年前の話は、今のこのタイミングで披露された。それは、胡錦涛主席に向けられていると外界は読んでいる。

 その文章によると、昨年7月16日、曾慶紅は古希の祝いの席上で、引退後の生活について語り、「二回」「二不」「三随」という原則を打ち出した。「二回」とは、「大自然に回帰」と「民衆に回帰」。「二不」とは、「政治活動に不参与」と「国民の生活を不撹乱」(中国では高官が外遊する際、道路や敷地を閉鎖するなどが一般的だが、国民の生活を撹乱すると批判される)。「三随」とは、「境遇に随って安んじる」、「風に随って動く」、「縁に随って居住する」ということである。

 たしかに、人前に出しゃばりたがり、胡錦涛と温家宝の政務に干渉する江沢民と異なり、曾慶紅は国家副主席を退任後、中共の権力中枢から退いて、あまりその姿を現さないし、マスコミも少しも報道しない。しかし、江沢民の摂政として「太子党」のリーダーだった彼の「元老の政治干渉」に反対する言論は、意味深長である。

 中共17回4中全会で、同じ「太子党」の習近平は、予想されたほどには権力移行において順調に行かず、国家副主席が軍事委員会副主席を兼任することは実現できなかった。しかも、最近、胡錦涛は18大以降も続けて軍事委員会主席を担う、いわば院政を行うと言われている。こういった時期に、曾慶紅の言論が披露されたというのは、曾慶紅の胡錦涛に対する明らかな非難で、長年心に溜まっていた不満を表したものと思われる。

 江沢民は政治干渉し、曾慶紅は裏で画策する

 中共第16大で、小平の指定により、胡錦涛は中共総書記および国家主席の座に就いた。しかし、江沢民はなお軍事委員会主席を継続して担っていた。第16大4中全会で、江沢民はやむなく軍事委員会主席を辞めたが、曾慶紅の斡旋で軍事委員会は、国防政策や軍隊建設などあらゆる重要なことについて江沢民の指示を仰ぐべきという内部規定を打ち出した。

 香港誌「争鳴」によると、02年11月13日、中共第16大主席団常務委員会の第4回会議で、当時の軍事委員会副主席の張万年が「特別議案」を突如提出し、江沢民が引き続き軍事委員会主席を務めるようにと提案した。そして、大会主席団常務委員会の臨時の「特別議案」として、政治局常務委員会および政治局の決議を否決したのである。張万年はまた胡錦涛に態度をすぐに明らかにするよう迫った。これに対し、江沢民は少しも躊躇せず当然のことのようにそれを受け入れた。

 江沢民の摂政と自負する曾慶紅は、張万年の「特別議案」を事前に知らなかったはずはない。このような長老の政治干渉に対し、曾慶紅は反対するどころかかえってそれを支持したのである。

 長老の政治干渉に反対しなかった曾慶紅は何故、今になって従来の立場を変えて長老の政治干渉反対に切り替えたのだろうか。曾慶紅が反対しているのは長老の政治干渉ではなく、「胡錦涛が18大以降も軍事委員会主席の座を保留すること、それによって江沢民・曾慶紅派閥の後継者の習近平の政務を干渉することに反対するためだ」と、評論家は見ている。

 海外の政治評論によれば、今年9月18日、中共17回4中全会が開かれたが、胡錦涛は「大会の議題は党の建設だけに限り、人事異動は取り上げない」と決定した、その事により習近平の軍事委員会主席の就任が台無しになってしまったという。胡錦涛系のメディアも、胡錦涛は18大以後、小平と江沢民に従い軍事委員会主席の座を保留し、政局に対する影響力を保っていく可能性があると暗示した。

 そうなれば、曾慶紅が計画した「江沢民が権力を差し出すのを遅らせ、習近平が繰り上げて権力を受け取ることによって、胡錦涛を攻撃する」という計画が水の泡になってしまう恐れがある。じっとしていられない曾慶紅は、古希の祝いの場を借りて、胡錦涛が18大以降も軍事委員会主席を続投することに反対するという本音を打ち出し、胡錦涛がかつて曾慶紅に引退を迫ったことに対して復讐を果たしたものと思われる。

 曾慶紅は引退後も、不満を煽りたて胡錦涛を攻撃

 曾慶紅は「二回」「二不」「三隋」の原則を主張しているが、彼自身は実際には実行せず、ありとあらゆる機会を捉え、至るところで不満を煽り立てて胡錦涛を攻撃している。

 今年8月、中共はネット検閲を強化したことで、国内外から猛烈な反発を招いた。曾慶紅はこの動向を利用して関係者を通じて、「彼ら(胡錦涛と温家宝)は将来、歴史的な責任を負うべきだ、言論の権力は奪ってはいけないのではないか」と言って、海外メディアに胡錦涛に対する不満を煽り立てていた。

 今年3月、香港紙「開放」の報道によると、2007年末から2008年初まで、曾慶紅は陰で軍人との連携を図ったことにより、党と軍との関係を悪化させ胡錦涛と温家宝を貶した疑いで、批判され党内警告処分を受けた。

 江沢民が引退した際、全力で曾慶紅を彼の後継者として推し進めることができなかった。報道によると、曾慶紅は軍の将軍らと談話した際に、江沢民を支えた己の功績を自慢しながらも江沢民に対する不満も漏らした。そして、曾慶紅は矛先を胡錦涛と温家宝へ向けて、現中央の指導部は小平の路線から逸れてしまったと非難した。

 政治的に敏感な将軍らは彼の話を聞いてはなはだ不安を感じ、この事はタブーとされている「非組織的活動」であると考えた。集会後間もなく、ある参加者は中央にそのことを密告した。

 曾慶紅と胡錦涛との闘争は久しく、17大前に白熱化

 07年10月、野心家で国家副主席であった曾慶紅は、引退年齢になっていないにもかかわらず、必要に迫られて、あらゆる職を降りて引退せざるを得なくなったことから、胡錦涛を長い間恨んでいた。

 消息筋によると、曾慶紅と胡錦涛との闘争は、17大前に白熱化した。江沢民は陳良宇を犠牲にすることを条件にして、曾慶紅を国家主席にするよう交渉した。しかし、胡錦涛は上海組の要求を退け、江沢民の罠に嵌らなかった。それと同時に、副総理だった呉儀が声を大にして「完全引退」の態度を表明し、曾慶紅にも「完全引退」を迫った。

 このほか、海外メディアは曾慶紅の息子・曾偉が巨額な金を持ってオーストラリアに密かに移民したことに対し、団派(中共青年団中央出身者による派閥)の重鎮で政治局委員の王兆国は政治局の会議で、曾慶紅にはっきり説明するよう執拗に求めた。長期間にわたって、この事に多くの人から質問され、曾慶紅はひどく怒った。「自分は息子のことは知らないし、息子のことに関わっていない」と言い逃れをした。王兆国はこの隙に付け込み、「自分の息子のことさえ知らないのに、どうやって党の事と国家の事を知りえるのだろうか」と厳しく批判した。

 ここに至っては、懸命に国家主席の地位を狙おうとした曾慶紅は、断念せざるを得ず、仕方なく17大で「完全引退」した。(大紀元より抜粋)

『自主的戦争裁判』と『米国版・マグナカルタ』?

 自分は「『開戦責任』を裁判で問うのは反対だが『敗戦責任』を問う事は必要(裁判でなくとも)」だと思ってますので、こういう「公的・自主的・免責の元『イラク戦争を検証』」しようとする英国政府の姿勢には基本的に賛同いたします。贅沢を言えば「遺恨たっぷりのゴードンっちでなく政権交代後のデービッドの方が『まだ公正さを確保』」出来たのでは?(爆笑)

 それと、この「戦争税」の発想ですが、これぞ正に「米国版・マグナカルタ」では無いでしょうか。アレが採択されたのもスバリ「ジョン失地王の失政に貴族がブチ切れて、『増税と戦争は議会の同意無しにはダメ・ダメ・ダメ子ちゃん・・』と最後通告」かましたのがきっかけですし、米軍の『どんぶり勘定戦費』体質を鑑みるに、それこそ「戦争権限法の期間を超える武力行使は『原則「戦争税&戦時国債」で戦費調達&戦時別個会計で処理』を基本(少なくとも一般会計に戦費を紛れ込ます&無条件の白紙小切手は許さない)」ぐらいはしておかないと、いい意味でのシビリアンコントロールを維持できなくなる?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        イラク戦争の参戦是非を問う公開証人喚問が始まる、英国

ロンドン(CNN) ブッシュ前米大統領が主導したイラク戦争へ英国が参戦した是非について問う、独立調査委員会による公開証人喚問が24日、ロンドンで始まった。ブレア前首相をはじめ、軍や政府高官など当時、イラク戦争参戦に関わった人物から証言を集め、英国政府がどのような経緯で参戦を決定したかを明らかにする。


ブレア前首相のほか、場合によっては米国の政府関係者も対象となる。


独立調査委員会のチルコット委員長は、英国政府がどのように参戦したのかを調べることによって、将来、同様の事態に遭遇する場合に役立つと指摘。得られるすべての証言と証拠から、英国政府が参戦をどのように決定したのかを徹底的に明らかにしていく、と述べた。


この証人喚問は、法的拘束力がなく、証言者が犯罪容疑者として責任を問われることはない。ブレア前政権による参戦経緯について不明な点が多く、英国内でも強い批判を受けているため、ブラウン首相が同委員会と調査を決めた。ブレア前主張の証言は、年明けになる見込み。(CNNより抜粋)


ペロシ米下院議長、「戦争税」の可能性に含み残す

ワシントン(CNN) 米下院のペロシ議長(民主党)は24日、同党の有力議員がアフガニスタンでの戦争の財源確保のため「戦争税」を提案していることについて、「この戦争のための財源をめぐり民主党幹部会の中で深刻な懸念が生じている」と述べ、提案の可能性に含みを残した。


付加税の増税を盛り込んだ「犠牲共有法案」には下院歳出委員長のオビー議員をはじめ、同党の有力議員数人が署名。オビー委員長は、アフガン駐留米軍を追加増派した場合、今後10年で約1兆ドルが必要になるとの試算を公表している。


ペロシ氏はこれについて24日の電話会見で、戦費の問題と、それが内政上の優先課題にどのような影響を及ぼすのかについては、米国のアフガン戦略の一環として検討する必要があるとの認識を示した。


オビー議員は2年前にもイラク戦争の財源として同様の戦争税構想を打ち出したことがある。しかしこの時はペロシ氏が即座に否定していた。(CNNより抜粋)

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・1182

 お~い、肝心の「言うべき部分」忘れてますよ・・・(爆笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        布絵本から恐竜まで、消費者団体が「危ない玩具」を名指し

ニューヨーク(CNNMoney) 米消費者団体の公共利益調査グループ(PIRG)は年末商戦スタートを控えた24日、子供に害を及ぼす恐れのある「危険な玩具」の2009年版報告書を発表した。女児向けのバッグや恐竜の人形などを危険な玩具と名指ししている。


PIRGは米国各地の小売店などで売られている玩具を集め、安全基準などに照らし合わせて調査した。24回目となる今年の報告書では「音が大きすぎる玩具」「子供が飲み込む恐れのある小型部品を使った玩具」「有害物質や鉛を使った玩具」の3分野に分け、各国のメーカーが製造している16製品をリストアップした。


子供が部品を飲み込む恐れがあるとされたのは輪投げや積み木小屋などの部品。有害物質の分野では布製の絵本の文字やアヒルのぬいぐるみなどから鉛が検出されたほか、女児向けのバッグからは潜在的に有害な物質が検出されたとしている。


音が大きすぎるとされた玩具は25センチ以内の距離で85デシベル以上の音が聴こえるもので、聴覚障害を引き起こす恐れがあるとされ、恐竜トリケラトプスの人形や電話の玩具などを挙げている。なお、トリケラトプス人形のメーカー、ハズボロは「音量に関する基準はすべて順守している」と反論した。


PIRGの報告書をめぐっては玩具業界団体も「業界では常に子供の安全を守ることを最優先課題としている。米国で販売されている年間30億点の玩具は、消費者に信頼してもらえる製品ばかりだ」と反発している。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「各国のメーカー」なんて煙幕張らずに、ズバリ○国と言いなさい、中○と・・(爆笑)

「UNOZAM」では55人、さて「ISAF」では・・109

 どう見ても「NATO加盟国に突き上げを喰らって嫌々増派を決断」してるようにしか・・(苦笑)

 こうやって「必至のパッチで治安維持を実施」しても、その果実は「中国が丸取り(どっちが勝っても)」では、ホント米&NATO軍将兵にとって「必死に戦うのがバカらしくなる」そのもの?(爆笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


米国防総省、3万4千人規模の計画作成 アフガンへの増派問題

ワシントン(CNN) オバマ米政権が見直しを進めるアフガニスタンの新たな軍事戦略、追加派兵問題で、米国防総省高官は24日、約3万4000人規模を増派する計画の詳細を詰めていることを明らかにした。


同高官は、オバマ政権内のアフガン新戦略協議の詳細に通じており、大統領は増派の規模について最終決断していないが、3万4000人規模の追加派遣を「承認」するとの見通しに基づき計画作成を進めているとしている。


ギブズ米大統領報道官は23日、オバマ大統領が数日中に増派問題での決断に関する発表を行うと明らかにしている。米政府高官は先に、大統領は来週の感謝祭の祝日までに発表しないとし、30日以降になる可能性に言及していた。


オバマ大統領は今年1月の就任後、約2万1000人の増派を決定し、実施している。アフガン駐留米軍のマクリスタル司令官は最大4万人規模の部隊増強を大統領に進言したとされる。


オバマ氏は23日、アフガン新戦略に関し、バイデン副大統領、ゲーツ国防長官、マレン統合参謀本部議長、マクリスタル司令官などを呼んでが会議を主宰。この種の協議はこれで9回目となっている。


オバマ氏は先のアジア諸国歴訪で、アフガン軍事作戦は自らの任期中に終結させたいとの考えを示していた。同時に、米軍撤退の「行程表」も踏まえた増派を実現させる考えも示している。


ただ、アフガンでの米軍兵士の死亡者増加に伴い、米国の世論は「ベトナム化」を懸念し、増派反対派の声が強まっている。米議会内にはさらなる追加派兵に伴う財政負担の側面から増派に反対する意見も出ている。アフガン軍事作戦をテロとの戦いの主戦場と位置付けるオバマ大統領だが、増派問題では国内情勢も見極めた厳しい選択を迫られている。


アフガンでは、2001年末の米英主導軍事作戦で政権を失ったイスラム強硬派勢力タリバーンが戦力を整え、自爆テロや路上仕掛け爆弾など新たな手口で米軍、北大西洋条約機構(NATO)主導の国際治安支援部隊(ISAF)への攻撃を多発させている。治安は悪化する一方で、マクリスタル司令官は増派がなければ治安改善は不可能との見方も示している。(CNNより抜粋)



             NATOにもアフガン増派要請へ 米軍関係者語る

ワシントン(CNN) 米軍はアフガニスタン国際治安支援部隊(ISAF)を構成する北大西洋条約機構(NATO)加盟各国に対し、アフガン増派を要請する見通しだ。米軍関係者2人が24日、CNNに語った。


アフガン駐留米軍のマクリスタル司令官が求めている4万人の増派と、米国防総省が検討している増派規模3万4000人との差を、NATO各国の部隊で埋める計画。来月7日に予定されているNATOのアフガン作戦関連会議で検討されるという。


モレル米国防総省報道官は詳細への言及を避けながら、「大統領が増派を決断する場合、同盟各国の追加派遣を期待しているだろう」と述べ、NATOに増派を要請する方針を認めた。


オバマ大統領は23日夜、安全保障担当閣僚とアフガン戦略について協議し、ギブズ米大統領報道官は米軍増派問題について大統領が数日中に発表すると語った。感謝祭後に発表されると予想されている。


24日に発表されたCNN/オピニオン・リサーチ社の世論調査結果によると、アフガン増派への賛成は50%、反対は49%で、米国民はこの問題をめぐり真っ二つに割れている。(CNNより抜粋)



アフガン:高額の収賄で、中国企業に鉱山開発権を付与か

 【大紀元日本11月24日】アフガニスタンの鉱工業相が、銅鉱山開発権を付与する代わりに、中国国有企業から約3千万ドルの賄賂を受け取っていた。18日、米紙「ワシントン・ポスト」は、米国の軍事情報通の政府関係筋がほぼ確実と指摘する疑惑を報じた。19日の2期目の就任式で、アフガニスタンのカルザイ大統領は、「腐敗根絶」を目標に掲げたが、アフガニスタンは、中国に次ぐ世界二番めの腐敗国とされる。

 国民は腐敗政府に愛想をつかしており、反政府武装主義タリバン支持の動きも出てきているという。米政府、欧州諸国がアフガン戦略への見直しを進める重要な時期でもあり、賄賂疑惑の報道はカルザイ政権に圧力をかけている。

 アイナク銅山開発落札

 今回問題となった賄賂は、07年12月にアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで、アイナク(Aynak)銅山開発落札の見返りに、中国冶金科工集団公司(MCC)からイブラヒム・アデル鉱工業相に支払われたとされる。

 金属資源情報センターによると、中国冶金科工集団公司(MCC)と中国最大手の銅生産企業である江西銅業集団公司は、昨年5月25日、43億ドル投資総額でアイナック銅鉱床開発協議を正式に締結している。

 アイナック銅鉱は、銅含有金属量1100万トンの超大型の銅鉱床。銅鉱の権益の75%が中国冶金、25%が江西銅業に割り当てられている。契約は建設期間5年。インフラ設備には、火力発電所、ポンプ・ステーション、また学校、病院、イスラム教のモスクなど公共サービス施設が含まれていた。しかし、現在、これらの開発は、18ヶ月遅れと伝えられている。

 「ワシントン・ポスト」の報道によると、アデル鉱工業相は、欧米企業の提案を適切に考慮することなく、最初から中国冶金だけに絞っていたと、企業選定過程に参与したアフガニスタンとアメリカの一部の高官は憤っていた。

 変わらぬ体制

 19日、アデル鉱工業相は、アイナック銅山にまつわる収賄疑惑を否定。中国企業の開発事業案が欧米より優れていたため選定したと主張している。

 現在、鉱工業省は、鉄鉱石の埋蔵するカブール西部のハジ・ガク(Haji Gak)で、巨額な取引を検討中。 昨年アイナック銅山を落札した中国冶金(MCC)が有力視されている。「もう既に決まっている」と、匿名を希望する高官は「ワシントン・ポスト」紙に語った。

 腐敗が阻む資源利用

 かつて鉱工業省顧問を務めたアメリカの地質学者ジェイムズ・イェーガー氏による同プロジェクトの報告によると、アイナック銅山の銅埋蔵量は、年間2億ドルを政府にもたらすに充分とされる。昨年のアフガニスタン政府の予算の三分の一にあたる。同報告書では、「意志の強い鉱工業相がアジア企業との提携に好意を寄せる、不透明で不十分な入札過程」が批判されている。実際、入札を評価する会合でアデル鉱工業相がいかに威圧的な存在であるかを複数の高官が証言している。

 アフガニスタンは、銅、鉄鋼、大理石、金、貴石などの鉱物資源が豊富で、鉱工業部門だけで国家の主な収益がまかなえるほどだ。しかし、現在、主要鉱山は一つも稼働していない。

 米国およびアフガニスタンの前高官らは、汚職と担当者の能力欠如が業界の開発を妨げており、投資家も近寄らないと指摘する。不正行為がパターン化しており、世界銀行の定める手続きもアフガニスタン政府の定める手続きも、再三、無視されており、謝礼金が交わされていることは、まず疑いないと語る。

 セメント工場の私営化

 アデル鉱工業相は、2006年3月に就任。旧ソ連のレニングラードでエンジニアの教育を受けた。独裁者的な態度から、アフガニスタンおよびアメリカの高官からは離れた立場をとっており、鉱工業相と代理相の収賄疑惑の噂は後を絶たない。

 就任後、最初の主な契約は、アフガニスタン北部の石灰石の丘にあるゴリ(Ghori)セメント工場の私有化だった。同国で稼働している唯一のセメント工場だ。前任のモハンマド・セデク氏によると、アフガニスタンのハミッド・カルザイ大統領の弟であり、アフガン投資会社社長のマハムード・カルザイ氏がこの工場の入手を求めてきた。そして、大統領の指示で鉱工業相はセデク氏からアデル氏へと交替する。

 交替後、アデル鉱工業相はすぐにプロジェクトの入札に取りかかった。入札にあたったアリア・ザミン(Aria Zamin)社のナシル・キスロウ・パルシ(Nasir Khisrow Parsi)氏によると、入札の最終日、アデル鉱工業相が権利保証として現金2500万ドルを要求してきたが、同氏は、入札の手続き規範に違反する間違った行為だと拒否した。しかし、カルザイ大統領の弟は、所望の現金を用意し、プロジェクトはアフガン投資会社に落札した。

 現在、鉱工業省の地学部門で働くパルシ氏は、「鉱工業省全体が腐りきっている。汚れていない人間は一人もいない。この腐敗を止めることができるのは、神のみだ」と現状を憂えている。(大紀元より抜粋)

「平和派(ハト派)こそ、頭に超がつく現実主義者(リアリスト)でなければならん!」、このセリフを現実世界の首相が言う日は何時?・283

 核廃絶アジア勢力均衡アフガン増派で方針フラフラと、ホント「超大国らしからぬ国防方針」で、それこそ米軍がクーデターを検討しかねないオバマ政権ですが、流石に「対人地雷規制には慎重(クラスター爆弾も?)」「米印核協力を続行」なのは一安心ですね。やはり「『核廃絶』を言うなら『通常軍備を充実』」もしもの時の「核バランス保持」を担保するのは現実的外交&国防的に当然でしょうから、その点では「民意よりリアリズム」なのでしょうねえ・・(感嘆)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           オバマ政権、地雷禁止条約に署名せず 締約国会議は出席

ヨルダンとシリアの国境付近で行われている地雷除去作業=2008年7月ワシントン(CNN) 米国務省のケリー報道官は24日、対人地雷の使用・生産禁止などを定めた対人地雷禁止条約(オタワ条約)にオバマ政権が署名しない方針を決めたことを明らかにした。


ケリー報道官は記者団の質問に答えて「現政権として検討を行い、地雷政策の現状維持を決めた。もし条約に署名すれば、わが国の国防上のニーズを満たすことも、友好国、同盟国に対する安全保障上の責務を果たすこともできなくなると判断した」と述べた。


ただし米国は、来週コロンビアのカルタヘナで開かれる締約国会議には代表団を派遣し、オブザーバーとして出席する。ケリー報道官は、今後も引き続き各国政府や非政府組織(NGO)と協力し、地雷除去を支援すると強調した。


これに対して米国の地雷政策に反対してきたNGOのヒューマン・ライツ・ウォッチは「国際的な合意と人道問題への貢献を公言した現政権の姿勢と矛盾する」と批判。北大西洋条約機構(NATO)加盟国の中で、地雷禁止条約に署名しないのは米国のみで、ロシアと中国も加盟していないと指摘した。(CNNより抜粋)



米印首脳会談、経済や原子力などの連携で合意

ワシントン(CNN) オバマ米大統領は24日、自身の政権初の国賓として訪米中のインドのシン首相とホワイトハウスで会談し、経済や原子力、安全保障、環境問題に連携して取り組むことで合意した。


オバマ大統領は会談終了後の共同記者会見で、米印関係が21世紀で最も決定的なパートナーシップとなり「戦略的対話」を反映するだろうと語った。大統領は、インドが高度経済成長を遂げている「世界最大の多民族民主主義国家」であり、米印両国が価値観や理想を共有している二大民主主義国家だと述べ、拡大するインド系米国人社会が動的役割を担っている点も強調した。


オバマ大統領はそのうえで、米印両国が景気回復と経済分野での関係強化、雇用創出に取り組むことでシン首相と合意したと発言。また、ブッシュ前米政権時代に結ばれた米印間の民生原子力協力協定を施行する方針を明言し、核不拡散に対するシン首相の姿勢に支持を表明した。地球温暖化問題では、クリーンエネルギーやより安価なエネルギーの推進などで合意。また安全保障分野では、昨年のムンバイ同時テロと同様の事件の再発防止策として、緊密に連携し情報を共有する方針を決めたという。


シン首相はオバマ大統領と家族のインド訪問を招請し、大統領はこれを受諾した。首相は米印の戦略的パートナーシップを通じたインドへの技術移転を求める考えを表明。高度技術に関する米国の輸出規制が解除された場合は共同研究や開発の大きな機会が生まれ、米国の産業にとってプラスになるとの考えを明らかにした。アフガニスタン情勢については、同国の近代化支援が重要だと指摘した。(CNNより抜粋)

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・1181

 第一問・イラクに続く「世界第二のテロ大国」は何処でしょうか?(ニヤリ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 (正解はこちら)テロリズム、内と外

11月14日、インドのあるNGOが、インドは世界二番目のテロ国家だ、と発表した。これをアメリカの政府機関が取り上げたとタイムス・オブ・インディアが報じた。

 イラクに次ぐインドは、過去数年で3674人の死者をだした世界二位の最悪国だ、というのである。このNGOが、正確な調査体制を整えているか、それは判断に迷うところだが、最近のテロ頻発状況下では、なぜか説得力がある。9月下旬から現在まで、連日、大小のテロが各地で頻発している。

インドの現在的なテロ活動は、大きくふたつの潮流に分類することができる。

ひとつは、ナクサライト、マオイストによる国内を基盤にしたテロである。

特にマオイストは、今年5月の総選挙後、共産党をはじめとした左翼勢力の敗退によって先鋭化した。東北インドを主とした活動地域にし、最近では内陸中央部に及んでいる。

もうひとつの流れは、パキスタン、アフガニスタンのテロリストと連携した活動になっている。タリバンとリンクし、ラシュカル・エ・タイバなどのイスラム組織が中心になっている。パキスタン国境地帯カシミール問題を底部に抱え、アフガンの混迷に乗じたテロリスト集団がパキスタン国境地帯からインド隣接域に侵入してきている。

10月26日、インド各紙は、ジャルカンド州でマオイストの幹部夫婦を逮捕したと報じた。逮捕された50歳の農業科学者は「農民の権利と主張のために働いてきた」と語っている。

彼が、テロリズムを組織し、扇動、謀議、あるいは実際行動に走ったのかどうか、それはきわめて不確かで、一か月以上たったいまでも続報はない。おそらく農村地域からの隔離、断絶が警備当局の目的だったのであろう。しかし、まったく効果はなかった。マオイストのテロ活動は、その後、ますます活発化しているのだ。

世界最大(人口)規模の民主主義国を標榜する国の地方で、このような人権問題すれすれの暗い権力行使がおこなわれている。根源にある農業と農民の社会的ステータスをなおざりにしてきた結果なのである。

10月21日のザ・ヒンドゥ紙には、西ベンガル州の地方交番がマオイストに襲われた記事が掲載された。
写真には、交番の机の椅子に座ったまま、血だらけになって死亡している警部補がカラーで写しだされている。ドアの外では、近隣村民が遠巻きにそれを見詰めている。

日本の新聞には絶対にでない写真だが、これほど生々しく地方テロの実態を伝えるものはないだろう。
サトウキビ問題が、全政党合意で収束をみた20日、ジャルカンド州では、列車転覆が起きている。死者は乗務員とおもわれる2名、負傷者は40名と発表されている。マオイストのトラックが線路を妨害し、機関車と三輌が脱線転覆した。線路上でトラックが爆破したという情報もある。


非対称戦争の果て、・・・国境なき戦線

10月以降、こうした農村基盤のマオイストと、東北部独立運動集団(ベンガル前線)やタリバンにリンクしているともいわれているバングラデッシュ過激派、そしてネパール過激派と連携する動きがでてきている。

インドの内側からのテロリズムを、インド自身の対応力の欠如から、危険な輸出産品にしてしまいかねないのが現実だ。そんな悲劇を、経済大国への道を歩むインドが、舞台化することは許されない。(東京財団HPより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 第二問・さて「彼らの背後」は一体何処?(勿論、正解はアソコ

「グルジア戦争」のお次は「アルバニア戦争」?

 コソボ独立を巡るゴタゴタで、いつかこうなると思ってましたが、まさか「親欧米派のタディッチ政権が断行」するとは、正しく「ナショナリズムは理性を凌駕」するものですね・・・(ガクガクブルブル)

 もしもコレで「ブヤノバツのアルバニア人が『コソボ(もしかしてアルバニアとも)との合邦』を要求」し「それに呼応して『コソボ軍(及びアルバニア軍?)がブヤバノツに進攻』&セルビア軍が『コソボに逆進攻』(正にグルジア戦争と同様の構図)」なんて事態が起こった場合、NATOは一体どちらの味方をするのでしょうか?

 コソボ独立を承認した時点で「こういう泥仕合に発展」するのは当たり前田のクラッカーだったのに、またもや欧米は「スロベニア&クロアチア早期承認の愚行」を繰り返した様で・・(唖然)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          セルビア:南部に陸軍基地開設…アルバニア系住民は反発

 【プリシュティナ中尾卓司】セルビア政府は23日、少数派アルバニア系住民が多く住む南部ブヤノバツ近郊に国内最大規模の陸軍基地を開設した。タディッチ大統領は基地の完成を祝う式典に出席し、「国家の主権と領土の統一性を保障するだけでなく、組織犯罪やテロと戦う拠点になる」とあいさつした。しかし、アルバニア系住民は「この地域の緊張を招く」と反発しており、新たな民族対立の要因になりかねないと懸念されている。

 基地は、昨年2月にセルビアからの独立を宣言したコソボとの国境付近に建設され、マケドニアにも近い。約35ヘクタールの敷地内に30棟以上の施設が整備され、約1000人の兵士が駐留する予定だ。平和維持活動に従事する兵士の訓練センターとして活用するという。

 ブヤノバツ周辺では00~01年にかけ、アルバニア系住民とセルビア治安部隊の間で大規模な民族衝突が発生した。アルバニア系住民は、独立を宣言したコソボへの帰属意識が強く、一部住民は「コソボへの編入」を要求するなど民族間の感情的な対立が続いている。

 アルバニア系の首長の一人は「軍事基地の建設はアルバニア系住民を動揺させる結果しか生まない。生活基盤の整備や雇用創出に投資すべきだ」とセルビア政府を批判した。(毎日より抜粋)

「平和派(ハト派)こそ、頭に超がつく現実主義者(リアリスト)でなければならん!」、このセリフを現実世界の首相が言う日は何時?・282

 結構マトモな代案出すから見直したのに、やっぱり「元に戻った」ようですね。慣れない事やって智恵熱出しただけ?(大爆笑)

 でもまあ、社民も自民も「冷戦イデオロギーからの呪縛」から脱却できてないのは五十歩百歩ですね。いい加減「『専守防衛』なぞ御伽噺で、日本の防衛は『島国として妥当な戦略』に基づく防衛体制で望むべき」現実を直視して欲しいもの・・(特に石破たん、アンタ「対外攻撃能力の保有」を明言してたのに、それを無視した発言はどういう風の吹き回し?)

 それに加え、相も代わらずの「地方マスゴミの『頭蝶々畑社説』(そもそもあの思想それを実戦する国家を無条件で信頼できる神経の図太さは理解不能)」にもウンザリですね。国際社会は「○道の世界」そのものなんですから、「『使わない努力』とは『信頼醸成』だけじゃなく『抑止力をしての軍事力誇示』との複合でのみ達成」をいい加減・・(○○の子見たく「何遍も教える」のはウンザリ・・)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            PAC3拡大配備、福島党首が有効性など問題視

 政府は25日午前、防衛力整備に関する基本政策閣僚委員会を国会内で開いた。

 北沢防衛相は防衛計画の大綱(防衛大綱)の改定と、2010年度からを対象としていた次期中期防衛力整備計画(中期防)の策定が来年末に先送りされたことを受け、10年度防衛予算編成の指針案を説明した。

 焦点となるのは航空自衛隊の3個高射群に配備されている地対空誘導弾パトリオット・ミサイル3(PAC3)の6個高射群への全国拡大配備で、防衛大綱の別表の修正が必要となる。

 防衛相がミサイル防衛の重要性を説明したのに対し、社民党の福島党首(消費者相)は「的中率や有効性、費用」を問題視し、党内で議論する考えを示した。国民新党の亀井党首(金融相)は、PAC3の拡大配備を支持する立場を示した。

 福島氏は在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)についても「無駄を省く方向で検討してほしい」と要望した。(読売より抜粋)


   「専守防衛、理解して発言を」社民・福島氏のPAC3慎重姿勢に自民・石破氏が苦言

 自民党の石破茂政調会長は25日午前の記者会見で、弾道ミサイルを迎撃する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の追加配備について、「ミサイル防衛システムの精度を上げることは、専守防衛を取るわが国として極めて重要だ。わが国の防衛の本質を理解した上で発言してほしい」と述べた。福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)が同日の基本政策拡張委員会で的中率などを理由に慎重姿勢を示したことに対し、苦言を呈したものだ。

 石破氏は「国民一人ひとりの命や国の独立と平和は必ずしも数字で算出できない。一体、何に対して費用がかかりすぎるのか言わないと、議論としては極めて無責任だ」と述べた。(産経より抜粋)


PAC3配備 使わない「努力」が前提だ

 日米で共同開発した弾道ミサイル防衛(BMD)システムの一環として、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の実戦配備が九州でも始まった。

 すでに第1次配備を終えた福岡県の航空自衛隊芦屋基地を皮切りに、来春までに同県内の築城基地、高良台基地に配備するという。

 BMDは飛来する弾道ミサイルをレーダーで探知し、着弾前に迎撃するシステムだ。1998年の北朝鮮の弾道ミサイル発射実験をきっかけに日米共同で技術開発を進めてきた。

 具体的には、弾道ミサイル監視レーダーが探知したミサイルを、まず近海に展開する海上自衛隊のイージス艦が海上配備型迎撃ミサイルSM3によって大気圏外で迎撃し、撃ち漏らしたミサイルをPAC3で撃ち落とす仕組みだ。

 PAC3については、2007年3月の空自入間基地(埼玉県)を皮切りに実戦配備が始まった。九州は首都圏、近畿・中京圏に続く配備となる。

 第1期計画として、11年度までにBMD機能を持つイージス艦4隻と、全国16カ所の空自部隊にPAC3が配備される。04年度から始まったシステム開発整備費の総額は、来年度の概算要求分を含めて約1兆円に上る。

 日本のBMDシステムが、北朝鮮が保有・配備している中距離弾道ミサイルを事実上の防衛対象に想定していることは言うまでもない。

 北朝鮮は1998年以降も、国際社会の警告を無視して弾道ミサイル発射実験を続けている。2006年秋と今年5月には核実験まで強行した。日本にとっては極めて深刻な脅威である。

 万一の場合を考え、大量破壊兵器を搭載するミサイルから国民と国土を守る防衛網を整備するのは、自衛策として当然と考える人たちもいるだろう。

 日米防衛当局も「BMDは国土防空に有効な迎撃システムであり、他国からの弾道ミサイル攻撃などの脅威を抑止する効果がある」と強調する。政府は「自衛のための装備で専守防衛にもかなう」とも説明してきた。

 そうした一面は否定しないが、脅威を「それ以上の力」で封じ込めようとしたブッシュ政権時代の米国流抑止論が、かえって地域に緊張を高めてきた。北朝鮮やイランがそのいい例だろう。

 BMDシステムの整備が完了したら、次は「敵基地攻撃能力の整備を」となる。それが先制攻撃論へとエスカレートする恐れはないのか。脅威をあおって、日本の安全保障政策の根幹である専守防衛が揺らぐことがあってはならない。

 地域の平和と安定には「兵器による抑止」以前に「外交努力による信頼醸成」が必要であり有効なことを、あらためて確認しておきたい。

 今回、九州にも配備されたPAC3が使われずに済むことを願う。(西日本新聞より抜粋)

これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・1180

 本当に「生存」してるのでしょうか?(思案)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

             ハマスが拘束のイスラエル兵、カイロで解放交渉

エルサレム(CNN) パレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの関係筋は23日、約3年前のイスラエル軍との交戦中に拘束したイスラエル兵ギラド・シャリットさんの解放について、ハマスの代表団とエジプトおよびドイツの調停人らがエジプトの首都カイロで交渉することを明らかにした。


ハマスは先月、シャリットさん生存の証拠として約1分間のテープをイスラエル側に提示し、シャリットさん解放と引き換えにイスラエル国内で拘留されているパレスチナ人女性20人の釈放を要求した。関係筋はイスラエルがこれを受け入れる見通しだとしており、27日のイスラム教の祭日に合わせて最終合意が達成されるとの観測もある。


イスラエルのネタニヤフ首相は23日、シャリットさん解放に向けた努力は水面下で続いていると述べるにとどまり、解放交渉の詳細について言及を避けた。ただしペレス首相は22日夜、カイロ市内でエジプトのムバラク大統領と会談後、シャリットさんの解放交渉が重要な局面を迎えたとの見解を表明。「事態は進展しており、無事解決を希望している」とコメントした。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 それにしても、ホント「ドイツってイスラエルに信用」されてますね。日本が「アフガンで拘束された韓国兵の救出交渉」ぐらい出来るようになるのはいつのことやら・・(思案)

中国「カントリーリスク」考・29(「弟弟子」がやってるのだから、当然「兄弟子」も・・)

 かの国は「存在そのものが『虚偽記載』(爆笑)」みたいなものですが、コレが「将軍様の専売特許」でないのは言うまでもない・・(大爆笑)

 何せ、北の「血で結ばれた友邦」も、統計のリミックス(改竄と言う言葉が不適切なぐらい)では「兄弟子分(ソ連がお師匠)」ですからねえ。こうやって「偽りの高成長に自己欺瞞」されて、それこそ「戦争で事態を打開するまで状況が悪化」するのが必至なのに、同じく「スケープゴートのカモ」にされてる日本とインドで、インドは「2012年・中印戦争」に備えた準備を着々と実施してるのに、ホント・・(憮然)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            北朝鮮で経済実態に対する虚偽報告が頻発

(ロイター) 北朝鮮の金正日総書記が年初から経済再建を目的とした視察や指示を頻繁に行っている中で、朝鮮半島筋は24日、金総書記の耳には正確な経済状態が届いていないという実態を明らかにした。北朝鮮では現在、国民総動員態勢による生産拡大運動が続いているが、その半面、経済損失を隠蔽(いんぺい)し、経済状態を取り繕うなどの虚偽報告が頻発しているという。

 同筋によると、今年の金総書記の国内視察はすでに過去最大の180回(昨年は99回)にのぼり、特に経済分野に関する視察が85回で約半数を占めている。

 ただ、実際は金総書記が現地指導の際に思いつきで無意味な指示を乱発する一方で、視察を受けた工場側は実態とは異なる水増し成果をアピールする-などの例が目立つという。

 たとえば、金総書記が今年初め、「平壌市は一瞬も停電させてはならない」と指示し、同市に24時間体制で電力供給を続けることになった。だが、平壌に供給を集中した影響で、9月には平壌の北東に位置する金策市の城津製鋼所が停電、溶鉱炉が固まり大量の製品を破棄せざるを得なくなったという。

また、金総書記は4月にある生産工場を視察した際には、展示された製品を見て「(北朝鮮が同月に発射し、人工衛星と主張している弾道ミサイルの)光明星2号の打ち上げよりもうれしい」と称賛した。だが、実際には工場ではこの商品を製造しておらず、商品は工場側が闇市場で入手して再包装して販売していたとされている。別の機械工場の責任者は7月、生産高を水増しして党に報告。ある朝鮮労働党幹部は同筋に対して、「生産目標を達成できなければ、ただちに職を退けという雰囲気なので虚偽報告は避けられない」とこぼしているという。

 北朝鮮では故金日成主席生誕100年にあたる2012年を「強盛大国の門を開く年」として、軍事、経済などあらゆる部門で長期間の国民総動員を実施中だ。4~9月に経済再建のための「150日戦闘」計画が進められた。終了時には、党中央委員会が朝鮮中央通信などのメディアを通じた発表で、「工業部門で計画を112%超過遂行した」などと成果を強調したが、同筋は「各地の工場などで党に対する虚偽報告が頻発、金総書記に正しい経済状況が伝わっていない」と分析している。(産経より抜粋)


当てにならない中国経済のデータ=英FT

 【大紀元日本11月19日】めざましい経済発展を遂げたといわれる中国。しかし、当局が発表するデータは、本当に信頼できるのだろうか。

 「中国の経済データを見るたび、眉を上げるほど(信じがたい)」。英紙「フィナンシャル・タイムズ」(FT)11日付けのレックス・マクロ経済コラムに掲載された記事「中国データ」は、そう指摘する。中国経済に関する小売売上高と固定資産投資額の2つの指標が、最も当てにならないという。

 同記事によると、中国国家統計局は11日、固定資産投資額が、昨年同期比で33・1%上昇したと公表した。しかし、果たして実際の投資額が33・1%上昇したのだろうか。同記事は、米国企業研究所(American Enterprise Institute)のジョン・メイキン氏の指摘を引用、中国では中央政府がプロジェクトに必要な資金を「投資額」として計算するが、実際にその資金がプロジェクトに支払われたかどうかは考慮されていないと報道。

 同様に、小売売上高は16・2%上昇したと公表されているが、これが実際の消費高を表すものではない。なぜなら、これは工場から小売業への出荷状況を反映したにすぎない数字だからであると同記事は指摘する。

 中国の統計データの場合、単独のデータを足し合わせた数値が、必ずしも正確な総数になるとは限らない。たとえば、今年上半期の31省・自治区のGDPデータを合計すると、国家統計局が公表した全国データの総計を10%上回る。10月に中国不動産価格が4%上昇し、14ヶ月以来の最大な増幅となったが、このデータだけを見て、中国経済の好転の兆しと判断するのは、あまりにも偏った見方であると同紙コラムは主張している。(大紀元より抜粋)


印が弾道ミサイル発射実験

 PTI通信によると、インドは23日、東部オリッサ州で、核弾頭搭載可能な中距離弾道ミサイル「アグニ2」(射程2千キロ)の発射実験を実施した。国防省高官は「発射は順調だった」と述べた。

 インドは中距離ミサイルの発射実験を繰り返しているほか、中国も射程に収める長距離ミサイルの開発を進めている。(産経より抜粋)

「一国平和主義」は、「鎖国願望」の別名? ・138(アホか、おのれら!)

 こいつら、ホントのホントに「超銀河級・ウルトラマグナムオオバカ野郎」そのもの・・(唖然&激怒)

 こういう「公益通報システム」そのものは大いに結構ですが、コレは「厳重に秘匿」されるべき情報そのものですね。何故かって、そりゃ「通報システムを搭載した漁船を『海賊が口封じに集中攻撃』」する可能性が大なんですから・・

 なにせ、昨今の「海賊の『畜生働き系への変貌』」を鑑みれば、それこそ「マグロ漁船=海賊討伐艦隊の手先」として「獲物を狙う前の『蝿退治』」の対象になりかねませんよ。ホント外務省と防衛省&国交省(プロとして助言したのかしら?)はなにやってるんだ?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            海賊対策でマグロ漁船、居場所を英海軍に通報

 ソマリア沖の海賊対策として、日本の遠洋マグロ漁業者の組合と、英海軍の情報機関が連携し、漁船の位置情報を連合軍の海賊対策機関に自動通報するシステムの運用が近く始まることになった。

 各国商船・旅客船の位置情報や海賊事件通報を集約し、連合軍艦船で情報共有する英海軍の「英国海事貿易オペレーション」(UKMTO)と、「日本かつお・まぐろ漁業協同組合」が先月、外務省の仲介で、情報提供の仕組み作りで合意したものだ。

 具体的には、同組合が所属漁船の位置把握に使用しているシステムを応用し、監視海域に入った漁船からUKMTOに毎日1回、位置情報を自動送信するシステムを構築する。UKMTOからの海賊通報は、同組合が一報を受け、各漁船に配信する。UKMTOによる漁船情報の収集は、スペインに次いで日本が2か国目となる。

 インド洋は主にキハダマグロの好漁場で、日本のはえ縄漁船が150~170隻操業している。ソマリア沖の海賊被害が増えた2007年以降は、ソマリア沿岸を避け、南方のセーシェルやタンザニア沖などで操業している。しかし、最近は海賊の活動海域が拡大、韓国や台湾の漁船が海賊に遭う事件も発生している。

 ソマリア沖では今年に入って海賊事件が急増、前年比7割増の約200件に達している。現在、海上自衛隊を含め、約30か国、30~40隻の海軍艦船が海賊対処活動を行っている。(読売より抜粋)

「平和派(ハト派)こそ、頭に超がつく現実主義者(リアリスト)でなければならん!」、このセリフを現実世界の首相が言う日は何時?・281&「KE作戦実施」する気もないなら、お口にチャックしなさいな・・ 2

 あのう、鳩ポッポ閣下?日本人として言いたくなる気持ち(特に御爺ちゃんがらみで色々あるだけに)も判りますが、交渉する前に「向こうの面子潰して」どうするんですか。何せこの問題日本にも不利&無理筋な要素がたっぷりな上、尖閣問題でアメリカが表明したように「『「領有権の基盤はその地域の実効統治と独占支配』であるとの認識」が国際常識である以上、ホント・・(憮然)

 自分は「日露双方の『面子と実益を止揚』出来る観点からの『日本版・オーデルナイセ線(3島返還)』が望ましい」と思ってるのですが、ナショナリズムが絡んでるだけに、ホント・・(思案)

 ホント、世界が「『多極化』と言う名の帝国主義復活時代に突入」してる昨今、ロシアの言い分ではありませんが「歴史の棘を引っこ抜いて『新思考外交』を展開」するべき時期が着たのに、日露双方とも「互いの面子を表に出しすぎて『引くに引けない』」ってのは情け無いですね。少なくとも「日本及びアジア諸国双方にとって『シベリアの資源は喉から手が出るほど欲しい』」のに、コレでは「トンビ(アジア・特に中国)に油揚げ(資源)を攫われる」のが関の山?

 追伸・そういえば「北方領土奪還作戦」では「KE作戦発動のきっかけは『支持率低迷に苦しむ新進気鋭の首相(安倍さんをモデル?)』が自由惑星同盟・帝国領進攻張りの理由で決断」なんて設定でしたが、わが祖国のプチ・トリューニヒト軍団も同様の決断を・・(ガクガクブルブル)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            北方4島「ロシアが不法占拠」=政府答弁書

 政府は24日の閣議で、北方領土問題の現状について「ロシアが不法に占拠している」とする政府答弁書を決定した。鈴木宗男衆院議員(新党大地)の質問主意書に答えた。外務省は21日に同じ内容の答弁書をいったん公表したものの、「閣議決定前の誤発表だった」として取り消していた。

 質問主意書が、経済開発などのため日本人の北方4島入域を認めるべきではないかとただしたのに対し、答弁書はロシア側の「不法占拠」に言及。「北方4島に対するロシアの管轄権を前提にしたかのごとき形でわが国国民が入域することは、わが国の立場とは相いれない」と指摘している。(時事より抜粋)


領土めぐる対話困難に=政府答弁書にロシア反発

 【モスクワ時事】ロシア下院のコサチョフ外交委員長は24日、日本政府が北方四島の現状について、「ロシアが不法占拠している」との答弁書を閣議決定したことに反発、領土問題をめぐる日ロの対話を困難にすると非難した。

 同委員長は「日本政府は、国際合意に基づいて千島列島がソ連領に移管された第2次大戦の結果を見直す立場を取った。ロシア政府は厳しく対応するだろう」と述べた。

 また、静かな環境で領土問題を協議するとの合意から日本側が逸脱し、問題を先鋭化させたと批判、「領土問題に関する対話は意味を失いつつある」と強調した。

 コサチョフ委員長は「われわれは領土問題で妥協を模索する協議の用意を示してきたが、日本政府の決定はそうした対話を極度に困難にする」と非難した。(時事より抜粋)

いよいよ「平成の零戦」の誕生機運高まる・・・・55(「首の皮一枚」でつながった・・)

 「F-35が正式採用?」の記事ですが、ぬくぬく様の記事によると、防衛相自ら「まったく根拠がありません」と言明されたそうですね。正に「世界が騙された」って奴?(大爆笑)

 まあ、自分としては「軍需産業の再編&育成の観点から、国産F-2継続生産もしくはライセンス生産&魔改造可能な機種(日の丸タイフーン日の丸ライノメタボイーグル魔改造イーグル)が望ましいとおもうのですが、どれが選ばれるにしろ「2年後に迫る『F4の機種更新』」は待ってくれませんよ・・

 そうなってくると、この商戦の帰趨は「空白が最小限&代替機体をリース(イタリアがF-16をつなぎ導入したように)」がカギではないでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q:F-Xの話なのですけれども、一部報道でF-35の方向だということなのですけれども、現在の検討状況というのはどうなのでしょうか。

A:あの報道は全く根拠がありません。従来、我々が内閣を引き受ける前に、色々と省内で検討したりしたことがあったことのパッチワークのような話が出ただけで、あれについてコメントする気もありませんし、防衛省の方針があそこに表れているということは全くありません。(防衛省HPより抜粋)


次期戦闘機にF35採用へ、40機購入で調整 防衛省

【11月23日 AFP】共同通信(Kyodo)は23日、航空自衛隊の次期主力戦闘機として、次世代戦闘機「F35(F-35 Joint Strike Fighter、JSF)」を採用する方向で防衛省が調整に入ったと報じた。

 共同が引用した情報筋によると、40機程度の購入を想定し、2011年度の概算要求に関連経費を盛り込む考えだ。

 F35は米、英、豪などが出資して開発を進めており、価格は1機約90億円になる見込み。

 防衛省は当初、老朽化が進むF-4EJ戦闘機の後継として最新鋭ステルス戦闘機「F22ラプター(F-22 Raptor)」の導入を目指していたが、米国が同機の生産中止を決めたため、ほかの選択肢を検討していた。(AFPより抜粋)


中国優位を懸念 F35導入、後回しも

 政府が次期主力戦闘機(FX)でステルス性能を持つF35選定に向け調整に入ったのは、太平洋への海洋進出に乗り出している中国が航空戦力でも北東アジアで優位に立つ安全保障上の懸念があるからだ。ただ米側はステルス性能などの機密を含む情報提供料として約10億円を日本に要求。早ければ2014年とされる米国などでの配備の時期が遅れれば、日本への導入が後回しになる可能性もある。

 軍事力の近代化を目指す中国の国防省は空軍について「防空型から攻撃と防御を兼備した空軍への転換を図る」と明言。米国のF16戦闘機に匹敵する性能を持つとされる最新鋭戦闘機「殲10」の配備や空中警戒管制機(AWACS)を開発するなど装備を充実させている。防衛省関係者は「レーダーに捕捉されにくいステルス機能は不可欠だ」と強調する。

 しかしF35は開発中で、耐用年限が近づく航空自衛隊のF4の後継としてF15改良型などで不足分をつなぐ必要もある。F35は共同開発のため、購入や情報提供に関しては開発に参加した各国が優先される。1機約90億円と見込まれる購入費や情報料がつり上げられていくとの見方も強い。(USフロントラインより抜粋)


日本で次期主力戦闘機F35採用へ F22購入計画の霧散に伴うもの

 共同通信が23日に報じたところによると、日本の防衛省は、中国の航空戦闘能力強化に対処するため、レーダーに捕捉されないステルス機能を強化したF35を次期主力戦闘機(FX)に選定する方針だという。F35は、米国・イギリス・オーストラリアが共同で開発している戦闘機で、2010年中旬の配備を予定、価格は1機当たり90億円と推定される。


 共同通信によると、防衛省は来月からF35購入に向けた本格的な手続きに入り、11年度の概算要求に約40機分の購入予算を計上する案を進めているという。しかし、「F35は開発中で配備が10年代半ばと見込まれる。このため性能の確定まで契約を先送りすべきだとの慎重論もあり12年度予算へ先送りされる可能性も残っている」と同通信は報じている。


 日本は、老朽化したF4EJ戦闘機を代替するため、米国のF22ステルス戦闘機を購入しようとしたが、米国法がF22輸出を禁じている上に、米国政府が生産を中断し、輸入計画は霧散した。(朝鮮日報より抜粋)

(警告・ネタバレ注意)どうみても「○○の○○&○○○○のパロディ」?(大爆笑) ・2

 小日本人の私ですら色々突っ込む(大爆笑)のですから、当の中国人も色々思うところが・・(大爆笑)

 ホント、「おくりびと」もそうでしたが、欧米って「こういう形で『高レベルのプロパガンダを仕掛ける』」のがうまいですね。硫黄島二部作にしても「背後に『海兵隊の組織防衛』の意図が見え隠れ」してるそうですし、ホント映画は奥深い?(超・大爆笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           皮肉か賛美か…米映画「2012」中国で賛否両論

 【北京=佐伯聡士】「中国への皮肉なのか、賛美か」――。中国でも大ヒットしている米国の大作パニック映画「2012」(ローランド・エメリッヒ監督)が、賛否両論を呼んでいる。

 経済力の増強に伴って高まった大国意識と、底流にある屈辱の近代史に根ざした被害者ナショナリズムが混在する中国国民の複雑な心理を刺激するシーンがふんだんに盛り込まれているためだ。

 映画は、古代マヤ文明の地球滅亡の予言をテーマに、2012年に世界各地で大地震などの大災害が起きる中、懸命に生き残ろうとする人々の姿を描いたもの。

 国際社会での地位を向上させ、協調を進める中国に、かつてないほどスポットライトを当てている点が特徴だ。主役の米国が、人類の生存に向けて、中国を含む主要国と協力して避難用の巨大な箱船を建造する秘密基地を中国国内に設定したほか、中国軍が避難民の救出に奮闘する様子も描いた。秘密基地を目にした人々から、「中国を選んだのは正しかった。ほかの国に任せていたら完成できなかった」との感嘆のセリフが飛び出す。だが、それは、安価な労働力や一党独裁体制を強調しているとも受け取れる。また、建設に当たった出稼ぎ労働者に乗船資格が与えられていないことも「(中国の)人権軽視」を図らずもさらけだした形だ。

 中国紙によると、映画は当局の検閲を「ノーカット」で通過した。賛美に対し、「国力が向上したのだから当然だ」と、素直に受け止める見方は多い。ただ、その一方で、有名俳優がブログで「中国を描いたシーンとセリフは非友好的。むしろ、からかわれている」と反発、上映停止を提案するなど、逆に「皮肉」と感じる観衆も少なくないようだ。(読売より抜粋)

「平和派(ハト派)こそ、頭に超がつく現実主義者(リアリスト)でなければならん!」、このセリフを現実世界の首相が言う日は何時?・280&地方活性化の鍵は「コンパクト・シティ」にあり? ・27

 只一言、経団連も民主党政権も「目噛んで○ね!」・・・・・(憮然&激怒)



それに加え、あれほど「無駄遣いの排除」を表看板にしてるのに、ホント「わざわざ『納税者番号システム』を創設」とはどんな神経なのでしょうか。自分自身は「納税に限らず『行政の効率化&利便性の増大』というコンパクト・シティ政策的観点から『日本版・社会保障番号制度』の創設が急務」だとの持論ですが、その基礎的インフラとして『住基ネット』という立派な既存インフラが存在してるのに、その存在を忘却したかのような言動を取るとは、ホント「本気で無駄を省く」つもりはあるのかしら?(嘲笑)

 ホント、日本が生き残るには国家体制もそうですが、先ずは民間の意識を「CHANGE」する必要が・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  日・EU経済統合協定交渉の開始求める 日・EU EPAに関する第三次提言を公表

日本経団連は17日、「日・EU経済統合協定交渉の開始を求める‐日・EU EPAに関する第三次提言」を公表した。わが国経済の自律的な回復と成長にとって、自由な貿易・投資環境を確保し世界経済のダイナミズムを取り込むことは不可欠である。人口減少時代にあって、その重要性はますます高まるものと想定される。こうした観点から、世界最大の単一市場であるEUとの経済関係を強化することは、わが国にとって喫緊の課題である。提言の概要は次のとおり。

■ 急がれる日・EU経済統合強化のための枠組みづくり

今年5月に、経済統合の強化に向けて特定の非関税案件に焦点を当てて取り組み、来年の首脳協議までに進捗をレビューすることで日・EUの首脳が合意したことは望ましい方向への適切な第一歩であるが、半年を経てもなお、具体的な案件が決定されていないのが現状である。また、先般EU・韓国自由貿易協定(FTA)が仮署名され、来年中には発効の見込みとなった。これによって韓国製乗用車やエレクトロニクス製品に対するEUの二ケタ関税が発効後5年以内に撤廃されることになり、わが国企業はEU市場において韓国企業に比べ、競争上極めて不利な状況に置かれるものと予想される。
以上のような背景から、日・EU経済統合強化のための取り組みを加速することが不可欠であるとしている。

■ 新たな枠組みとしての「日・EU経済統合協定」

そこで、関税・非関税双方の障壁を引き下げることによって経済統合を強化するための新たな枠組みを「経済統合協定」として、そのアウトラインを提示、来年の日・EU首脳協議後、できる限り速やかに交渉開始できるよう準備を進めるべきと訴えている。協定が備えるべき内容として、他国企業に劣後しない事業環境の確保、関税以外の障壁を含め経済的に国境のない環境の整備、透明性の高い自由で安定的な事業環境の実現などを指摘するとともに、今回の提言が契機となって交渉開始に向けた動きが活発化することを期待するとしている。

■ わが国の通商戦略と日・EU経済関係

WTOドーハ・ラウンドの早期妥結とEPA等の締結とを自由な貿易・投資促進の車の両輪として推進するという、わが国通商戦略の着実な実行は、EUとの関係においても重要であると指摘するとともに、EU加盟国との租税条約や社会保障協定の改正・締結を推進するよう提言している。

■ 経済統合協定のアウトライン

鉱工業品の関税については、センシティビティーの高い品目についても速やかに撤廃するよう求めるとともに、関税分類等の変更やアンチダンピング等の貿易救済措置について、事前協議の仕組みを設けるよう提言している。また、医療機器、自動車、建設材料等に関する規格の調和や相互承認を推進するよう提言するとともに、企業内転勤などビジネス上の移動について簡便な手続きを適用することも求めている。さらに、わが国の政府調達について、地方政府の入札情報を含めたアクセスポイントの一元化の必要性などを指摘している。(経団連タイムズより抜粋)


納税番号と歳入庁セットで検討=菅副総理

 菅直人副総理兼国家戦略担当相は24日の閣議後記者会見で、税と社会保障共通の番号制度について、「納税者番号(制度)導入と(徴収業務を)歳入庁に一本化することは合わせて検討するのが適切だ」と述べ、税と社会保険料に関する法人、個人の情報の一元管理と、両者を一体的に徴収する歳入庁創設を並行して検討する必要があるとの考えを示した。 

 政府税制調査会は10月に納税者番号導入に向け議論を始めた。菅副総理は「納税者番号は非常に長い課題だが、そろそろ導入を念頭に検討に入るべきだ」と強調。また、国税、地方税、社会保険料の徴収体制がばらばらとなっている現状について「非効率であり、透明性もあいまいだ」と指摘した。(時事より抜粋)

今日の「米英特殊関係」・明日の「日米安保」&真の「対等な日米同盟」には『クーデターが不可欠』? ・3

 池上さん、「今の英国は半年前の日本だ」と言うことは、来年は「米英特殊関係が終焉」するって事ですよね・・(大爆笑)

 こうやって「米英関係ですら『CHANGE』が避けられない」んですから、それこそ「イスラエル並みの戦略的環境の最中に『日米同盟を見直し』」なんて、よほど「自主防衛無くして同盟無し」の原則重視の方向に進まない限り、それこそ「空洞化は必至」では?(ガクガクブルブル)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                 今の英国は半年前の日本だ

 政権与党に人気がなく、首相も頼りない。だからといって野党にさして魅力があるわけではないが、今の与党よりはマシだから、次の選挙では野党に投票してみようか。でも、新政権は、過去の政権がのこした史上最悪の財政赤字を引き継ぐことになる...。

 まるで、この夏前の日本の政治状況のようですが、これが今のイギリスだそうです。本誌日本版11月4日号の「英保守党の暗すぎる船出」は、そんな状況を描いています。

 イギリス下院の任期は来年6月に切れるため、それまでに必ず総選挙が実施されます。野党である保守党の支持率は、与党・労働党に対して支持率で10ポイントを超えるリードを保っています。

 しかし、それは保守党に魅力があるからではなく、与党の労働党が不人気だからです。「最近の世論調査では、保守党に投票するつもりだという有権者のうち、党に『肯定的な』イメージを持っているのはわずか32%」なんだそうです。

 どうですか。「保守党」を民主党に、「労働党」を自民党に置き換えて読めば、まるで半年前の日本の政治状況のようではありませんか。

 保守党のキャメロン党首が来年中にはイギリスの新しい首相に就任するのは確実でも、「来年の総選挙で保守党が確保する議席の最大3分の1は新人議員になる見込みだ」と。今の民主党そのものではありませんか。

 しかし、キャメロンには強みもあるそうです。それは、何か。

「彼には現代の首相に求められる資質がたくさんある。聡明で、好感が持て、テレビ映りがよく、名家の育ちと名門(中略)大学時代に培われた自信がある。家庭人というイメージ戦略も怠らない」

 どうですか。鳩山由紀夫首相とイメージがだぶりませんか。

 でも、キャメロン党首に対する批判もあります。いわく「いまだに独自の外交政策を詳細にしめさず」

 どうですか。どこぞの党を彷彿とさせませんか。

 こうなると、イギリスの人々には、今の日本の政治を見ることをお勧めしたくなりますね。今の日本は、来年のイギリスを予見するようなものだからです。(ニューズウィークより抜粋)


「対等な関係」という現実主義 安全保障重視を脱却した鳩山政権の対米政策は「普通の国」への第1歩だ


 93年、小沢一郎は自由民主党を離党し、非自民の連立政権の誕生を導いた。その行動の背景にあったのは、日本は「普通の国」になるべきだという信念だ。

 アメリカは当時、小沢の力で日本はより能動的な同盟国に変身すると期待し、これからの日本は経済力に見合うだけの責任を国際社会で担うはずだと考えた。

 小沢は94年(日本では93年)に発表した著書『日本改造計画』で、野心的な政治改革構想をぶち上げている。日本は官僚主導から内閣主導へ転換し、国際問題でより積極的な役割を果たすべきだ──。

 そして09年、小沢は与党・民主党の幹事長に就任した。9月16日に発足した新政権を率いる鳩山由紀夫首相の代理として、党運営や国会対策を担うポストだ。

 首相就任に際し、鳩山は政府の機能を刷新すると宣言した。日本の指導者が政治を行うに当たってこれまで以上の自由を手にするべきだという鳩山の考えは、93年当時に小沢が唱えた「普通の国」構想の核を成すものだ。

 当時、小沢の主張は安全保障分野に限ったものだと受け止められがちだった。だが政治家が国内において官僚依存をやめ、外交においてアメリカ依存を脱してこそ、日本は「普通」になる。

 今や鳩山政権は構想を現実に変えることができる。アメリカには、その点を懸念する声もある。

 ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、ジム・ホーグランドはこう述べた。「バラク・オバマ米大統領は、日本の官僚制度や自民党政権時代の大物政治家に悪魔のレッテルを貼る(総選挙の)勝者をなだめなければならない......去り行く大物たちはアメリカの忠実な友である一方、故国に尽くした」


軍事同盟の枠を超えてこそ

 鳩山政権はアメリカとの「対等な関係」、つまり日本がアメリカの要求ではなく国益に基づいて政策を決定することが可能な関係を望んでいる。言い換えれば、時と場合に応じてアメリカに「ノー」と言うことができる関係だ。

 同時に、対等な関係とは軍事同盟の枠を超えた関係のことでもある。その証拠に、民主党はマニフェスト(政権公約)でアメリカとの自由貿易協定(FTA)の交渉促進を提案した。この提案は日米が同盟関係の「再確認」と「一新」に同意した90年代半ば以降、両国がどのような関係を結んできたかを浮き彫りにしている。

 90年代前半の貿易戦争の後遺症から、日米は経済分野の問題を棚上げし、2国間協議のテーマを安全保障や在日米軍基地、日本の国際貢献に絞ってきた。

 もちろん、こうした協議は「対等」ではなかった。アメリカが変更を提案するたび、アメリカに安全保障を頼る日本は政治システムが許す限り要望に応えてきた。

 民主党の政治家、とりわけ岡田克也外相はこの不平等の解消を目指し、安全保障以外の問題を協議テーマとして復活させようとしている。その象徴的な例が温暖化対策での協力だ。インド洋での海上自衛隊の給油活動を延長しないという決断も、安全保障重視からの転換の必然的な結果にすぎない。

だが、日米関係を大きく変える要因はほかにある。アジア諸国との協調と同地域でのリーダーシップを重視する民主党の姿勢だ。とはいえアメリカは、日本がアジアを選んだと誤解してはならない。

 岡田が9月2日、あるシンポジウムで語ったように「アメリカか中国かという議論があるが、それは小さな議論」だ。日本は安全保障の最も重要なパートナーと経済面で最も重要なパートナーのどちらかを選ぶことも、どちらかに過剰に依存することもできない。

 対米関係と対中関係の両立は、今後数十年にわたって日本の指導者に課される重大な任務になるだろう。だからこそ日本は今、「普通の国」の政治的リーダーシップを必要としている。

ミドルパワーとして生きる道

 慶応義塾大学教授で政治学者の添谷芳秀の言葉を借りれば、民主党の姿勢は「ミドルパワー」的現実主義といえるかもしれない。

 アメリカと中国が巨大な存在感を持つアジア地域に位置する日本は今後、オーストラリアや韓国と同様、自国の行動の自由を最大化しようと努めるだろう。しかし、アメリカに心配は無用だ。民主党はより健全で建設的な対中関係を望んでいるが、アジアにおける中国の一極支配を懸念する点では彼らもアメリカと変わらない。

 日米が協力する道は安全保障以外にも多くある。オバマ政権は、流動性の高い同盟関係を目指す鳩山政権の方針にあらがうのではなく、受け入れるべきだ。自立の度合いを高めてこそ、日本はアジア地域での平和の維持に大きく貢献することができる。

 言うまでもなく、民主党的現実主義は経済の立て直しにも目を向けている。日本の国際的な地位向上の鍵が経済発展にあることを見抜いた吉田茂元首相と同じく、民主党はある事実にうすうす気付いている。日本経済が輸出主導を脱し、労働者や高齢者のためのセーフティーネットを充実させ、国債頼みの経済構造を変えない限り、日本はアジアでも世界でも指導的役割を果たせないままだ、と。

 結論を言えば、日本には政治的リーダーシップが不可欠だ。国民の生活を守るためにも、国際社会で影響力を発揮するためにも。(ニューズウィークより抜粋)

なんじゃこりゃーーーーーーーーーーーーー516

 この朝鮮日報オバマ・アジア歴訪の分析記事ですが、「韓国が『日中のオマケ扱い』(苦笑)」と言う部分を微妙にぼかした部分を除けば、結構妥当な分析では・・(苦笑)

 まあ、今回の歴訪で「オバマ政権がアジアで『勢力均衡外交を推進』」する事が明確になったわけで、日本としては「中国のみならず米国への『交渉カード』としての日韓同盟」ぐらい検討してもいいのでは?(ニヤリ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            オバマ大統領の「外交三国志」、韓中日の違い

 アジア歴訪の最初の訪問国だったものの、すでに合意した内容の修正をめぐってもめた日本、共に歩む道が必ずしも一致しないにもかかわらず、米国としては快く「二人三脚」のパートナーと見なすという意志を確実に示した中国、未来志向的な同盟関係を強化する韓国。


 バラク・オバマ米大統領の韓中日3カ国訪問ははっきりと対比される。オバマ大統領は中国訪問を通じて「新米中関係」の開幕を告げ、韓国では同盟関係を強化する予定だ。しかし在日米軍問題をめぐり従来の合意の撤回を要求する日本とは、当分の間ぎくしゃくした関係が続くことを予告した。


 もちろん、オバマ大統領の今回のアジア歴訪は初めから中国に焦点が合わせられていた。今年7月の米中戦略対話で「米国と中国は21世紀の世界で最も重要な2国間関係だ」と述べたオバマ大統領は、今回の訪問でこの発言を実践に移した。


 上海、北京に3泊4日間滞在し、胡錦濤国家主席、温家宝首相と1日ずつ会談を行い、夕食会を共にした。オバマ大統領は世界の経済危機克服のほかにも、気候変動、核不拡散問題で中国を「グローバルな解決」のパートナーと見なすことを明確に示した。「強力な中国、繁栄する中国は国際社会の力の源泉になるだろう」という言葉で、中国人のメンツを立てることも忘れなかった。


 オバマ大統領は、各種の世界的な問題を中国と共に解決していくとの意思が確固としているため、チベットとの対話、インターネット検閲の問題点を指摘する同大統領の発言は、中国指導部が不快に思うほど強い調子ではなかった。オバマ大統領は韓国や日本とは異なり、中国では万里の長城と紫禁城を回る観光の時間も設け、中国に対する関心と好意を隠さなかった。こうしたオバマ大統領を、中国の若い世代はオバマ大統領と毛沢東元首席が合成された「オバマオ」のイラストが描かれたTシャツを着て、熱狂的に歓迎した。

23時間の日本訪問はそういった点で、中国訪問とははっきりと比較される。日本訪問の意味は、オバマ大統領の初めてのアジア訪問国という点がすべてだった。米テキサス州の米軍基地フォートフッドでの銃乱射事件で訪日の日程が1日延期されたことからもつれが露呈し始めた。


 鳩山由紀夫政権の発足以降、摩擦の原因となってきた普天間飛行場の移転問題のため、両国の首脳会談は新しい合意点を探るよりは、これ以上悪化することを防ぎ、衝突を避けることに焦点が合った。中国の浮上を警戒する日本人は、オバマ大統領が東京サントリーホールで「米国は中国を排除しない」と発言したことに失望した。さらには、オバマ大統領が天皇に対し腰を深く曲げてあいさつしたことが米国国内で論争になった点も、逆に日本人のプライドを傷つけた。


 そのため日本では、オバマ政権にすでに「ジャパン・パッシング(米国の日本無視)」の基調ができたのではないかとの警戒論も出ている。時事週刊誌エコノミスト最新号に掲載された、オバマ大統領が日本を通り越して中国に長い腕を伸ばす風刺画は、こうした危機心理を象徴的に示すものだった。


 オバマ大統領の韓中日3カ国訪問のうち、韓国の比重が最も小さい。21時間の滞在時間から米軍基地訪問を除けば、李明博(イ・ミョンバク)大統領との首脳会談が唯一の公式日程だ。オバマ大統領の特技である大衆演説と一般人との自然な接触を生かす機会は、初めから計画にもなかった。米国は、李大統領とは今年2回の首脳会談とG20(主要20カ国・地域)会議を通じて比較的親密な関係をつくったとの判断から、ほかの日程を入れなかった。最近の北朝鮮による西海(黄海)北方限界線(NLL)侵犯に端を発する南北間の銃撃戦が、オバマ大統領の日程をさらに簡略にしたとの分析もある。


 ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)で東アジア担当局長を務めたビクター・チャ米戦略国際問題研究所(CSIS)韓国室長は、「オバマ大統領の訪韓が、米国の歴代大統領の韓国訪問のうち最も穏やかなものになる」と見通した。(朝鮮日報より抜粋)

「平和派(ハト派)こそ、頭に超がつく現実主義者(リアリスト)でなければならん!」、このセリフを現実世界の首相が言う日は何時?・279&核に関して、いい加減「大人になれや、日本人」ってか・・ 126

 「『核密約』の存在を確認」「麻生政権が『米国に小型核保有促進ロビー』」、だからなんなんですか。ちゃんと仕事してるからいいじゃないですか・・(嘲笑)

 わざわざ外務省のアーカイブ漁らなくっても、米国の軍事戦略史知ってれば「核持込してない方が『日米双方に不利益』」になるのは自明の理ですし、麻生閣下の「核ロビー」にしても「ニュークリア・シェアリング(疑問点も多いが)日米SIOPにまで踏み込まない不甲斐無さ」を非難することはあっても、手かせ足かせを嵌められてる中で「少しでも『核の傘』の信頼性を増大」させようとした麻生閣下の努力そのものは、佐藤閣下(つっこむ部分は多々あるが)同様「大いに評価」されてもいいのでは?(唖然&困惑)

 少なくとも、昨今の日本「不安定の弧」周辺の軍事情勢を少しでも勉強してれば「日本の安全保障環境が『イスラエルとドッコイドッコイ(もしかしてそれ以下?)』」であるのは幼児でもわかる理屈ですよ。そこまで「情勢が緊迫化」してるのに、イスラエルに及ばないにしてもその水準に近づく軍備&国家体制構築どころか「『アジア共同体』をオウムのように繰り返す」とは、ホント・・(トホホ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            鳩山政権、日米核密約の「パンドラの箱」開くか

日本の鳩山政権が過去の自民党政権時代に結ばれた核持ち込みの密約を争点化し、日米対立が拡大している。日米間の核密約の存在を調査してきた外務省調査チームがこのほど、内部保管資料の中から密約内容を議論した「討議記録」を発見したと朝日新聞が21日に報じた。

日米核密約は1960年に両国が安保条約改正当時に日本国内に核を搭載した米艦艇の寄港と航空機の領空通過が事前協議なく可能にするよう秘密裏に合意したという内容だ。この密約にはまた、韓半島有事の際に日本と協議なく韓半島に在日米軍を投入できるという条項も含まれている。日本政府はこれまでこうした密約の存在を否認してきた。

密約が存在しないという日本政府の主張が虚偽とわかったことで波紋の拡大は避けられそうにない。鳩山政権は総選挙の公約通り、疑惑究明のため来年1月に真相調査結果を発表する予定のためだ。そうなると核問題をめぐる日本国内の国民的議論が熱くなり、日米関係はさらに悪化しかねない。

核密約は68年に発効した日本の「非核三原則」(持たず、作らず、持ち込ませず)に直接的な影響を及ぼす。この原則を重視する日本としては米国に核密約をなかったものにしようと主張する可能性が大きいためだ。これは戦争抑止力として核兵器を必要とする米国としては受け入れがたい選択だ。この問題は米国の核の傘が必要な日本政府としても原則論ばかりを主張するのも難しく、核密約の存在を否認してきた自民党も国民の指弾を受けることになるなど、与野党すべてに「パンドラの箱」になる見通しだ。(中央日報より抜粋)


小型核の保有促す 日本の対米工作判明

 日本政府が9月の政権交代前に「核の傘」の堅持を狙い、米国の中期的な核戦略検討のために米議会が設置した「戦略態勢委員会」に行っていた対米工作の全容が23日、分かった。現在米国が持たない地中貫通型の小型核の保有が望ましいと指摘し、短距離核ミサイルの退役も事前に日本と協議するよう求めていた。複数の委員会関係者が明らかにした。

 中国や北朝鮮の核の脅威を危惧きぐする日本は、米国の一方的な核削減が核の傘の弱体化につながると懸念。核軍縮に熱心なオバマ政権の登場を背景に、「傘」の信頼性確保を狙った外交工作を展開していたことになる。「核なき世界」に賛同する鳩山政権の基本姿勢と相いれぬ内容もあり、政府の対応が今後問われる。

 日本の工作を受け、2013年にも退役する核巡航ミサイル「トマホーク」の延命を求める意見が米保守派から台頭。日本の要求を背景に大幅な核削減に抵抗する主張もあり、米政府が近くまとめる新核戦略指針「核体制の見直し」にも影響する可能性がある。

 米側関係者によると、同委員会のペリー委員長(元国防長官)らは2月末、米政府への提言策定のため、在米日本大使館から意見聴取。大使館幹部らは日本の見解を記した3ページのメモを提出した上で、(1)低爆発力の貫通型核が核の傘の信頼性を高める(2)潜水艦発射の核トマホークの退役は事前に協議してほしい(3)核戦力や核作戦計画の詳細を知りたい―と発言した。

 米国は、広島型原爆の約20倍に相当する爆発力が高い地下攻撃用の貫通型核しか保有しておらず、「使える核」を求めたブッシュ前政権が低爆発力の小型貫通核の開発を目指したが、議会の反対で挫折している。

 3ページのメモは機密扱いだが、内容を知る核専門家ハンス・クリステンセン氏によると、日本側は多様な標的を攻撃できる「柔軟性」や、低爆発力の核で市民の巻き添えを最小限にとどめる「差別性」などを備えた核能力保持が望ましいと力説。「近代化された核弾頭」などで核の傘の「信頼性」を担保すべきだとも訴えた。

 昨秋にも、大使館幹部が委員会に「核を含む抑止という前提が崩れれば、日本は安全保障政策の根本を見直さざるを得ない」と伝達、核の傘弱体化に強い懸念を表明した。外務省は委員会とのやりとりを公表していない。(中国新聞より抜粋)

プロフィール

rekisizuki777

Author:rekisizuki777
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新コメント